羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
流されて漂って。
何ヶ月ぶり? 半年ぶりくらいな気がする、トリプル受診でした。
最初っから諦めはついていますが、それでもくたびれるものはくたびれる……しんど。


主治医に話すだけ話したら、とりあえず落ち着いた女のサイトへようこそ。
お気の毒です、主治医…。だけど、仕事だからね。ごめんね。


今日は三分割です。
まずは精神科から。
最近感じる「微妙な調子の悪さ」を、どうにか理解してもらおうとレポートを書きます。
そして理解はしてくれているようです。
……ただ、納得はしてなさそうだ。
「こんなにお薬出てるのに、まだ増やせというの貴女は」
ロヒ●ノールを2mg→3mgにしてほしいと書いたんですね。自前くるみ割り人形が復活して歯が痛いのと、目が覚めたら泣いてたりして、ほんまに訳分かりませんから。
「……たくさんになったねえ、お薬……」
あの、そんな遠い目をしないでください主治医。
「せやけど、みんな要るんでしょ?」
「要るんやなあ、これが…悲しいことに」
一番悲しいのはあたしだよ。
おもむろにロ●プノールが増やされた後、
「ところで貴女、お正月はどうすんの?」
「帰省しますよ」
「えー? 家におったら? 『おせちなんかやってられっかー! 私は原稿書くねんー! 次の芥川は私や!』言うてさー」
そんなん言ったら、現在受けている援助は今後一切なくなるでしょう。
「うーん、でも祖父が待ってますから」
「だって貴女、帰省するたんびに調子悪なって帰って来るやん?」
「うーん、うまいこといったら五分五分かもよ?」
「たまには一人で、創作の正月を迎えたらどうですか」
そんな正月は、嫌だ!!
「せんせ? 今の私って、ビョーキ何なん?」
「うーーーーん、貴女は分かりづらい! あちこちを漂ってるね! つかみづらいからクラゲやな、




エチゼンクラゲ! うん」




品種限定かーい、何でやねーん、ボンジュ~ル(怒)。
しかも何自分の答えに酔ってんねーん(ワイングラス、合わせっぱなし)。
「嫌や、エチゼンクラゲやったら食べられてしまうやん」
「えー? あんなん水ばっかりで食べられへんやろう?」
ちょっと待ったらんかーい、私ゃそんなに中身ないんかーい(内心ツッコミまくり)。
「え、食べられますよー。だってPRキャンペやってたもん」
後ろで研修医のお姉さんがうんうんと頷いてくれます。
「ほらー、後ろの先生かて、食べられる言うてるやんー!」
「嘘やー、そんなん聞いたこともないわー。大体、何にして食べるねん?」
「おばちゃんらが炊き込みご飯とかにしてはったもんー、ニュースで見たもん!」
お前ら子供のケンカですかーい。研修医のお姉さん、笑いをこらえて肩が震えてます。
「嘘やってー、幻でも見たんちゃうのんー?」
「ほんまやもんー!!」
……こんなやり取りを経て、2週間後の予約を取り付けました。
「じゃ、予約票渡すんで、前で待っててくださいねー。そしたら呼吸器科行ってくれはっていいから」
最後まで冷静だったのは、看護師さんでした…すみません、いい歳して大人げなくて。


薬を減らしたいのは山々山なんですが、いつまでしょーがないんだろう。ずっとかな。
うーーーーーん。P●Cも、そんなにたくさん飲んでないしなー(4mg×3)。
最後まで減らないのはテグレトールですね。きっとメジャー様、抗うつ薬、テグレトールの順に減るだろうけど……年単位で減らない気がする。
次は呼吸器科ですー。



  ☆主治医もellisも大人げないと思った貴方、これを精神科一般だと信じないでワンクリックお願いします。☆
   次の呼吸器科で、衝撃の一言を聞きましたよ。
  
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。