羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
200412<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200501
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
嫌なCM。
実家なので、久々にテレビを見ています。
年末番組、つまんない……。


嫌なCMに巡り会う女のサイトへようこそ。
いや、うちにテレビがある頃からやってたんですがね。


確か「典礼会館」とかいう葬儀屋(冠婚葬祭とか見かけるが、結婚するとこと葬儀するとこはあからさまに別だろう)だったと思います。
バスにおじいちゃんと息子とおぼしきおじさんが、二人掛けの席に座っていて、二言三言会話を交わすというシンプルなものです。バックには静かなBGM、何の問題もないはずです。
ですがそれが、どう見てもあの世行きのバスにしか見えないんですよ。息子は途中で降りそうで、おじいちゃんはそのまま連れてかれちゃいそうな雰囲気ムンムンなんですよ。一歩間違えば姥捨山ですよ。


現実に祖父である、うちのじーちゃんも何かを感じ取るらしく、「あのコマーシャルは好かん」と言うそうです。
実際に不快指数高いと思ってる方は、結構いらっしゃるんじゃないかと思ってるけど違うのかな。
それとも高齢者を抱えない人達にはなんともないのかしら。
ellisも三十路越え(独身、親不孝街道まっしぐら)、パパンもママンも見る度に老いて行く歳になってきました。
一応あれこれ考えてないわけじゃないので、そういう無意識の不安へ訴えかけるような映像は嫌ですね。
ですがいつ被弾するか分からないCM、油断は禁物です。こんな時期にはしないと思ってたのに。
まあ、お悔やみって日にち選べませんからね。


……と、まあ、こんな話をしておいてなんですが、今日(もう昨日か)ぶどり兄貴が長蛇の列に並んでくださり、見事『ミラクル☆トレイン』の新宿、都庁、大門のエスコートボイスCDをゲットしてくださいました!
ありがとぉう、ぶどり兄貴! このお礼はいつか必ず!
更に更に、姫にお願いしていたお使いものが今日届き、本当にいろんな人に支えられて生きてるなあと実感した一日でした。
同時に他人様を使いまくる、鬼のように厚かましい自分だと痛感した一日でもありましたがね……。
嫌な話から始まってしまいましたが、大事な友人知人、ここに来てくださる皆様には、よい年越しになりますようお祈りします。
うちは今年も気合いで年越しです。月曜からからため息が止まりませんよ(泣)。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
早く明るい光が射しますように。
>Kasumisouさま。


> 病院に看病に通っている時期に、家でCMが流れた時に子供も不快感を表す様になりましたよ。
> やはり私と同じ様に感じたんだと改めて実感し、それから積極的に各方面に訴えかける行動を始めた次第です。
おお、そんなことが…。
お子様たちも何かを感じ取られたのですね。

> なにしろ相手が大き過ぎますし、私一人が訴えた所で高が知れていますから……。
> それでも最近の頻度の多さを思うと、我慢の限界が訪れます。
千里の道も一歩からと言うように、やはりまず行動、だと思いますよ。
水が波紋を広げるように、小さな一投が大きな動きになることもありますし、頑張ってください!
私のように動かずにいるより、よほど大きなことをなさっていると思います。

> 確かにあの曲は頭に残ります。
> 意識せずに口ずさみ掛け、「ハッ!!」として止める事がたまにあって、自分でも愕然としますから……。
あれ、私が子どもの頃からあります。
親に聞くまで、何のCMか分からなかったくらいですから、あれくらいのゆるさで作ってくれるといいのかもしれませんね。

> いえいえ、正直にいえば当時の心境が持続していると言うべきなのかも知れません。
> だから夫が亡くなった後も殆ど泣く事はないんです。
悲しすぎて涙が出ないのではありませんか?
お辛いことがあったら、またこのブログにいらしてくださいませね。

> 私自身が人様より感性が鈍いのでは無いかと思っているのです。
> だから気になさらないで下さいね。
そんなことはないと思いますよ。
悲しすぎると人は無感動になるといいますから。
時が最大の薬とも聞きます。ゆったりとする時間を作って、どうかご自身とお子様を大切になさってくださいね。

> それではまたお邪魔させて頂きます。
はい、お待ちしております♪
2010/01/22(金) 20:38:29 | URL | ellis #lkhMWM3g[ 編集]
ellis様  こんばんは
丁寧な返信有り難う御座います。

>心の深いところに訴えかけるので、言葉には表しにくい不快さですよね。

そうですね。
病院に看病に通っている時期に、家でCMが流れた時に子供も不快感を表す様になりましたよ。
やはり私と同じ様に感じたんだと改めて実感し、それから積極的に各方面に訴えかける行動を始めた次第です。

>Kasumisouさまのように行動できる人にならねば、と思いました。

それが良いのかどうか、本当の所、私にも分かりません。
なにしろ相手が大き過ぎますし、私一人が訴えた所で高が知れていますから……。
それでも最近の頻度の多さを思うと、我慢の限界が訪れます。

>セレマは意味不明ながらも……無理矢理明るく作ってるっぽい……
(曲はしつこく頭の中に残るのですが…)

確かにあの曲は頭に残ります。
意識せずに口ずさみ掛け、「ハッ!!」として止める事がたまにあって、自分でも愕然としますから……。

>むしろ当ブログのせいで、お辛かった思い出をお話させてしまうような格好になってしまって…。

いえいえ、正直にいえば当時の心境が持続していると言うべきなのかも知れません。
だから夫が亡くなった後も殆ど泣く事はないんです。

私自身が人様より感性が鈍いのでは無いかと思っているのです。
だから気になさらないで下さいね。

それではまたお邪魔させて頂きます。

2010/01/22(金) 19:55:40 | URL | Kasumisou #FU1yOJ7Q[ 編集]
心の傷は見えないから痛い。
>Kasumisouさま。

> ellis様  おはようございます。
> お返事頂けて、有り難う御座います。
こちらからはこんにちはです。
当方のブログ内容、コメントにご不快な点がなかったとのこと、少しほっとしました。

> 勿論、一昨年の秋にBPOやJARO、民放連を始め、葬祭業界の組合、該当の葬祭会社にも電話をしたり、放送局にも電話やメール等で患者側の思いを伝えたのですが、一時期は納まっても、数ヶ月経てはまた流れ始めるのが現場なのです。
そうだったのですね…。
多分ですが、ダイレクトに不快なCM(古いものですと、「世の中バカが多いのよね」と言っていたものや、最近だと「くさ~る~」とか歌っていたもの)だと、世の人も意見を言いやすいのかなあと思います。
典礼会館のものは、どこがどう、というわけじゃないところに、言いにくさがあるのかもしれませんね。
心の深いところに訴えかけるので、言葉には表しにくい不快さですよね。
Kasumisouさまのように行動できる人にならねば、と思いました。

> 典礼会館のCMの作り方は過去のCMも結構、ああいう思わせ振りな、意味深長なCMの作り方なので入院患者や家族にとっては見たくないCMです。
そう思うとセレマは意味不明ながらも良心的ですね。
無理矢理明るく作ってるっぽいのが見えなくもないですが、まだ不快にはなりませんもの。
(曲はしつこく頭の中に残るのですが…)

> 本当に何とかならないものかと、今でも胸が痛みます。
私としても、もう晩年も超えかけの祖父や、会うたびに老いていく両親のいる家であのCMを見るのは辛いです。
今、家にテレビがないのは幸いかもしれません。
ちょっとうつっぽいんで……。今あれに被弾したら、うまくやりこなす自信がありません。

> 済みません。
> 私の方こそellis様にご心配をお掛けしまして……。
とんでもありません。
むしろ当ブログのせいで、お辛かった思い出をお話させてしまうような格好になってしまって…。
コメントはいつでも大歓迎です。
アホな私の一挙手一投足で、Kasumisouさまに少しでも笑顔が増えるといいなあと思っています。

> また時々、お邪魔させて頂きますね。
はい、お待ちしております♪
2010/01/20(水) 17:49:41 | URL | ellis #lkhMWM3g[ 編集]
ellis様  おはようございます。
お返事頂けて、有り難う御座います。

>当方の至らないブログで、お辛いことはありませんでしたか?
>もしも当方の記事で思い出したりしてしまったら、本当にごめんなさい。

いいえ、大丈夫ですよ。
半年間の闘病でしたが、病院でも自宅でも集中的に流れるこのCMには、私も家族もナーバスになりました。

>あのCMはBPOかJAROに訴えてもいいような気がします。
>あのCMは撲滅を祈ります。

勿論、一昨年の秋にBPOやJARO、民放連を始め、葬祭業界の組合、該当の葬祭会社にも電話をしたり、放送局にも電話やメール等で患者側の思いを伝えたのですが、一時期は納まっても、数ヶ月経てはまた流れ始めるのが現場なのです。

葬祭会社も企業ですし、放送局もCMで成り立っているから仕方が無いのでしょうが、せめて患者達が起きている時間内に流すのは止めて欲しいと訴えたのですが……。

典礼会館のCMの作り方は過去のCMも結構、ああいう思わせ振りな、意味深長なCMの作り方なので入院患者や家族にとっては見たくないCMです。

本当に何とかならないものかと、今でも胸が痛みます。

済みません。
私の方こそellis様にご心配をお掛けしまして……。

また時々、お邪魔させて頂きますね。
2010/01/20(水) 11:05:22 | URL | Kasumisou #FU1yOJ7Q[ 編集]
心中お察し致します。
>Kasumisouさま。

> ellis様 初めまして。
ようこそ、初めましてm(_ _)m

>私は一昨年の6月から12月まで難治性の病気で夫が入院している時に、このCMに悩まされました。
ああ、何てこと。お辛かったことと思います。
私の不快さなど、比ではなかったことでしょう。気軽なブログですみません…。

> 入院患者にとっては辛い治療の気を紛らわせる為にもテレビは必須アイテムでした。
> 治療が困難で、苦しい抗癌剤の治療の成果も出ない状況の毎日で、1日に何度も、しかも突然流れるCMに付き添いの家族はチャンネルを変える事も出来ずに体が硬直しました。
どうして制作者サイドは、あの作りが不快だと分からないのでしょうかね。
誰にもいずれ訪れる道ではありますが、そんなものは遠い方がいい。
祖父と両親、兄や友人を思うと、堪え難くなります。
私ですらこれですから、Kasumisouさまのお心はいかばかりだったか。
当方の至らないブログで、お辛いことはありませんでしたか?
もしも当方の記事で思い出したりしてしまったら、本当にごめんなさい。
あのCMはBPOかJAROに訴えてもいいような気がします。

> 同じフロアーには小児病棟もあり、点滴台を押して歩く小児患者を廊下やデイルームで見掛ける度に胸が痛みました。
> 先月夫の一周忌を終えましたが、今も頻繁に流れるCMに憤りを覚えています。
一周忌ですか。この一年、お辛くもやるせなかったことと存じます。
もし自分がKasumisouさまの立場になったら、耐えられるだろうか。とても自信はありません。
Kasumisouさまのお心が早く明るくなるように、あのCMは撲滅を祈ります。
そしてこちらのブログにいらして頂けたなら、少しでも笑ってもらえることがあったら、ellisも幸せです。
お心を強く持って、これからも頑張ってくださいませね。
2010/01/06(水) 20:25:31 | URL | ellis #lkhMWM3g[ 編集]
ellis様 初めまして。 私は一昨年の6月から12月まで難治性の病気で夫が入院している時に、このCMに悩まされました。
入院患者にとっては辛い治療の気を紛らわせる為にもテレビは必須アイテムでした。
治療が困難で、苦しい抗癌剤の治療の成果も出ない状況の毎日で、1日に何度も、しかも突然流れるCMに付き添いの家族はチャンネルを変える事も出来ずに体が硬直しました。
同じフロアーには小児病棟もあり、点滴台を押して歩く小児患者を廊下やデイルームで見掛ける度に胸が痛みました。
先月夫の一周忌を終えましたが、今も頻繁に流れるCMに憤りを覚えています。
2010/01/05(火) 16:29:50 | URL | Kasumisou #FU1yOJ7Q[ 編集]
最初に見たのは。
〉同志姫。

私は最初に見たのが孫バージョンだったように記憶してますわ。こちらも存じておりましてよ。
やはり姫にも不快指数高い……他人事ではありませんものね、お互いに。
ママンが、「最初何だろうと思って見ていたら、ああ、そういうことかと分かって不快になった」と、申しておりました。仲間は多いと信じておりましてよ。
2009/12/31(木) 01:41:40 | URL | ellis #lkhMWM3g[ 編集]
ワタクシもあのCM嫌いでしてよ!
お孫さんバージョンもあるのはご存じ?
どちらのバージョンも不愉快ですわ。
2009/12/30(水) 17:23:38 | URL | 姫様 #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。