羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
涙をこえてゆこう。
はーーーー、やっぱフルートの後は胸が痛いー。
ついでにパーマ液をかけてる時、鎖骨に響くんですけど、誰かこのミラクルを解明してくださいな。パーマ液の臭いで鎖骨が痛くなるシステム。


ナイスダンディーを探す女のサイトへようこそ。
今日はいませんでした、ナイスダンディー…。昨日ちらっと拝見したから、いいんだ。くすん。


「それにしても、伸びましたねー」
と、美容師のお兄さんにもお姉さんにも言われて来たellisの髪。
そんなに伸びたかしらと思うけれど、パーマが終わってみて胸の辺りで髪をいじれるということは、そーとー長いってことなんでしょう。パーマ、ゆるふわですけどね。
いつもはケラチンパーマといって、タンパク質などを補いながらかけるパーマなのですが、今回は更にグレードアップ。事前にトリートメント処理を行うのですが、これが今までとは違うそうです。なんでも出来上がりがソフトでしっかり、しかも持ちがいいとか。
そんな、ズボラーの神が舞い降りたみたいな!
とは思いましたが、黙ってました。ズボラなのは、もう周知の事実だし(泣)。
それより気になるのはナイスダンディーですよ。
美容師のお兄さんに聞いたところ、「ああ、オーナーのことですね。今日は来てないですけど」と、答えが返ってきました。
オーナーかぁ。それでも顧客持つんだ。へえ~。と、あれこれ考えていたら、
「ellisさん、おじさま好きですか?」
と、聞かれる始末。これには自信を持って、
「ナイスダンディー、絶賛大好きです!」
と、答えておきました。いいから握った拳を開け。
今回はパーマに合わせて割と前髪を増やしてぱっつん気味に(ほんまもんのぱっつんは度胸がない…)、ついでに眉カットもしてもらってきました。自分でやると、左右非対称な眉ができるんで…。
「じゃあ、次は年内に、カラーで来てください」
と、お兄さんにプレッシャーをかけられました(苦笑)。さすが担当スタイリスト。私のズボラをよくわかっていらっしゃる。
う~ん、もういっぺんパーマはかけに行くけど、カラーはどうしよっかな。こないだの紫よかったから、あれしようかな。でも先立つものがないんだよなぁ…。あたしゃ手術費貯金しないといけない女だよ。ったく。


フルートレッスンには、お昼を食べてちょうどいいくらいに間に合いました。
実はellis、お月謝を口座に入れておきながら、「あら~? なぜかこんなところにお金が残ってるわ~♪」と、浮かれトンチキなことを思って嬉々として引き出してしまった為、お月謝が未納です。恥ずかしい…。
受付のお姉さん達にもネタを提供しながら、支払ってきました。
さて、二週間ぶりのレッスンはどうなるか。
音が悪い!
頭部管、詰め過ぎた。と、気づいたのは練習曲に入って半ば頃。
どうやら美容室であったかいところに置いておかれたらしく、管が膨張してました。
セットした時に気づいたのですが、普通なら開き気味にするはずをなぜか詰めてしまった。
糖分足りてなかったんですかね、私…。
一曲終わったら、慌てて頭部管を開きました。やれやれ、これで随分音が出しやすくなった。
発表会ですが、とうとう先生とセッションが決定しました(泣笑)。
もう…もう誰も助けてくれない…。溺れゆく私…。
音合わせは(無伴奏なので)必要ないけれど、発表会当日に一度軽く合わせておきましょうということになりました。ひええ。
ついでに、「メヌエット」部分は外して「アレグロ」だけでいくことも決定。
こりゃあいよいよますます練習しなきゃだな。今日豪快に一拍間違ったのはこの私。
途中で気づいて、消えてなくなりたいと思いましたよ(泣)。先が思いやられるわ…。
今日も思い切りよく腹筋を使ったので、痛いです(苦笑)。まあ、若い証拠…か?


これだけ動いたんだ。今日はよく眠れるだろうなー。
微熱になんか悩まされないで……。ほんと、ここ二、三日辛くて…(涙)。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。