羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
星に願いが?
20080424212622

やったー! この出席カードを見てください。とうとうまる三年経ちましたー!
腕前はー……未来にかけよう(汗)。


正しいアンブシュアを頑張ったら、力が入りすぎてフルートをひっくり返す女のサイトへようこそ。
熱意だけ……褒めて下さい(泣)。音が鳴らねえったら。


さて、今月最後のレッスンは、「忠実な羊飼い」第二番の第一楽章と第二楽章からです。
第一楽章ののんびりさに比べると、第二楽章からはせわしないです。なのでトリルも、アッパーモルデントでいい……というか、それ以上できないのが現実(涙)。
何かやりにくいなー、と思っていたのですが、家に帰って改めて楽譜を見たら8分の3拍子でした。何かやりにくいと思ったら!!


まあまあ、それを終えると、今日はオニューの楽譜が来ました。「コッペリア」のワルツです。割にメジャーなバレエ音楽なので、聞いたことのある方も多いかも。夢はこれを言ってたの? 書道の師匠、脳内で勝手に殺してたよ私! 何て罰当たりな。
ワルツなので、当然4分の3拍子です。……でも、ワルツのリズムなんて感じる余裕はありませんでした。それどころか、今自分がどこにいるかさえ……orz
音はがっこんがっこん上がって下がるし、こんなん初見できるかー!
次回以降に、請うご期待……しないでくださいね(泣)。


その次は、「さくら(独唱)」です。
1stパートを流して、2ndパートを流して。リズムとして注意するところを何箇所か指摘して頂いて、おさらい。
それから、「じゃあ合わせましょうか。パートは吹きたいところ、吹いてー♪」と、先生。
いや、くっきりきっぱり分けてもらう……には、まだ知り合って日が浅過ぎる女子高生ちゃんです。
何となく、女子高生ちゃんは1stいきそうだったんで、私は2ndを勝手に選択。
……どうにかハモりました。
最初の方、恐る恐る吹いてたら、「ちょっと恐る恐るなアンサンブルでしたねー(笑)」と、先生。バレバレやん……。
これまでの相方さんとならうまく合っていた呼吸が、やっぱりお互いつかめなくて、お互いがお互いを探り合うみたいなデュオ(苦笑)。
下手でごめんなさ~い!!


さ、次はGW明けです。
私はこれから、栄養ドリンクとコーヒーを相棒にします。
美味しいお菓子は、写真の中にあるので……。



  「よくもまあ、根を上げずに食らいつくもんだ…下手のくせに」と思う貴方、変にしぶといellisにワンクリックくださいませ。☆
   ほんまにどうにかなるもんです。下手でもね。それが大人のレッスンの、いいところ♪
  
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。