羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
米だ、米、米。
天高く馬肥ゆる秋…か。
今にも肥えそうな三十路はどうしたらいいでしょう(泣)。


近所のフィットネスクラブがもう少し安ければなあと思う女のサイトへようこそ。
そしたら通うのに…。


今日も今日とて手抜きカレーですが、ひき肉でキーマっぽくしてみて冷凍のナンを買ってきました。
勿論一人でもっさもっさと頂くわけですが、ふと「これと米とどっちがカロリー高かったんだろ…」などと考えてしまいましたよ。
ご飯だとルーがたくさん欲しい人なんですが、ナンだとちょっとのルーで限界まで食べちゃいそうだぞ。
っていうか、月前の米嫌い、そこまで極まってんのかって話でもあるんですけどね。
でもこのナンって、私ルーなしでも素で食べられるなー(米は味がついていないと嫌な女)。
時々パンもバターなしで平気ですが……。そばもうどんも素が好きだし(鴨南蛮と山かけは別格で好き)。
そういや私がお腹にいた頃、ママンはお米の炊きあがった匂いがダメだったそうです。
「つわりっていったらそれくらいやったけど…そうねえー、確かにご飯はあんまり欲しくなかったわねー」
こーいうのって、巡り巡って来るもんなんでしょうか。産まれる前から米嫌い…。
何か落ち込みましたよ。上がって来いや、せいやっ!


うーむ、米嫌いではないはずです。
その証拠に、今はいらないけど栗ごはん食べたいですよ。鶏肉と根菜類の入った炊き込みご飯とか、親子丼とか。丼は全般的に好きです。海鮮丼もまた嬉し。
そういや「他人丼」が、関西方言ってほんまですか?
親子丼が鶏と卵で親子やから、牛肉と卵やったら他人じゃないですか。最近コンビニでも「他人丼」って売ってるの見て、「全国区なのかなあ」と思っていたのですが、コンビニも地域でいろいろお惣菜が違うことが、ネットクーポン等で分かりました。関西以外の人に「他人丼」は通じへんのでしょうか。「木の葉丼」は? お揚げと三つ葉が入ってるやつ。
ああ、丼って奥が深い。
まあ、うな丼の時に鰻をどこに入れるかでも地域差があると聞きましたし(うちはご飯とご飯の間に入ってて、「まむし」って言ってます)。
ご飯の世界…侮れない。


そういえば、ママンがお赤飯でこの間ぶーたれていました。
じーちゃんに、「この辺(じーちゃんの田舎)の赤飯の色は、こーいうものだ」と、よそ様からお裾分け頂いたお赤飯を見せられて、教えてもらったそうです。
それはお赤飯と言うにはあまりに薄い色で、小豆を煮出した汁をたっぷり突っ込んで餅米とうるち米を半々で炊くようなママンのお赤飯とは相容れなかったようです。
全部餅米で、おこわにするところもあるんですよね。前、京都のママンにお裾分け頂いた時は、おこわで栗入りでした。
ママンはここ2、3ヶ月、ずーっと「お赤飯って、色薄い方がええのん? どうなん?」と、娘に問い続けていますが、あんたの赤飯で育ったんだ。色の薄いのは馴染まないに決まってるでしょう(苦笑)。
まあ、贅沢を言うなら、山菜おこわとか食べたいですね。一回で食べ切らないと、後始末が大変だけど。(おむすびにして冷凍しておけばいいのか?)
……あ、ちょっとお米が食べられそうな気がしてきたかも。


パパンが白いご飯好きなんで、かやくご飯というものが滅多に出てきません。
一人で炊いたら、冷凍の炊き込みご飯が増える一方だし。
反対に娘は白いご飯が苦手。ふりかけかお漬け物か佃煮を必ず欲しがります。
やっぱり親の腹の中から反抗してたんでしょうか。こんな私ですが、来週の今日は両親と出雲そばを食べに行ってきます。出雲大社にも行くのでお参りして来るつもり。
その頃には、この偏食治ってるといいなあ。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。