羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ellisのどーっちゃええ話。
どうでもいいことが気にかかり、どうでもよくないことをさらりと流す。それがellisです、こんばんは。
とりあえず今日は、これを書いたら寝よう! と、決めています。でないと、また朝の5時とかになっちゃう(泣)。


フルートの練習をすっかり怠っている女のサイトへようこそ。
アパチュアの練習に、カードをくわえて唇引き締めをやっています。ほっぺたに空気は入れたままの引き締めなので、難しい…。


ほんまにどーっちゃええ話なんですが(うっかり開いちゃった人はすみません)、「背中までの髪の長さ」って、振り幅大きいよなあと、お風呂で思いました。
肩を越えたら、もう「背中」。腰に行くまで「背中」です。軽く30センチは誤差があるでしょう。
ellisはちょうど肩甲骨の下辺りの長さですが、これも「ロング」、「スーパーロング」の分かれ目な気がして仕方ありません。
え、何の区別かって? 料金の区別ですよ!!
リアルellisをご存知の方は、いつでももっさーとした頭のellisをご想像されるでしょうが、ごく稀にボブカットの時があります。
最近では美容師さんに「ここまで伸ばしちゃったら、切るの勿体ないですよねえ!」と、髪を切るのが職業なのに言われます。
時々ショートボブにしたら、軽くていいだろうなあと思いますが、美容院代がね…。
次伸びるまで面倒だし、子供っぽく見えるだろうし(今は歳食ったから、却って大人っぽいのかもしれん…)。
誰か分からへん言われたら嫌ですし…。
きっと自分で鏡見て、「お前、誰ぇ!?」と、言いそうです。顔の区別がつかない人間は、髪型一つ変わると大騒ぎですよ。


男の人にとっては、どこら辺からが「長い髪」なのかなーとも、気になるellisでした。
同じ長い髪でも、やっぱり彩姐さんのようでないとダメですか(笑)。最近姫と、あんな姐さん欲しいと言っています。



  ☆髪が短ければ、シャンプーの減りも少ないだろうけど、キューティクルの心配が少なくていいだろうなあと思うellis。「ちゃんと栄養取りなさい」と、おしゃもを投げながらワンクリックくださると幸いです。☆
   コラーゲン飲んでると、髪の調子がいいんですよ。いやマジで(傷の治りも早い)。
  
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。