羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コールミー。
月に一度の、布団の中で「あんぎゃー!」と、雄叫びを上げる日を迎えております。
ぬっくぬくのお風呂にもつかってみましたが、上がった瞬間から悶絶。
もう、骨自体を温めるような方法はないものでしょうか…燃やす程の脂肪はないので…。


お茶犬との世界旅行を終えた女のサイトへようこそ。
ちなみに当方、海外旅行どころか飛行機未体験です。


とーろとろと進めていた世界旅行も、ようやく『かんたんバージョン』が終わりました。
はい、ゲームに全然馴染んでませんので、『ふつうモード』を選択できません。とほほ。
それでもまあ、一回終わってみると、私だけのお茶犬が作れるようになっていました。
ゲーム中もそうですが、ellisはほとんどお茶猫で動いています。なので作るのもお茶猫。
体や耳、首輪の色とかアクセサリーを決めたら、種類を決めて名前をつけてあげます。


…………。
一応悩みはしたのですが、耳飾りが四葉のクローバーで、なんかハーブティーっぽい色をしていたので(犬とかぶると知りつつも)ハーブ茶猫「よつば」。もう一匹は耳飾りが雪の結晶なのと全体的にグレートーンなので白茶猫の「ゆき」。
……自称物書き見習いellis、自分のネーミングセンスを激しく疑った一夜でした。
いや、変に凝りすぎるよりはいいかなー…と。「亜梨須」とか(笑)。
だって、お茶犬の世界って、そーいうネーミングじゃないですか(言い訳)!! 「リョク」とか「サクラ」な名前がいっぱいな中で、いきなり「エリザベス」とかは無理ですよ…。
お茶犬の世界観に従うならば、お茶の名前から名付けるべきなんでしょうが、そこは勘弁してください。
どこに向かって謝ってんだろなー、あたし……。いつかおされな名前をつけてあげたい。そんな別方向の野望を抱くellisでしたよ。
ちなみにお茶猫は、そば茶猫の「ソー」がお気に入りです。


さ、やっとこ生理痛も収まって来たし、改めて寝ます。はい、実は眠り損ねていたのですよははは(涙)。



  ☆「かんたんモード」が終わったなら、次は「ふつう」へ行くべきなのでしょう。ふんぎりのつかないellisに「ソフト代のモト取らんかーい」と、あこぎな科白を浴びせてワンクリックくださいませ。☆
   いや、その科白が一番ぐっときますわー(関西人め)。関西人というか、もうシャイロックだな。心臓の肉を一ポンドだよー?
  
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。