羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
指向?
うう、なんぼでも眠れる…。季節の変わり目だからなあ…ロ●プ●ールが残ってるからですね…。
なんとかしなければ、このままでは一日を棒に振ってしまう日々が続く…!


逆に普段そんな有意義なことなんてしてないよな、と思う女のサイトへようこそ。
あー、しんど~~~~。


あまりにしんどくて、今、ココイチのカレー待ちです。
前に作ったやつは、残らなかったんで…。本屋時代に、「あの一かけが一皿分だよ」と教えてもらって以来、経済的なカレーを作ってしまっています。
今日はメンチカツカレーに半熟卵とエビを入れた豪華版だ! 
普段ならチキン煮込みで安くあげるんですが、「寝てばっかりで、朝から何も食ってねーよー」と、胃袋が訴えたためです。かといって、ご飯がたくさん食べられるわけでもないので、うっかりしたものは頼めないし…。
今日寝過ぎてるんで、明日明け方にでも、朝ご飯見繕いにコンビニ行ってそうな気がするなあ。
調子が悪いので、起きてるのがちょっと苦痛(精神的に)なんですけど…。どうしたもんか。


あ、カレー来ました。ちょっとご飯食べてきます。
… … … …。


お待たせしました、はあ、お腹いっぱい。
そういえば、夢の中でも何か食べてたような気がします。
あと、夢の中で夢を見ていたような……落語か、自分。
それだけお腹が空いて、眠りが浅かったということでしょうか。切ない(哀)。
パパンとおとーさんには朝早くに(これまた迷惑な)メールを送りました。
おとーさんのおうちに、無事荷物が届いていますように…。


しかし眠いなー。昔の眠剤漬けだった文豪達は偉い…。
それとも彼らはどこまでもダウナー指向だったとでもいうのか…。
カルモチン(ブロムワレリル尿素)で自殺を図ったのは太宰先生でしょ、ヂアール(アロバルビタール)で死んだのは芥川先生、子泣き爺川端先生はガス自殺でしたか、でも確か薬大好きだったようなイメージが(彼はポンちゅうだったのだっけか?)。
私が好きなのは、この中だと芥川先生だな…。いえ、ヂアールが好きなのではなく(今入手不可能か困難だろ)。やっぱり横光先生とか谷崎先生、永井先生がいいですなあ。退廃的なくせに長生きした彼らが(苦笑)。あ、横光先生はそんなに長生きしてないです。
横光先生を挙げるなら、後に川端先生が続かないとダメなんだが…。これはもう、ゼミの授業がまずかったとしか言いようがないですね。それまでグレーゾーンにいた川端先生を、ことごとく嫌がるようになってしまったひどい授業…。
日本の文学って、薬で作られたみたいなところもありますよね(笑)。ならば私も彼らの後に続く資格があるということだな(そんなとこだけ)!


『暗闇心中相思相愛』を聞いてると、先に挙げた作家達に否応なく惹かれますな(笑)。
絶望先生自体、太宰先生のオマージュだって噂だし。
DSの文学全集で、何か読もうかな。こうしてまた夜が更けるのですね…。私の健康な睡眠はいずこへ…。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。