羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
超反面教師。
あんまり書きたくないんですけど、書かずには胸のつかえが収まりそうにありません。
先に謝ります、乱文、平にご容赦を。


河原町で無事サプリをゲットしたら、急いで電車に乗りました。
乗った車両は真ん中ら辺だったんですけど、フルートの教室がある駅で出口が近いのは進行方向向かって最後尾。
なので、とっとことっとこと最後尾に向かって歩いていましたら、時間的にそろそろ帰宅ラッシュ。お仕事でお疲れのおじさんも、学校が終わった学生さんも、そして買い物が終わった奥様方もお帰りの時間です。
当然かき分けられない人の波にぶつかるので、そこで大人しくしていました。
座席は2シートがずらっと縦に並んでいる車両で、ふと見ると、私の真ん前ではおばさんが荷物を三段重ねくらいにして席を一つ分捕っている。
でもまあ、荷物多いししゃあないよな。そう思っていたら。




「ちょっと、前空いてるじゃない。座らはったら?」




いえ、こちらも諸事情ございましてとは言えず、口にしたのは「いえ、すぐ降りますんで結構です、ご親切にどうも」と。
すると、




「だったらどっか行ってよ、やらしいわねえ!」




は、はい~~~~~~!!!???
後ろめたいのは、荷物で席取ってる自分だろ、ババア!! こっちは別に、あんたから席をごり押しで取ろうなんて思ってないよ。だいたい、あんたなんかの隣には座りたくないのが私の本音なんだよ。むしろ荷物様サンキューって感じ。座りたかったらあんたに言われるまでもなく前の席に座ってるわ、ボケッッッッッッッ!!
……と、コンマ2秒くらいの間に思いが巡り、思いっきりババアを冷たい目で見た後に盛大なため息をついて、人込みをかき分け隣の車両に行きました。


どんな被害妄想だったんだと、ツッコミたくなりますが、私もあんなふうになるんかしら。
超反面教師なババアでした。
まあ、しんどくても病院ですらお年寄り、子どもに席を譲ってしまう自分がいるうちは、まだ大丈夫なのかな。フルートのおばさまには、「いいから座ってなさいよ~(泣)」と言われてしまいました。うーん、でも性分みたいです。営業喋りで譲るくらいですから(苦笑)。
嫌な話でしたね。っていうか、黒ネタの神が秘かに降臨しましたか? 私の中で黒ネタの神はちよ父のイメージがあるのですが…どうなんだろうな(笑)。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。