羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
201704<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201706
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
素晴らしき哉現実逃避。
ナイさまから、筍を頂戴しました。今日は筍ご飯です。鶏肉と、にんじんなんか入れた炊き込みご飯。わーい。
しかし3合炊きの釜で3合の炊き込みご飯を作ると、釜からあふれてしまうのでした…。
炊きあがった後が大変です。ぱつぱつ。


「お腹空いたなー」と思ううちに時間が過ぎて、そのうち食べることがどうでもよくなる女のサイトへようこそ。甚だしく危険なことは、分かっております…。


ここ数日、なるべくカレンダーを見ないようにして眠り続けてきましたが、そうも言ってられなくなった。もう今日は8日だ。〆切自己設定10日。‥‥‥‥10日の夜に集荷に来てもらおうかな‥‥‥‥。こんなことしてるから、悪夢続きなんですね。仕事はさっさと済ませましょう。
最近私の中で郵便局の株がかなり落ちてます。指定した日にちに着かなかったり、時間指定の意味がなかったりすることがあるから。原稿は、宅配便で送ることにしましょう…。宅配便なら、夜まで大丈夫だしな…。
で。どうにも枚数が進まないわけが分かりました。少なくとも私個人としてですので、一般論で応用しないでくださいね。
現在のワープロ原稿は、20×20の原稿用紙と同じ設定で書いてます。1枚400字縦書き。普段遊んでる時の原稿は、最低でも40×40横書き。これはいいことなのか悪いことなのか知りませんが(多分悪いことやろう)、目と頭が横書きに慣れてしまっているようです。縦書きだと、どうにもやりにくい。手書きの時は縦書きだろうと横書きだろうと平気なんですが(それでも横書きの方がいいかな)、タイピングする自分と縦書きの画面がどうにも馴染まないみたいです。そういえばそうだ。ワープロの時も画面は横書きで、印刷は縦書きに変更してましたから。と、いうことで。私なりの応用論。好き勝手な設定にして、完成したあとで20×20に戻す。禁則文字もレイアウトも知ったことか。目で見る分には、縦書きが嫌いなんてことありませんから。40×40の時に比べて、どうにもやりにくいなあと思ったら、あの広大な隙間に馴染まないのでした。貧乏性と笑わば笑え(泣)。原稿はみっちり埋まってる方が好きです…。個人的にはB5に10.5ポイントで40×40という設定が好きですね。20×20だと、12ポイントとかになっちゃって、字が大きすぎてやりにくいのです。何てマニアな話…。


話は変わりますが、徳間書店から『七都市物語』のシェアードワールドノベルスが出てます。要は、他の人が書いた番外編なり続編ってことです。それはいい。それは構わない。が、15年ぶりの復活って文句は何かが間違ってると思う私はダメな奴ですか?「本人の作品じゃないと復活とは言わねえんだよちきしょーーーー!!」とか思う私がダメなんすかね?
こんなところでひっそりと毎日DVDを見てうっとりしている女の萌え心を踏みにじらないで…。
ていうか、何で早川から出てる本のシェアードワールドノベルスが徳間から出るんだ…?
このへん版権とかややこしそうなので、突っ込みは自粛しますが。
今日の戦利品は『ヴェネツィア刑事はランチに帰宅する』(ダナ・レオン/講談社文庫)と、『ガンダム・ジ・オリジン』9巻(安彦良和/角川)と、『戦場にかける恥』(いしいひさいち/双葉文庫)です。ガンダムはいい感じになってきました。子供シャアを見てると、つくづく成長しない方がよかったのではと思わされます。講談社文庫は、警視ブルネッティシリーズの第2弾。イタリア警察が出てくるミステリなんて珍しいので、つい負けました。ちなみにイタリア警察というと、『エロイカ』に出てくるかんおけ刑事フランコ・ジュリアーニを思い出す私。


‥‥‥‥ここへの投稿自体が現実逃避になりつつあるので、そろそろ帰ります。さーて修羅場だぞいっと。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。