羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第450回「服を作ったことはありますか?」
今知ったのですが、今日はミシンの日らしいです。
それでこのお題ですか。


「ミシン破壊の女王」という、大変不名誉な異名があったellisですが、一応服を作ったことはありますよ。




高校の創作ダンスの衣装を……。




「本人が作ること」、「スカート丈は膝上10センチ以上15センチ以下」、「化粧禁止」等の決まりがあった、高3の創作ダンス。お披露目は何と、体育祭です。
なもんで、男子が受験勉強に明け暮れた夏休みも、私たちは衣装作りやら練習やらに追われました。
(ついでに私は、文化祭ぎりぎりまで読書感想文の提出にも追われていた。もうこの頃からギリギリ人生……。あ、中3の読書感想文は図書委員の先生に拉致られて図書室にカンヅメ、提出日の明け方に自宅で仕上げてました。どんだけ成長しないのか、私)
実家にはミシンがなかったので、友達の家に行って一緒に作ることにしました。ミシンワークの得意な友達と一緒なら安心です。
でも、他人様のミシンを破壊しないか、激しく心配です。
事前にきっちり説明をして、ミシンを壊さないで済むように手伝ってもらいました……サイテーな話だ。


編み物でいいのなら、何度か作ってますよ。セーターを編むのは結構好きです。はいはい、男物も編みました! 一応白状しておきますよ。
どっちかといえば、手袋とか靴下等の小物類の方が好きですが。
結局創作ダンスの衣装はどうなったかといいますと、膝上10センチで作ったはずなのに、13センチに仕上がったという黒ネタの神のご意志を感じる仕上がりになりました。
ついでにこの頃は「真面目さん」なイメージが強かったらしく、体育祭当日、同じクラスの男子生徒に指さされて驚かれましたよ。ついでに笑われた(涙)。ノリノリに踊ってて悪うござんしたね(笑)。


洋裁は京都のママンに習おうかと、何度か考えています。
が、京都のママンのミシンはプロ仕様です。破壊したらどうなるのかと思うと、恐ろしくて言い出せません。
でもなー、洋裁できるようになれたらいいなー。とは思っているのです。思うばっかりやな。



  ☆中学時代、家庭科教師に「ellisさんは、次から自前でミシン針持ってきなさい!」と叱られたほど破壊し尽くしたellisに、「これ以上人生は壊すなよ」と、慈愛の気持ちでワンクリックくださいませ。☆
   こんな私ですが、和裁は何故か得意です。だって破壊するとこないもんね(苦笑)。
  
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。