羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
粗挽きの味わい。
さて、ドリップマスターで、新しく買ったコーヒーを入れてみました。
豆は期間限定のホリデーローストというもの。お店でバリスタのお姉さんに「ドリップマスター用に」と言うと、粗挽きにしてくれます。
よその店でも、「メタルフィルターなので、粗挽きに」と言えば通じると思いますよ。
豆の袋にはミルクに合うようなことが書かれていたので、ソイラテにしてみました。


豆の封を切って、20gスプーンで測って入れて、お湯をじょびじょばっと(一気に入れないと、お湯が滴り落ちてしまう)。
中挽きの豆を使ったときは、だーっとコーヒーが出て来て、ろくに抽出もできてない感じだったのですが、今回はじりじり来ます。おお、これが本来の姿だな。よっしゃよっしゃ。蒸された豆のいい香りが漂ってきますよ。
抽出し終わったら豆乳を入れて、ぐるぐるかきまぜたら出来上がりです。


よっしゃ、では一口。
……んま~いい☆
いや、分かってる。ネルドリップやコーノ式ドリッパーで入れるのにかなわないことは分かっている!
しかしペーパードリップで入れるのと遜色なくおいしいです。むしろこれはこれで味わい深い。
つい最近、Yahoo!か楽天かで、簡単コーヒーメーカーみたいなのをチェックしていたのですが、どうやら原理はこれと同じもののようでした。
それが2000円ちょっとだから、送料+メタルドリッパー用の豆に至るまでの勉強代(粗挽き豆を使用、とは書いてあったが、無視したであろう自分が透けて見えます)を考えると随分安く済みました。
結構濃いめに来る味なので、朝向けかな。まあ、豆の量を減らせばアメリカンになるんでしょうけどね…。


別に豆はどこのを使ってもいいのだから、もしタリーズで便利そうなこの品を見かけた時は、一度お手に取ってみることを推奨します。
コーヒー好きの一人暮らしには、たまらん代物かもしれません(笑)。
最近紅茶はどうしたって? はい、ちゃんと味わって飲んでます。でも原稿始まったら、リプトンの100バッグ入り500円が大活躍です!
やかんには常にウーロン茶がスタンバッてるし…。水分と嗜好品の多い我が家です。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:小さなしあわせ - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。