羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クラリス。
クラリス
どう聞いても欧米人女性の愛称なのですが、今回処方されました、れっきとした抗生物質です。
一錠122円! 高い…。


ってなわけで、再来週は血液検査とX線検査です。どっとはらい(泣)。
病院の待ち時間に殺されるかと思いました。


最近どーにも微熱がしんどくて、ああ去年と同じ事やってるよ、やーねえと思っていたのですが。
今年は肋間神経痛(?)まで。第2肋間(第2肋骨と第3肋骨の間)が、真剣に痛い。しかも夜中。温湿布しても、効いてんだか効いてないんだか。
熱でうだって、夜中は原稿も書かずにだらだらしてるし(とうとう無職を正当化するようになったか、ellis…)。
熱も日内変動が激しいのですね。朝起きた時は35.4℃。大体これが平熱です。昼頃36.2℃に上がったり元に戻ったり。で、夕方からぐーんと上がって一気に36.8℃。朝と比べても1.4℃違います。これでも世間は微熱と言うか。寝る前は37.2℃くらい。
‥‥‥‥こんなことを、呼吸器の先生に素直に言った所、抗生物質を出され、検査指示が出ました。呼吸器の病気が悪くなったと言うよりは、抵抗力が落ちてるので感染症の疑いの方が強いそうです。外に出てないのにー(泣)。
こんな理由から、再来週に血液検査だそうです。そんなに私の白血球が減少してる様を見たいの? いつ検査しても、大抵下矢印がついて返ってくるよ。他は万事健康なので、どの先生にも「うーん、感染症に気をつけてね」と言われます。気をつけてどうにかなるものなのか、それは?

冒頭のクラリスは、初めて処方されました。これまでは内科でクラビットとかセフゾンが出てました。リンク先を読むと、インフルエンザで出されてるのが明白ですな、わはは。
クラリスは、クラリスロマイシンという成分の薬なので、別に製薬会社の研究チームが未練のある欧米人女性の名を付けたとか、そーいうわけでもなさそうです(そんなこと考えるな)。


何で微熱に解熱剤が効かないか、例の薬剤師さんが(今日はミニスカでもないのに)丁寧に教えてくださいました。ありがとう。
ぶっちゃけてしまうと、別に効かないわけではないそうです。ただし、解熱剤ってのは対処療法なので、それこそ割れたガラスをテープでつないでおくような処置だそうです。なので高熱の時はハデにガラスが割れてる状態ですから、解熱剤というテープも効くけど、微熱だとガラスにヒビが入った程度なので、テープ貼っても効果が感じられないと。それよりは根本的に細菌を追い出せ? という状況らしいです。
‥‥‥‥一年前にその科白、聞きたかったなー‥‥‥‥。結核疑われたり慢性疲労症候群疑われたりする前に。
そういえば、X線検査は何のためだ? 肋骨にヒビ入ってないか見るんだろな、きっと。
先週精神科で「微熱でしんどいよー、血液検査でもどうかね」と言ったのに「あー、向こう半年ぐらいええやろ」と、かわされました。その話も素直にしてやったところ、「ああ、精神科ではね、大丈夫なんですよ」と、私に対してか主治医に対してか憐れむような諭すような口調で、先生。呼吸器科の先生の迅速な対応に感謝しますです。


血液検査で中性脂肪がどうのとか言われてるあなた、ご安心あれ。血液検査なんて、前3日くらいにものすごい影響されますから。
検査前一週間気をつけてれば、そんな大したことにはならないはずです。よっぽど病気の人は別ですよ?
私は働いてた頃、健康診断前に金がなくて、松屋の牛めし生活してたら見事に中性脂肪がチェック入りました。それを前の担当医に見せたら「お前、何か脂っこいもん食べたやろ」と、即見抜かれ(泣)。定期的に調べてこそ分かるもんであって、一年に一度くらいでぎゃーすか言われたかねえや。と、会社にもの申したかったが黙ってよう。
運が良ければ白血球数底辺這いつくばり、悪ければ下矢印と。
抗生物質のせいでよけい下がるような気がしなくもないですが、微熱下がるんならこの際なんだっていい‥‥‥‥。


では、近所の餅屋で買ってきたおはぎでも食います。カモンブドウ糖。

関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。