羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
200412<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200501
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いーこ、いーこ。
いち、にー、さん、よん。がー!
ご無沙汰致しております、ellisです。
よつばに9月の残り日数を数えられ、「がー!」と、口からミサイル出されてしまいましたよ。
どうでもよくないですが、本日通院です。


景気よく発熱する女のサイトへようこそ。
月の恩寵前は、発熱する人が多いって聞きますが……。普段35℃あるかなしかの私には、37℃越えは残酷です。


先日姫に思いがけずもらった白雪スクワラン・うるおいタオルというものが、お風呂タイムに大活躍しています。目の下に長い事クマを飼って、あの美容液もこの美容液も効かなかった私ですが、一通り洗い物(洗い物言うな)を済ませて湯船につかる時、これを蒸しタオルにしてマッサージ、マッサージ。
ふにゃ~、気持ちいい~~~~。このままクマもいなくなれ~。
……こんな勢いです。メイクのノリがいいので、何より助かります。


さて、通院。本日はダブル受診です。精神科の前に採血があったので検査室に行くと、こっちが名前を覚えたベテランの看護師さんは、私の名前と存在を覚えていてくださいました……orz
もちろん、「あー、当たったら嫌やなー」という子としてですよ?
熱のせいか、割とスムーズに採血が終わり(しかし私の血は、なぜあんなに勢い悪く採血管に収まるのか…)、精神科です。お、今日は何だか主治医の機嫌がよさそうだ。
「はいー、調子どうー? もう原稿バリバリやんなー(全開の笑顔)?」




気持ち悪いぐらい機嫌いいよ?




「人ごみに出るの怖いですけど、一人はもっと怖い状況です」
「なんやて!? ほな家に帰るか!?」
「家は居心地悪いです」
「ほな入院か!」
「ここ、(精神科の)入院設備ないやないですか」
「ここやなくてー、どっか別の病院のやな。どう?」
どう? じゃねえよ。
「入院なんて、まっぴらごめんですー」
「あー、ほなもう原稿書くしかないねー」
「集中力ないねん」
「5分集中できたらええやん、5分!」
「それできたら、自分褒めたってもええ?」
あとで気づいたのですが、これは極めて心療内科的というか、心理学系のカウンセリング的な言葉でした。小さい成功体験を積み重ねて、自信を取り戻すというやつね。精神医学系の人には首を傾げられても仕方ない……のかな?
「えー? 何で自分なんか褒めたらなあかんねん?
「甘ったれやから、誰かに『ようやったねー』て言うてほしい(幼少時より言われた事があまりないのです)。そんで誰も言うてくれへんのやったら、自分で言うしかあれへんやん」
「そんな(はっ、と、鼻先で笑う)、私には分からへんね」
「そらー、せんせーは自分に厳しい人やからさ」
「そんなことない! こんな自分に甘い人間はいませんよ? 仕事せなあかん思てるのに、寝てしまう」
「……今、お仕事してはるやん」
こんなんとちゃう!(あんた……)休みの日や!」
「お休みの日は、休んで当たり前でしょー?」
「私の仕事が待っとる!」
「……それって読書のことやろ?」
「そうや、ここでやってることなんか、仕事に入るかいな」
今、医学会を揺るがす発言したね、このおっさんは。
「もうある程度年やねんから、しゃーないやろー?」
「いいや、そんなことはない! まだまだいけるはずや!」
「せんせーずるい! 普段は『私はもう年ですからー』って言うてばっかりのくせに!」
「うむ(重々しく)、そこが私の、自分に甘いところやね」
「何言うてんねん、それは甘いんやなくてずるいんやろ?」
「いやー、甘い。貴女はええやないですか、志を立てたんやから」
「頑張りたいけど、『どーせまた失敗するんちゃうのー?』とか思ってしまうわけ」
「ええやん別に、はっ(またも鼻で笑われる)。今更失敗したって
おい、ちょっと待て。今のは謝れ。確かに今更だが、今の発言は私向きではなかったぞ。


終始こんな感じで診察が進められ、研修医のお姉さんが一生懸命笑いをこらえていました。
こんな厄介な患者と医師も存在します。くれぐれもご参考になさらないでね!? 可愛いお姉さんだったんだから、ぜひとも癒し系になってね?
神経内科での会話は、次へ行きます。今回はどっちも漫才してますから……。


 
  ☆「何だかんだ言って元気じゃねーか」と思ってくださる貴方、はい、ギリギリのところで頑張っておりますので清いワンクリックをくださると嬉しいです。☆
   どうあっても、楽しい三十路を過ごすつもりのellisです。
  
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
楽しい三十路同好会。
>同志姫。

お互い美を磨きつつ、良い意味での年齢不詳になりましょうね♪
そして羽ばたきましょうぞ☆
(こんな二人が羽ばたいたら、社会的に迷惑な気もしますが、気にしない!)
あれはね…同い年なだけに、切なくなりましてよ。
(とてもここには書けないことでしたわ)
2008/09/18(木) 00:43:25 | URL | ellis #lkhMWM3g[ 編集]
年齢不詳な女でありながら
三十路を楽しんでいきましょう♪
もちろんスマートに(・_-)~☆
そうでなきゃ勘違いした調子の乗りかたは顰蹙ですものね(哀しくも反面教師を拝見しちゃいましたしね)
2008/09/18(木) 00:12:53 | URL | 姫様 #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。