羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
低いのはそれだけか?
現在フルートレッスンで大絶賛出演中の、トリル(ぴゃらららら~~~♪って、あれですね)が、上手くできません。私に16分音符以上のトリルやアッパー・モルデントを求めないでください…。


この前、本気でパパンが教師でなくてよかったと思った女のサイトへようこそ。
「何で同じこと何回も言わすねん」
そんな言葉が透けて見えまくってましたわ、パパン。シースルーには、少し季節が早いと思われましてよ。


仕事中にテンションが落ちたとき、時間帯が許せばフルートを吹きます。
むー、楽器をいいのに変えたら腕も上がるって本当かなー?
先日片付けをしていたら、CD伴奏つきの楽譜が出てきました。
あー、初めの頃に身の程を知らないで買ったやつだ。今でも吹けそうなのは、半分以下……orz
どう見ても、中級以上の楽譜たち……。いきなり「子犬のワルツ」からだもんな。何の意地悪?


まあいいやと、私に吹けそうな「モルダウ」(超はしょってある)をセレクト。CDを入れて、すいっちONー♪




………………音がビミョーに合いません。




この場合、CDが悪いはずないので、トチ狂った音は私ですね、はい。
アパチュアとアンブシュア確認ーーー…………~~、……~~ぶは。
あれ、頭部管の確認はよし。アンブシュアもアパチュアも、これ以上どうしようもない。
……じゃ、楽器の向きか。普段より大分外向きにして、自分も立って演奏です。多少の間違い? 知るかそんなもん! 私は今、まっとうな音を出すという基本以前のことをやってんだよ!!


こんな調子で、「モルダウ」が散々になったので、「グリーン・スリーブス」にトライです。
これならどうにか……と、思っていたら。




断りもなく転調したし。




何かすっごく悔しいので、二曲をリトライした後、吹けそうなものは片っ端から吹いてやりました。
普段、いかに自分の音が間違っているかを痛感して、切ない時間になってしまいました。
どう頑張っても、E5(中音のミ)がおかしかったんだけど…。楽器屋でまた見てもらおうかなー。
ちきしょう、かえってテンション下がったぜ………(泣)。何してんだか。



  ☆「そのアホさや、よし!」と思って下さる方、耳栓をしてワンクリックお願いします。☆
   世の中には、聞かない方がいい音もある……(泣)。
  
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。