羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
201703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201705
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まだ履き初めし靴底の。
……なんちゅうタイトルですか、自分。藤村先生に土下座して謝れ。
いえいえ、久々にお出かけしたので、いい靴を履いたんですよ。


周りはすっかり紅葉だったなあと思った女のサイトへようこそ。
相変わらず、木を見て森を見ずどころか地面を見て木を見ていないellisです。視野狭っっ。


さて、今日はフルートの先生のコンサートです。
というわけで、ほぼ15年ぶりくらいにエナメルのおよそ行きパンプスを出しました。
物持ちがいいというか、単にエナメル製であるが故に用途を限定された靴の為、サイズは当時のまま24センチですよ(現在23.5~23。痩せるときは足まで痩せるの…)。
これにおよそ行きワンピを合わせ、およそ行きコートを着て電車に乗りました。
おたべの国は、今がかき入れ時。猫も杓子も観光客かと思わせる電車内で、私一人が土ぼこりを否とする格好。彼女付きのお兄さんが、すれ違い様に「パーティーでも行くみたいやー(笑)」と、つぶやいてました。
……うん、まあ




似たようなもんだ。だから放っとけ。




会場に着くと座席指定がない為、見事に後ろから埋まっていました。これって日本人らしさかな。
電車も端から埋まるもんね。国文科のジジィが、確か「日本人の特性」と言ってましたよ。
しかし皆、……カジュアルね。私ってば気張り過ぎた? いいえ、だってコンサートよ!? 場所は音楽ホールよ? 気張るわよ! これでもまだ足りないくらいよ。


コンサートホールは小振りですが音がよく響く、素敵なところでした。だから、「携帯をマナーモードにしないで、電源を切ってくださーい! 響きますからー!」と、お姉さんが巡回して来ましたよ。
周囲のおばさま方がちょっとぶーぶー言ってましたが(笑)、静かになったら紙が擦れる音まで響くし、演奏中も振動が大きい音は指先や手のひらにびりっと来るほどです。そりゃー、マナーモード不可だろ…。
コンサートは二部構成。私にはクラシックの多かった一部の方が、より楽しめました。
先生も素敵にドレスアップ。先日ちらっと書いたヴィターリのシャコンヌはすごかった……!!
ご存知の方も多いはずのシャコンヌですが、あの細かいちまちまとした音符がフルートでできるなんて……。私、聴く人でよかった(おい、お前習ってんだろ)。吹く方はたまったもんじゃなさそうでした。
当たり前なのかどうかは分かりませんが、先生は全曲をほとんど暗譜してらっしゃるんですね。だから何回か聴く曲はもう体が覚えてるって感じです。きっと楽譜見ると、却って困るんだろうなー。ellisがタイピングする時に手元を見られないみたいに(同列にするない)。
思いがけず私の心を一番射抜いたのは、「歌劇『カヴァレリア・ルスティカーナ』より間奏曲」でした。もともと好きな曲だったんですが、フルートで聴くと味わい深いです……。
歌劇自体は結構生臭い内容らしいのですが(苦笑)、機会があったら聴いてみてください。素敵な曲ですよ♪
後半ラスト近くにあったタンゴエチュードは、パパンが聴きたがるだろうと思いました。
パパンはラテン音楽とダンスミュージックをこよなく愛する演歌人。車の中でタンゴナンバーは、よく聞かされます。
ああ、書き出すとキリがないなあ。


帰りはよく見ると、それなりに盛装した人もいてほっとしました。
こんなに楽しかったコンサートだったのですが……だったのですが、どうやら座った場所がビミョーだったようです。
左隣のオバハンが、1)靴を脱いで足を上げて座っている。2)演奏中にナイロン製の上着をがさごそさせまくる。3)飲食禁止なのに、何か飲んで食ってる。4)べらべらうるさい。でした。
どれも極刑に値すると思うのですが……いかがでしょう、音楽好きの皆様。
ライブならそれもありかなあと思いますが、音楽ホールでのコンサートですからねー。
盛装していないellisなら、蹴りのひとつもかましていたかもしれない……。それほど何度もイラッとさせられましたが、まあいろんな人がいるってことなのかなあ。嗚呼、度量の大きい人になりたいよう。


ちなみにお腹の空いたellis、帰り道でぼーっと歩いていたら蹴つまづいて、パンプスが脱げるようなこけっぷりを披露しました(笑)。
やっぱちょっとサイズ大きかったのかな。しかしそれにしても。
なんでネタで終わんねん、自分ー(泣)。




  ☆家に帰れば、練習が待っている。そんなellisに憐れみのワンクリックをくださると幸いです(泣笑)。☆
   ああ、次のレッスンでの醜態がもう目に見えるっ。
  
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
ああ…同志(がしっ)!
>ifg妹さま。

ああ…パユさまのコンサートでそれは……。
市中引き回しの上、獄門さらし首ですね。
こんな同志は喜ばしくないですよー(涙)!!

先生の演奏は、見ているとこっちも楽しくなって演奏したくなってしまうんです。
そして実際に演奏して自分の下手さに幻滅…orz
こんなことを4年繰り返している日々です(苦笑)。
ブログに書きそびれましたが、「アイルランドの娘」という曲が可愛くて、いつかできたらなあ…と思うほどお気に入りです♪
シャコンヌやカヴァレリア・ルスティカーナは遠すぎて、私には……(涙)。
また機会があれば、行って来ますね。
音楽って、本当に人の心を豊かにしてくれる不思議なものですね~。
まだ幸せの余韻が残っているellisでした♪
2008/12/01(月) 10:01:55 | URL | ellis #lkhMWM3g[ 編集]
素敵なコンサートだったようですね♪
お隣さんにがっかりさせられたのはお気の毒です。

ellis嬢様にお怪我がなかったのは何よりでした。

フルートの国の王子様エマニュエル・パユのコンサートで目撃。
最前列の男性の足元は草履でした。
しかも、着席中は堂々と脱いでるから
「あら~藺草編みなのね、おしゃれ!」
と……思うわけないです。ああ、夢から一気に現実以下。。
2008/12/01(月) 07:51:21 | URL | ifg妹 #xnz7s2KM[ 編集]
では共に。
>ご心配ありがとうの姫。

靴は見事にすっぽ抜けまして、わたくしに怪我はありませんでしたの。
自分より靴の心配をした自分を恥じる次第です。
オバハンには、共にヒールで蹴りをかましてやってくださいませ。
その後、姫のお説教があればもう鉄板ですわ。
姫のお説教……。ちょっと怖いですが、久しぶりに聞きたくてよ(笑)。
2008/11/30(日) 23:45:55 | URL | ellis #lkhMWM3g[ 編集]
よろしければ
ワタクシがそのオバハンに説教ぶちかましてさしあげましょうか?
んまぁっ!なんて非常識な!許せないわっ!

いえそれよりも
お怪我はございませんでしたか?
2008/11/30(日) 22:58:09 | URL | 姫様 #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。