羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『歌の翼に』。
フルートの先生に、メンデルスゾーンの『歌の翼に』を再リクエストしました。
曲はこんなのです(いきなり曲が始まるので注意!)。
美しいメロディーにハイネの詩がついたこれは、もろにellisの好みドンピシャです。
楽譜のあるサイトを覗いてみたら、頑張れないことはなさそうでした(『バードランドの子守唄』に比べれば、運指は…)。
その代わり、情感たっぷりに吹くことが求められると思います。


曲を聴いていて、聴音はできないくせに何となく「ファ♯っぽい」と思っていたら、その通りだったのでびっくりしました(苦笑)。
こういうのも慣れなんでしょうかね。
ちらっと覗いた楽譜では、フルートでは出せない音があったので、↑8Va(1オクターブ上げる記号です。矢印が逆だと、1オクターブ低くなります)かなーとか思いつつ、夢が膨らんで行きますよ。
誰かこのジェット風船並みに膨らんだ夢を針でつついて、現実に引き戻してください…。
まずは『トリオ・ソナタ』です。これ、アンサンブルになると途端にもたつくんで、拍をしっかり数えるようにしなくては。
『ニューシネマパラダイス』は…譜面が読めれば大丈夫かな。これも情感たっぷりに吹きたいところ。
『バードランドの子守唄』は、うまくリズムに乗って譜面を理解しなくては…。これが一番大変やん。いい曲ほど難しいなー。


まずは体調整えんとな…。
大分マシになってきたので、原稿携えミスド出勤したいところです。
が、今回は一週間分の風邪薬も咳止めも飲んで大人しくしておこうと思います。
ただでさえ長引きやすい風邪が(白血球が足りないとか、呼吸器が悪いとか)、これ以上ずるずるしないようにね。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:今日のつぶやき。 - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。