羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
201703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201705
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
それでもアモーレ~♪
ぜんぜんだめだ!
「こんなのだめだ! まずはネクタイだ!」
「……めいしは?」
こんな会話をしていそうな、今日のよつばさんたち。びっくり顔のよつばにぽちっと透明シールを貼ったら、泣いてるように見えて面白いです(見えにくいけど)。
まあまあ、叱られるうちが華だぞー(泣笑)?


寝ぼけて賞味期限の過ぎた納豆を食べかけた女のサイトへようこそ。
いやー、1週間ほど飛んでましたわ。二、三日なら気にしないけど、さすがに…。


さてさて、今日はフルートレッスンです。
ここ数年のうちで珍しく続いている趣味だ、そしてビミョーにお仕事が絡んでいる趣味だ(笑)。レッスンの日は、大抵そちらに全てをつぎ込む事にしています。
……と、言えば聞こえはいいが、どー見たって体のいい逃避ですよellis。
いいから! 無問題で練習だ、それ歌えー!
↑こんなことを思ったからか、家でありったけの曲を熱唱。結果、当たり前ですがレッスンで思ったような声が出ませんでした……orz
どんだけアホやねん、自分。この辺から直していかないといけないんだよなー、あたし。直すというか、軌道修正するというか。
よく「練習で120%くらいにしておかないと、本番では100%の力なんて発揮できないぞ!」なーんて中学教師に叩き込まれたんですが、今から思うとほどほどが一番だよな。うん。
だいたい、120%なんてどんな状態だよ。頑張りきったその向こうか? 向こうが見えたなら、既にそっちが100%じゃないか。


こないだ、精神科の主治医に「肩の力を抜くにはどないしたらええですか?」と、聞いてみました。
答えはシンプルに「思いっきり肩に力入れて、緩めなさい」でした。そらその通り。
「また力入ってしもたら?」「また同じことやったらええやん」返す言葉もございませんよ。
勝手に肩に力を入れてるのが、私のとっても悪い癖。勝手に張り切ったり、空回りしたりね。音楽以外でも邪魔でしゃーないったら。
ま、それもellisのうちだから、時々役に立ててます。「原稿〆切前の数時間」とか。「だぁりゃあああああああ!」と見せるあの根性は、ゆるゆるでは出ませんものな。


女子高生ちゃんには悪いと思いますが、ここしばらくのellisはラテン系目指してまっしぐらですよ。アモーレ~~~♪
ラテン系というよりは、責任のない大人まっしぐらか? いや、単なるバカか……ふっ(涙)。
そういえば、パパンが「遊ぶときは目一杯集中して遊ぶ! 仕事する時は目一杯集中して仕事する!」って、よく言ってたっけな。仲がこじれてた時に聞かされたので、後半しか聞いてませんでしたが、今思うと含みのあるというか、的を射ているというか。


そんじゃま、横隔膜が痛くなる程レッスンを堪能してしまったわけだし(どっちかというと、それはレッスン前に歌いまくったからです)、肩の力を緩めながら原稿に向かいましょう。



  ☆思いがけない方からお手紙を頂いて、雨模様だというのにほくほくしているellis。「はいはい、その浮ついた足を地につけなさい」と、諭しのワンクリックをくださると幸いです。☆
   今日泣いても、数時間後には笑う気でいます。ははは、生きた起き上がりこぼしですからな、あたしゃ。だから明日にはまた沈むかもですが、まあそれはそれで(苦笑)。
  
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。