羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あなたとあなたは同類項。
ただいまです、ellis、うどんの国からおたべの国へ帰って参りました。
今日はちょっと過ごしやすくて、移動も楽でした。


その足で病院へ直行する女のサイトへようこそ。
無理があるんじゃないかって? いえいえ、動く時は一度に動くのがいいのです。
とかなんとか言いながら、明日は漢方でフルートですよ。


今日はGW明けのトリプル受診。時間の目算を誤ったばかりに、少し遅れて到着です。
とりあえず受付時間が一番近い精神科に行ったら、「今なら呼吸器空いてるよ」と、呼吸器科に行くことに。
一ヶ月半ぶりくらいにお会いした先生には、真っ先に「顔、もう大丈夫なの?」と、聞かれました。毎週山のような患者を診ているであろうに、よく覚えていてくださったものです。
まあ、それだけショーゲキ的だったんですけどね(泣)。
ここでは扁桃腺が腫れているため、うがい薬を追加してもらって、精神科へ。


「連休どうでしたかー?」
髪がもっさ~と伸びた主治医に、いつもの通り愛想なしに訊ねられました。
「思ったよりゆっくりさしてもらいましたよ」
「ほー、そらよかった。ほな、創作活動もさぞかし進んだことでしょう」
「いや? だって、パソコン持って帰ってへんし」
「………(盛大なため息)」
「それより疲れると※@で$%な想像とか、*%で#$なこととか考えてしまいましたが、やっぱり変ですかねえ(主訴がグロいので割愛)」
「それはちょっとおかしいねえ。自分、ようそんなこと考えるなー」
「んー、何でかしらんけど考えてしまうねえー。せんせーの連休はどないでした?」
「私ですか? 休みなんかありゃしませんよ。仕事ですよ仕事」
「病院休みやったのにー。原稿?」
「(無言)」
「ほな読書か?」
「(無言)」
「分かった、家族サービス!」
「……それは義務やろう……」
義務感で家族サービスせんでください。サービスを義務でやるのは、サービス業の方々です。
「でもサービスせんかったんや」
「せえへんかったねえー」
「あかんやん、せんせー」
「……薬、減らせる?」
「無理(即答)! P●Cか?」
「それは減らしたらあかんやろう。ラ●ナとかロ●プ●ールとかや」
「あ、ますますもって無理。こないだ無理矢理減らして、あかんかったとこやんか」
「そこを何とか!」
「ない袖は振れん!」
「……しゃーないなー。ほな2週間後に来てください。創作活動してやー?」
「うん、次は#@社に送るつもり」
「#@社? あんなとこ、出版社の風上にもおけんとこやで! やめときやめとき!」
「……なんかあったんですか、過去に」
「あったよー、ありまくり! もう最低やね!」
「じゃあ私もそういう憂き目に合ったら考えるわ。じゃあ、また」


そして最後は神経内科。
「ゆーっくり休憩してください」と、看護師さんに言われたのですが、カフェが夕方5時に閉店なので追い出されました。
それから待つこと1時間でお呼ばれです。
「顔、治ったなー。連休どうやった? またくたびれてきたん?」
「うーん、ちょっとはゆっくりしてきたよ」
「へえ、よかったやん。やっぱり実家は落ち着くよなー」
こんな話から、なぜか私の脈拍が速いという話になりました。
ellisの脈拍は、新生児も真っ青になれる130bpmあたりをうろうろしています。2桁になることがめったにないので、つられて血圧もちょっと上がってしまう始末。
「まあ、遅いよりはまだマシちゃう? 気になるんやったら、βブロッカーでも飲んでみる?」
「せんせ、私気管支悪いから、β2刺激剤もらってんのに、ブロックしたらあかんやん」
「あー、そうやったな。ほな、カルシウムブロッカーは?」
「……循環器に一回でもかかってから決めるわ」
また話が飛躍して(間にごちゃごちゃと雑談しているのですが)、P●Cのせいで少し太ってしまった(常識では気にするレベルではありませんが、気になるタイプなので)話になりました。
「えー? 君が太る言うたって、知れたもんやろ?」
「せんせーがどない見積もったはるかは知りませんけど、私、結構重いですよ?」
「………見た目や! 見た目が保たれとったらそれでええねん!
うん? なんだか懐かしい感覚が襲いますよ。
そう、あれは遠い昔、初代主治医(精神科)の頃。「痴漢に遭って、怖い目見ました」と言ったら、後ろ向かせて眺めた後、「よし! (痴漢の気持ちが)分かる!」と言われた時の気分だ。
どーもこの医者と気が合うと思ったら、初代主治医と似てたのね。ax+ay=a(x+y)ですよ。同類項ですよ。
「じゃあ痩せるスパッツでも履こうかなー」
「あー、ええんちゃう? 君はそれくらいでええはずやわ。また夏になったら痩せるやろしなー」
いや……今年はどうだろう。P●Cは痩せにくくしてくれているようで、以前のようにすこんと落ちてくれませんよ。それとも歳のせいか!? 三十路が悪いのか!!??


さて、家に帰って薬分けが済んだので、ちゃっちゃか飲んで今日は早く寝ます。
明日に動く気力は残ってるかな…。体力は、ウルビーノのヴィーナスとタメを張れる脂肪が支えてくれることでしょう。嗚呼、切ない。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
たーだまいでーす(@『エクセル・サーガ』)。
>通りすがりさま。

> で帰ってきて早々にトリプル受診ですか……お疲れ様です(^_^;)。
ははは(汗)。
この為に帰って来たようなものです。
ギリギリまで粘ってみました。

> めっさ解りやすい主張やねwwwwww
でしょう(苦笑)?
ドライで悪気がない人なので、そーいう発言も許せます。
いくらオヤジスキーとはいえ、許せないオヤジも世の中には多いのです(だからこそか?)。

> せやけど、ellisさんって自分のイメージからすると、太ってるって思えへんのやけど……
1キロ増えても七転八倒するのですが(軽い拒食症の気があるので)、それが3キロも増えたら阿鼻叫喚ですよ。
幸いなことに、見た目はほとんど同じです。

> どちらかと云えば、華奢っぽいイメージが脳髄に焼きついとります。
あ~、上半身に肉がつかないせいですね。
実はずっと素敵に安産型でしたよ(泣笑)。
着やせするのも特技のうちですが、やはり薄着の季節になると気になります。
3キロくらいしか増えないのは、むしろラッキーなはずなんですが…。
(他の薬だと、1週間で10キロ太ったなんて話も聞いたことありますし)
でも嫌なものは嫌なんだ(泣)。呼吸器科で体重計に乗せられるのが辛いんです…。
2009/05/13(水) 22:44:18 | URL | ellis #lkhMWM3g[ 編集]
お帰り~♪
で帰ってきて早々にトリプル受診ですか……お疲れ様です(^_^;)。

>「………見た目や! 見た目が保たれとったらそれでええねん!」

めっさ解りやすい主張やねwwwwww

せやけど、ellisさんって自分のイメージからすると、太ってるって思えへんのやけど……

どちらかと云えば、華奢っぽいイメージが脳髄に焼きついとります。
2009/05/13(水) 22:33:51 | URL | 通りすがり #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。