羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
目覚めたらYO・NA・KA☆
……はい、昨日は寝てました。昼からね。
正確には倒れてました。主治医よ、一週間分の濃縮睡眠を取らせるのはやめないか。
どう考えても、メイラックスの反跳(急に薬をぶった切ることで、眠れなくなったりイライラしたりすること)だろが。返せよ。


祇園祭がジオン祭だったら(その6) 「認めたくないものだな……。自分自身の……祭好きの血というものを……」
↑ビミョーに不発だったと思います。反省。


何とレポートを書いて主治医を丸め込もうかと思案する女のサイトへようこそ。
ロクなこと考えてねぇな……。


アモキサンも「様」をつけた方がいいのかな。効き始めてます。
しかし躁状態になった時に処方される、セレネース様の「上段かかと落としィィィイイ!!!」という感じのダウナーな効き方には敵いません。
時々、「原稿書けるんなら、軽く躁状態でいいんじゃない?」と言われることが(注:医療関係者ではない)ありますが、後から読み返して首括りたいと思うので不可です。
セレネース様の弱点は、かなりふらついて立てなくなることくらいなのですよ、わはははは(笑い事…か? 違うな)。
それにアモキサンもかーなーりふらついて、正直あちこちにぶつけまくったり花瓶ひっくり返して床を水浸しにしまくってますよ。最近知らない間に打ち身が増えてねえ…切ないったらありゃしないよ。
漢方も効いてるしね。夜はともかく、朝に飲んだ後は惨事が待ってるさ(睡眠不足も大いに関係する)。


もう一声。もう一声欲しい。何がって、気力です。
本当は今くらいで様子を見た方がいいのかなー、という思いも拭えませんが、メイラックス返してもらうんなら、もうちょっと上げておいた方がいいような気がする。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥という相談は、きちんと主治医としましょうねellis。
うちの主治医、大抵「偉い人」と認識されてる人なんですが…。
こっちが希望する処方(勿論、それなりの理由をつけないといけない)をレポートに書いていくと、「お、処方書いてきたな。よっしゃよっしゃ♪」と、「あー、楽できたわー」の声が聞こえてくるような言葉をお吐きになりますからな。患者の処方なんか信じるなよ。つーか、ツッコめっての。


原稿書きたいな~~~~~~。
と、レポート用紙に呪詛のように書いたらどうだろう。
↑どうもこうも、あからさまにおかしいだろう。
まあ、そんな思いがにじみ出るようなレポートをこれからでっち上げようと(オイ)思っています。
目指せ、ツートンカラーのアモキサン(25mg)!



  ☆ヴィターリのシャコンヌト短調を聞いて、低音主題の48回の変奏を数えかけて途中で止めました。「インドの歌」も、途中で似たよーーーーな旋律が楽譜を埋め尽くすのですが、ヴィターリにはかないません。とりあえず「楽譜が見られるようになってよかったな」と、声に出さない「フルート練習しろよ♪」の圧力と共にワンクリックお願いします。☆
   寝不足だと、フルートが重い~~。っつか、基本姿勢が取れないよ! ネットサーフも集中できないよ!! やっぱメイラックス返せ!!!
  
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。