羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
かみかみかみ。
雨ですね。台風です。伊勢湾台風と進路がかぶってるとか聞きましたが、皆さんご無事でしょうか。
私はといえば、雨の降る中通院です。めんどくさい…。


遅がけながら、クリーニングにアンサンブルとコートを出して来た女のサイトへようこそ。
急に冷えましたね。コートが2枚あってよかったのかどうか…。


クリーニングは白●舎なんですが、高いような気がしてならない…。近くにもう一軒くらいできないかな。
いきなり3000円とか取られて、べっこり凹んでる私がいます。
でも今日は精神科の日だ。行かないとな…。
雨の日だから、主治医の機嫌はたいがい悪いんだろうなー。ああ、なんでこっちが顔色伺いしてんだよっっっっ!!!


そう思っていたら、いつもに比べて比較的穏やかでした。
でも私、リアルでは「会話がかみ合いにくいなー(主治医以外とでも)」と思っていたり、どっか違和感を感じていて、先週にはミョ~な音楽がどこへ逃げてもどこからともなく聞こえて来る始末。
「よし、『これはペンです』これは違和感を感じるんか!?」
と聞かれても、「そうじゃないんだよ…」と、別の意味で違和感を感じる私。
「ほなこれがどんな状態やったら、貴女は満足やねん?」
「形而上学的に…」
と言ったら、後ろにいた研修医さん二人が、ものすごく一生懸命「形而上学」と書こうとしてるのが見えました。初々しいですなあ。
どうもね、会話が数センチずつずれる感覚なんですよ。
ピントが合わないというか。
なもんで、ぐだぐだとお喋りをしていた時に、「今! 今違和感!」と、ツッコミ。
ってか、それしか分かってもらいようがない…。分かってもらえたのか、謎だけど。


循環器科の話を聞いた主治医は、うきうきと「ほな、アモ●サン減らそうかー」ときたもんだ。
言うと思ってたよ。アモ●サン、脈拍上げる作用持ってるもんね。でも減らさない。パ●シルもいらない(勧められなかったけど)。ア●フ●ニールも確か脈を上げるような気がしたけど、この辺みんな通り過ぎちゃったしな。
「ところで貴女、ラ●ナはどないしてん。まだ使ってるんか?」
ふっ、人をなめてもらっちゃ困るぜ。やめると決めたら意地でもやめるー! が信条。残りは保険で持ってるけど、もうしばらくしたら薬剤師さんに破棄してもらうよ。
「おお、それは偉い! ようやった!」
「ふっ、頓服がまだ1シートまるまる残ってますよ」
「ほな、もう頓服いらんな?」
「いりませんよ」
「……で、それ、いつ出したっけ?」
おいおい。
「3週間前の金曜日。せんせーは機嫌が悪かった」
「私ゃーいつも通りですよ」
「どこが…」
この主治医のころころとめまぐるしく変わる態度も、私の精神を不安定にさせてるのかしら。気づいたら、精神科部長から退いてて、まったく。
その代わり、子供用の何か肩書きがついていました。私も本来なら、もう一人の先生の方へ行くべきなんでしょうが…真面目すぎるんだもん、もう一人の先生。
私の吐く毒まじりの冗談を「はっはっは」と流せる人でないと困るんだ。
「じゃあ、次いつ来る?」
「いつて…2週間後しかあれへんのとちゃいますのん?」
「いやいやいや、貴女がお望みなら、そのように」
嘘つけ。
「ほな、2時ねー。ではまた来てくだっさーい」


投薬を受けて(その間に脈を測ったら100bpmあった…何故・泣)、家に帰ったら、チャリンコに乗った兄ちゃんが、勢いよくやってきました。
「あ、どうもー、こんにちはー。こちらにお住まいの方ですかー?」
「(フ●ッツ)光の勧誘なら、うちはもうネットやってないから要りません! 何度も来てくださって恐縮ですが! ネットしないので!!!」
血の叫びのような声を上げて部屋番号を告げ、呆気にとられる兄ちゃんを尻目に帰ってきました。もうかれこれ半年近く勧誘されてるんです。たぶんノルマがあるんだと思うんですけど、それにしてもしつこい!!
主治医のせいで通院がずれ込んだので、来週は呼吸器科だけに行ってきますよ。
それより明日の漢方、大丈夫なんかなあ…。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。