羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ぱちん。
おひるごはん。
うどんの国から帰って来る時に、買って来たお昼ご飯です。
駅で買うと最低1000円しますが、駅前のスーパー特売品だと、ほぼ3分の1で298円です。
お茶も98円で売られているので、ワンコインで100円以上のおつりが来ます。
1時間近く快速に揺られていたため、マグロが切ない変色を始めてますが、美味しかったですよ(笑)。


おたべの国の物価は高いとしみじみする女のサイトへようこそ。
そもそも比べる方が間違っとる。


おたべの国でも物価の安いところはあるんでしょうけれど、一応ellisの住まいは市内ということで、若干高めです。
うどんの国では売ってる単位のでかさにびっくりしてました。
これも箱売りか、これも!? みたいな。
まあ、みんな車持ってるしな。その方が割安だし。
ちなみにellisがやってきた最後のお手伝いは、1箱2キロのえんどう豆の殻剥きです。さすがに2キロはやりごたえ十分でした…。
ゆがいて小分けして冷凍して、1年かけて食べるんだそうです。あー、また豆ご飯とか卵とじとか食べたいかもな。
それはまた実家に帰省した時に。


しかしおたべの国にも居着いて干支がぐるっと一回りです。
やっぱり長く住んでいるところが過ごしやすいです。今の家にももう6年いるし(引っ越したくてたまらない)。
今の家には追われるようにして入りましたが、出て行く時は胸張っていきたいですね。
そのためには書かないと。
連休中にしみじみと思ったのですが、もともとやろうとしていなかった文学なぞを目指すから、毎回胃が痛かったり筆が重かったりするのですよ。
結果そうなったらそうなった時で、基本はやっぱりエンタでしょ?と。
このブログがいきなり深刻で憂鬱な私小説もどきになったら、誰が来てくれますか。
少なくとも病院漫才とか楽しみにしてくださってる方々を、裏切ることになるでしょう。
そうだ! しばらく書くことを楽しんでない。精神衛生上非常によろしくない。よし、弾けよう。
そんなわけで、手っ取り早く弾ける算段をつけて来ました。
これでうんうんいうなら、また方向性を考えますが…。あー、自分のお先が今のとこ真っ暗って、憂鬱です。
『絶望先生』の新刊を近くゲットして、DVD見て叫ぼう。「絶望したぁ!」(神谷浩史さんボイスでどうぞ)。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
周りに恵まれ過ぎて…。
>通りすがりさま。


> やっぱ、自分の書きたいものを書くのんが一番やね♪
そうなんですよ。
私の周囲は文学趣味の方が多くて、恵まれ過ぎたせいか、彼らに合わせてそちらへ流され…気づいたら…。
なんてことに。
もともと文学で身を立てようなどとは思っていなかったはずでした。
最初からエンタ一筋。
そうそう、特にここ2年ほどおかしかったので軌道修正します。
文学で食いたいと思えるほど、ピュアじゃないんだよなあ…(遠い目)。
2009/05/17(日) 21:59:53 | URL | ellis #lkhMWM3g[ 編集]
エンタメ♪
せぇ~のぉ~エンタメ!(謎)

やっぱ、自分の書きたいものを書くのんが一番やね♪
2009/05/17(日) 09:59:32 | URL | 通りすがり #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。