羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10年目の真実。
久しぶりに長電話してしまいました。
といって、自分の生活時間に何ら変わりがないという事実はどうなんでしょう。
電話を終えたら午前5時だったんですが……。


一応恩師にあたる人物が、経歴詐称をしていたことを知った女のサイトへようこそ。
もう公の場で、大学の話はするまい。友人関係以外は……。


ケータイを買う時は、割と「個別着信音」が設定できるかどうかを気にします。
メール頻度の高い姫の場合だと、置鮎さんのお気に入りボイスだとか、ママンからの着信だと「クインテット・テーマ」が流れるとかいうように、半分寝てても死んでても分かりやすいのがありがたいのです。
そんな私にかかってきた着信は、「フィガロの結婚」より「愛の歓びよ早く来い」です。ああ、姫から電話だわ。
ちなみに彼女からの設定は、気分によって「トスカ」より「歌に生き、恋に生き」リンク先、音が鳴るので注意してください!)だったりもします。何となく、彼女にはオペラが似つかわしい。前者は曲の雰囲気が彼女によく合っている気がする為、後者は『動物のお医者さん』ネタの為です(笑)。どうしても悲劇というよりは、トスカがスカルピアを絞め殺した場面が離れなくて…(本当は刺殺です)。あと、スカルピアの空気椅子だとか、衛兵までサンタンジェロ城から次々飛び降りたとか。
大抵「あ、ごめん寝てた?」と聞かれてしまうellis。どんな生活をしているか、姫には隠せません。
ついでに女同士の電話なんて、用事がなくてもかけ、だらだら長くなるもの……ですよね? 世の女性方? 久々に、6時間弱喋っておりました。
何をそんなに喋ることがあるのかとお思いでしょうが、意外にいろいろあるものです。
最近の話から、学生時代の話から、何だかいろいろと喋っておりました。


その中で一番驚いたことが、ゼミの教授の肩書きが、私たちが聞いていたものと現在公表されているものとは全く違うことです。




計られた!!




シャア……計ったな、シャア! とも、一応叫んでおきます。ガルマ様けっこう好きなんで(笑)。
私、これまでどれだけの人に「ゼミの先生は※%専攻の人で…」と、話したことか。
精神科の主治医にも言っちゃったよ…。来週訂正しなくちゃ。ああ、これでまた彼の中で国文学会の地位が下がる!
彼はきっと言うでしょう、「そんな嘘つきが、文学をやってるんか!」と。更に「嘘つきは西洋の哲学者と土屋賢二先生で十分だ」とも。
まさか土屋先生のエッセイを読んでいるとは思っていませんでしたが、「あんなん滅茶苦茶やんか」と一刀両断。……読んだんですね……それも結構。
まあ、ゼミの教授なんてもともと恩師でも何でもないくらい、縁の薄い人なのでいいんですが……。
何か腑に落ちない。


失われたキャンパスライフを取り戻すために、大学に入り直そうかという話まで出ましたよ(苦笑)。
私はほとんどバイトばっかりしていたので、大学の思い出というものが薄いのですが、姫が全部補完してくれました。ありがとう。
私たちのキャンパスライフ、女の戦いばっかだったね(涙)。文学を学びに行っていたはずが、女という生き物を学びに行ってたね。
女子大に夢を抱く男性諸氏よ、実態なんてこんなもんです。私と姫が特殊だという意見を、ellisは却下します(更に姫が封印します)。
思い出話で6時間弱……。三十路女だと、身をもって証してしまいました(とほほ)。見た目は騙せても、中身までは無理か……っち。



  ☆「どんな大学に行ってたんだ?」と思われるでしょうが、意外なことによく「お嬢様学校」と呼ばれていました。「適度に金がかかって、適度にバカだったからだろ」と、事実を指摘しながらワンクリックくださいませ。☆
   まったくもってその通りでございます。通っている本人達には、「お嬢様学校? どこが?」という自覚はありましたよ、一応……。
  
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
美しき思ひ出に。
>同志姫。


>でも貴女様に言わずにいられなかった私の驚きといったら!
分かりましてよ、私だって姫のお立場でしたら、言わずにはいられませんでしたわ。
恥の多い学校ですこと……。
私たちの専攻自身には、何ら恥じることはないんですけどね。
あの学費で、あの授業の薄さかと思うと……やりきれませんわ。
いえ、教授方の「人間観察代」と思えば、それはそれでやりきれますかしら?
2008/03/21(金) 03:24:48 | URL | ellis #lkhMWM3g[ 編集]
しぃーっ(言っちゃあイケマセン!)
>一応恩師にあたる人物が、経歴詐称をしていたことを知った女のサイトへようこそ。
余計なことを教えてごめんあそばせよ
でも貴女様に言わずにいられなかった私の驚きといったら!

>もう公の場で、大学の話はするまい。友人関係以外は……。
特に専攻の授業についてはもう・・・


2008/03/20(木) 19:46:50 | URL | 姫様 #-[ 編集]
けんかをやめてぇ~~♪
>ifg妹さま。

>「わたしばかりがなぜモテるの~?」
>という歌だとあり愕然としたものです。
そんなぁ~~、あれは涙なしには聴けませんよ~~。
(『動物のお医者さん』を思い出すと、愛がなくなってしまうのですが…)
私の「メルへん♪」が崩れていきます…よよよ。
(東子さんネタ、勿論分かります。例えられたことまでありますよ・笑)

>(古い歌ばかりですがellisさんご存知?)
知ってますよ~。竹●まりやさんの歌は、初めて聴いた時「なんちゅう歌やねん!」と、思った記憶があります。
思ってても、そういうことは言っちゃいけませんよねえ。
女の好感度が下がりますよっっ。

洋楽は、大抵空耳アワーで歌っています(笑)。
そしてカラオケに行って、「これ、こんな歌詞やったん!?」と、驚きます。
「あ~、上のルビ、邪魔やねん!」と言いながら、空耳アワーのまま歌う私…。

本文中、歌のタイトル間違っていましたね、私(滝汗)。
訂正しました~、お恥ずかしい~~!
2008/03/18(火) 22:15:54 | URL | ellis #lkhMWM3g[ 編集]
歌に生き、恋に生き
…この歌、好きです。
信仰と芸術に身を捧げ恵まれない人に常に手を差し伸べて生きてきました、なのに神はなぜ私にこんな苦難を課すのでしょう。。。
うう、涙なしには聴けない。
と思っていたらとあるオペラ鑑賞入門に
「わたしばかりがなぜモテるの~?」
という歌だとあり愕然としたものです。
そうか~I野真子の「春ららら」で斉藤Y貴の「かなしいことり」でT内まりやの「けんかをやめて」だったのか~!
(古い歌ばかりですがellisさんご存知?)
と。へこまされたけど、今も時々ソラミミ歌詞でハナウタ歌ってます。
2008/03/18(火) 07:27:32 | URL | ifg妹 #xnz7s2KM[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。