羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
201703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201705
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もうすぐ上級者。
なんだそうです。
何がって、いまやってるフルートのレッスンを終えると、今度は上級者コースになるんだとか。
サルサのリズムで中級をシメるだなんて、格好いいにも程がありますよヤ●ハさん。


ところが、今は10年に1度というテキストの改編時期らしく、改編が終わるまで上級者コース入りはお預けです。
かなりほっとしています。だって、いまの教本って、にせヴィヴァルディの『忠実な羊飼い』をやったのと、『きらきら星』でトリル練習したくらいですから。
トリル、モルデント、アッパーモルデントあたりの装飾音がメインとは聞いていましたが、あまりにかっ飛びすっ飛んでて…。ええ、私の記憶も…。
ってか、装飾音って、普段普通に出て来るし。


授業料も合わせて上がるそうですが、上級までいったらもう上がらないのかな…。
それともまだ何かあるのかな…。先生が今年のクラスコンサートで吹いた、あのとんでもないフォーレの『コンクール用小品』は、古株の皆さんも結構びっくりしてたから……上級とかそんなのを飛び越えたどっかでやるのかしら。
それともそれとも、これが「ビギナーコースの上級者コース」とか?
料金体系を考えないまま入会した、4年前の春でした……。来年はまた、パートナーが変わるかも(涙)。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。