羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
奪還。
皮膚科の治療が終わりましたー!
「ちょっと時間がかかったけれど、経過は順調」だそうです。
あと2週間アレルギー薬を飲み続けておしまいです。


次にパーマをかける時は、パッチテストをする女のサイトへようこそ。
パーマ液を持ち込んだら、調べてもらえるそうです。
それだけ原因がグレーなんで…。テグレトールのせいか、パーマ液のせいか。


また地階のカフェでお茶を過ごすと、精神科です。
「こんにちはー」
「はい、こんにちはー、どう?」
「せんせー、マ●スリー全然あかんわ。ラ●ナがいいです」
「え、あかんて。貴女そんな皮膚に症状出てんのに」
「発疹はあっても、光線過敏は副作用になかったよ。ラ●ナでないと嫌です」
「どーせ眠れんかったいうても、1日か2日やろ?」
ううん。手持ちのラ●ナ使ってしまいました。こっそりそんなんするのよくないから、どうせならちゃんとください」
「……(ため息)せっかくラ●ナ切れたと思ったのに……(処方箋にラ●ナ追加)」
「あ、それでマ●スリーいらないです。効いてへんのやったら、飲むだけ無駄やし。ロ●プ●ールも2mgでいいし、できたら頓服にハ●シ●ンください」
「ほほう、それは素晴らしい。では切りましょう。で、気分どう?」
「うーん、ちょっとしんどいです」
「体が? 気分が?」
「両方。体がしんどいのは、季節の変わり目やからかもやし、皮膚科の薬がしんどいんかも。気分は…ま、どうにかなるでしょ」
「出かけてる?」
「昨日はね。友達と会ってました」
「昨日は、か…」
「だってこんな顔で、どこ出かけられるんですか」
「まだちょっと赤いやんな」
「それでも百倍マシですよ。あ、本ありがとうございました」
「いいええ。……それで次、どうすんの?」
「3週後で、としか言えんのですが」
「3週後? しんどいなー」
「他の診察も一緒に入ってるから」
「何時? 2時でええの?」
「何時でもいっぱいなんでしょ?」
「そ、GWのせいでもう大変よ。GWは貴女どうすんの。ゆっくりするの?」
「実家に帰省します」
「またー? またくたびれて来るんやんか」
「最近はマシやんか」
「そうかー?」
「親が諦めたから、いろいろ。ええことでしょ」
「まあねー…ほな3週後に来てください」
処方箋に「連休のため連続投与」とスタンプがつきました。14日しか処方できない薬が山のようにあるせいですね。
看護師さんにも「肌きれいになって、ほんまによかったわねー。ひどかったもんね」と、言われました。いろんなところでご心配頂いて、本当有り難い限りです。明日からはリキッドファンデが使えそうで、嬉しいですよ。


薬剤師さんには、また経過を全部報告して処方してもらいました。
少なくとも前回よりは、今回の方が処方は美しいはずだ。どれも規定量越えてないし。
主治医がバルビツレートであるラ●ナを切りたがるのは分かるのですが…。やっぱりこれとロ●プ●ールの組み合わせが一番よく眠れます。ハ●シ●ンは実家で眠れない時のためです。だから7錠しかもらってません。
私、アメリカ行けないな(笑・アメリカはロ●プ●ール持ち込み不可のはずです)。行く予定もないけど。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。