羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もしもピアノが弾けたなら。
ね~こ~の毛皮着る~~貴婦人のつくるスープ~~♪
い~ぬ~の毛皮着る~~貴婦人のつくるスープ~~♪
『さよなら絶望先生』より。「トロイメライ」の曲に合わせてどうぞ。続きはアニメのDVD見るか単行本見てください…素敵すぎて笑えますから。
ちなみに両方で歌詞はちょっと違います。


今日はJ●SRACに抵触しまくりだなー。と、思う女のサイトへようこそ。
いえ、レッスン内容ではなく、このタイトルと冒頭が。


冒頭の「トロイメライ」、先生に紹介したら受けました(笑)。今度「トロイメライ」演奏する時、是非思い出してください!!
まあそんな漫談はさておき、今日もレッスンです。相方さんが遅れて来るとのことで、私一人の超絶不安なレッスンスタートォウ(ヤケ)!
現在教則本では、「ホール・ニューワールド」をやっているのですが、それの難しいバージョンが来ました。
つまり教則本は、簡単にしてあるということも露呈したのですが、まあまあ。
ぱっと見には気づかなかったのですが、↑と、ビミョーにリズムが違う。
焦るのでちょっとしたところでつまずくellis。あ、またとちった。ああまた間違えた。どんどん音がへろへろになっていって、ああああ一小節見送った……。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥orz
はい、めげずにワンモアセッ(ビ●ーズ・ブー●キャンプ)!
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥超凹みました。
まだまだめげずにワンモアセッ!!
先生に主旋律も弾いてもらって、3~4回やって、やっと全体が見えてくる私です。初見でやってる自分を褒めてあげます…もう、それしか褒めるとこないから……(涙)。


バッハの「小フーガ」に入ろうかという辺りで、相方さんカモン。
と、「すいません~、フルート忘れました~」。
残り時間15分なので、もう借りるのもやめたそうです(苦笑)。
うん、私も以前テキスト丸ごと忘れていった。そしてそのまま先生に教師用をお借りしました。
「ホール・ニューワールド」の雰囲気をつかんでもらおうと、「じゃあellisさんのソロで聞いてもらいましょうか♪」ときたもんだ。





ここは千尋の谷ですか……?





そう思っていたら、相方さんが「私伴奏するから、先生も吹いてください」と、素敵提案を。
助けの手、ありがとう(涙目)。
伴奏譜見て、すらっと弾ける(しかもほとんどコードしか書いてない)なんて格好いい!!
先生は先生で、「うわぁ~、私この場所(生徒用椅子)に座るの新鮮~!」と、ご機嫌です。
♪もしも~ピアノが~弾け~た~なら~♪
つくづく思う一瞬。そのままノリノリで、バッハも相方さんに弾いてもらいます。
私は何となくノリきれないのを自覚しつつ、ノリノリに挟まれていました。
うーむ、凹んでいる時に劣等感と勝負するのも、これまた辛い。
いやいや、私はとりあえず「できなくて当然」だから、出来る範囲で行きましょう!


レッスンが終わって相方さんに「すごいな~、あんなさらっと弾けて~」と言ったら、
「小さい時からやってたから…かなあ?」というお返事。
ということはあれだ、私が熨斗を書くのに困らないみたいなもんです(小1からの書道歴16年)。
どっちかというと、ごっつい筆で「さあどんと書いておくんなせい!」という方が好きですが、実用度から。
そうね……般若心経もほいっと書けるしねー。
人それぞれってことかー。
はい、放っておいたら米粒な字でどれだけでも何かしら書いている私ですので。これはもう特技の域かも(苦笑)。



  ☆先生と文学の話をしながら「梶井は『檸檬』が一番分からない」という辺りで見解の一致を見ました。これでも国文学科にいた私に憐れみのワンクリックをお願いします(笑)。☆
   好きなのは、漱石と谷崎だったんです……偏っててすみません……。さ、フルートはまた練習しようっと。
  
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。