羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
201710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201712
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
雨の漢方。
行って来ました、漢方!
はー、結構歩いてストレス発散もしました。


「どんな感じにイライラするの?」と聞かれて、「『もー、も~~~っっ!!』って感じです」と、真顔で両手をばたつかせた女のサイトへようこそ。
だって、ほんまにそんな感じやねんもん。


4ヶ月ほどご無沙汰している間に、いつも診てもらってる先生の診療日が変わってました。
以前は木曜朝夜と土曜朝だったのが、木曜だけに。オーマイ、なんてこった。今日は土曜日じゃないですかー。
でもまあ、受付まで済ませておいて「じゃっ!」というわけにもいかないので、今日は違う先生に診てもらうことに。
ちなみに受付では、朝9時に電話したところ、「××からやったら、30分で来られるわよね!」と、軽やかに断言。
こちらも断言、無理です
なぜならそれから着替えて髪を整えて化粧をして、カバンの中身を詰め替えて出かけないといけないからさ。
以前なら最短10分で整えてましたが、ファンデがリキッドになってからは絶対無理。特にこれから紫外線が強くなりますし、きっちり対策しとかないと(握り拳)!
たかが病院と侮るなかれ。うちのじーちゃんは、通院の前の日にきれーいに髪を洗い、服を考え、当日はきっちり髭も剃って、時々服も考え直して、出かけます。血は争えねぇよ……ふっ。


初めての先生なので、かいつまんでこれまでのことを説明しないといけません。
どの病院でどの薬もらってて(あとでまとめてコピーになった、ありがとう、お薬手帳)、どんな症状でこれまでこの病院ではどうだったか。
今回の主訴は、八方ふさがりなイライラと、お腹が張ってること。舌が赤くなってたらしいので、熱が体の上の方に上がってるのかな。
きっといつもの先生なら言いますよ、「季節の変わり目だからね」って。再来週にむけて賭けてもいい。
で、処方されたのは三黄瀉心湯(さんおうしゃしんとう)と、すっかりおなじみ四逆散(しぎゃくさん)。
前者でお腹の張りを、後者でイライラをどうにかしよう、とりあえず。ということでした。リンク先見ると、三黄瀉心湯にも精神不安の適応ありますね。多分胃の辺りか頭の辺で鬱屈してるんだろな~~、あたし。なんとな~く分かる時ありますよ。


思ったよりスムーズに診察してもらえたので、帰りはたったか歩いて帰って来ました。
家中で一番いい傘(昔雨に降られて百貨店で買った)を回しながら、「そーいやあたし、雨って好きな人だったのになー」などと思っとりましたです、はい。今じゃすっかりハメハメハ大王の子供ですけどね。



  ☆疲れてるのか、口周りの荒れが復活(しょぼん)。がんばってビタミンを取るellisに「食え、そして働くがいい」と、神の一言をつぶやいてワンクリックくださると幸いです。☆
   うーん、あんま寝てないからなー。だって原稿遅れるし…。一分でも早く完成させたいんだよなー(こーいういらちの為にも、今回の処方は…あると思います! なんやろなー)。
  
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。