羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
201703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201705
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラトラ虎。
寝てばっかりでした。
文字通りの「春眠暁を覚えず」です。限度があるやろ。


相変わらず、夢はフルカラー五感付きという女のサイトへようこそ。
時々どっちが夢だったのか分からなくなります。まるで中国の昔話のようね。


面白かったのは、実家の引っ越しの夢でした。
引っ越しやっちゅーのに、私は何故か近所でペンギンを一羽分けてもらうのです。
コウテイペンギンじゃなくてヒゲペンギン。イワトビペンギンはどう猛だから…。
で、実家に着いてみると、当然裏も表も開けっぴろげで戦闘態勢。
なのに表入り口に、段ボールの中に虎。しかも子連れ。
目を合わさないよーに合わさないよーに部屋に戻ったのですが、居間に行く一瞬思いっきりばったりと視線が合って、追い回される追い回される。はっはっは(泣)。子供の虎が間に入ってかばってくれるのですよ。これがもう、ぬいぐるみのようにふかふかでかわいくて。つーか小虎に噛まれたぞ。甘噛みだったけど。警察に電話しようにも、小虎で手はふさがってるし、両親や兄には放っておかれるしで、110番が押せませんでした。思えば110番でよかったのか? 保健所とかじゃなくて? 
‥‥‥‥それにしても、ペンギンはどこへ行ったんでしょね。


前の主治医から、「独断で夢分析をするな」と厳命を受けていたので、分析も占いもしません。夢占いの本もたくさん持ってますが、正直当たった事ないし(苦笑)。
私は夢をたくさん見る方なので、玉石混淆になるのです。だから、よく心理学などの本で見るような都合のいい解釈のできる夢は、いくらでも見ています。
というわけで、そこ、「都合のいい解釈の出来る夢」が危ない。独断で深みにはまってしまうと良くないのだそうです。いい方へ行けばいいけど、悪い方へ行っちゃったらねということで。人間悪い方に行く方が簡単だもんな。マイナス思考のがたやすいですしね。
ちゅうわけで、夢占いによればトラは「吉祥開運の兆し」ですが、逃げ回ってるので「自分の勇猛心を奮い立たせる必要がある」とかですかね。逆の意味になります。小虎を捕まえてるのは大吉。本を見なくてもこれくらいすらすら出てくる自分が哀しい。
で、ペンギンは‥‥‥‥?


分析し出すと、トラがアニマだアニムスだとか、誰それの象徴だとか、非常に面倒です。
引っ越しで家族がどうだとか、扉を開け放してるのがどうだとか、まるで国文学の解釈をつけるかのように鬱陶しいです。重箱の隅を突くようで。
で、夢とはまったく関係のないドロドロした結果が導き出されるのですね。ああ鬱陶しい。
興味のある方は、夢分析の本などご覧になってみてください。私はもういいです、お腹一杯…。
やっぱり専門家にきちんと聞くべきですな。
私の場合は前述の通り、役に立たないでしょうけど。一晩に5つも6つも夢見てるんじゃねえっての。普通はそれくらい見て、覚えてるのが一つか二つらしいですね。


ああ、寝てばっかりでニュース見てない。今日のタイガースはどないやったやろ…。
しかしペンギンが気にかかります。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。