羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今なら部屋の隅で。
「鬱」って100回書ける。
そんな気になった、今日のレッスンでした。


女子高生ちゃんに申し訳ない気持ちでいっぱいな女のサイトヘようこそ。
半音記号、間違えまくってごめんね……。


さて、「忠実な羊飼い」第二番第二楽章もいい加減慣れなくては。
不思議なもので、何だかそれっぽく指が動きます。
そうはいかないのが、「コッペリアのワルツ」です。
私が苦手に思う、♭三つ(泣)! 演奏する分には♭の方が楽ですが、楽譜を見て頭で理解して指に伝えるには#の方が得意な私です。
ああ、勝手にファ#にしてごめん、ラで♭にしないでソで#にしてごめん(同じ音ではあるのですが…)、八分音符スタッカート入り乱れのところを何が何だか分からん音を吹いてごめん~~~~~!!
演奏が終わったら、久々に教室の隅に座り込んで「鬱」って書いて泣きたくなりました。
だから練習しろと……。


今日は新曲、エルガーの「愛の挨拶」です。
久しぶりにアンサンブルの教本を開いたら、「太陽がいっぱい」が、11/4で時を止めておりました。しかも




「全パート、8va↑」




という、謎のダイイングメッセージ書き込みを残して……。
確か、主旋律が全パートを行ったり来たりするのと、音が低いので一オクターブ上げよう……ということになったような、ならなかったような。
半年前のことに業を煮やした先生、次の曲へ行くことに。
「せんせー、その曲載ってません」
教師用テキストと版が違うため、私のテキストはメモ欄に……(泣)。何があったんだ、初版と第二版との間に。
その後、暗い曲や季節外れの曲が続き、たどり着いたのが「愛の挨拶」です。


ところが、これも主旋律があっち行きこっち行き……。先生、
「ちゃんとした楽譜持ってくるわね。そっちやりましょう」
と。また教本から遠ざかった……(笑)。


来年の今頃は、一人ぼっちになってるかもしれないなあ、なんて話をしながら今日はおしまいです。
ま、私身につくのが遅いので、初級コースに混ぜてもらってやり直しもアリです(本気)。
この辺、プライドがあるんだかないんだか……。


来月頭までに練習しておこう……。嗚呼、漢方その他効いてください。なーむー。



  ☆「続けた者勝ち」と知った女に、「練習を続けた者勝ちだろ」と、楽典の角でどつきながらワンクリックお願いします。☆
   眠……(あれから更に賑やかになった)。
  
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。