羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あれぇ?
あー、やっちまった。年始の呼吸器科の診察を、ものの見事にすっ飛ばしました。
もうこの一年、年末まで見えたような気がしてならない…(泣)。


通院にくたびれ果てる女のサイトへようこそ。
病院に着くまでが、まず難関です。その前に、布団から起き出すのが。


一昨日から昨日にかけての24時間睡眠が祟ったのか、あの後食べたものも飲んだものも口にしたものはとにかく何もかもリバースという、初リバースをかましておりました。
毎年今くらいの時期にやってるような気がするけど、今年はちょっと早くないか?
そして無理矢理自分を眠らせたら、今度は起きるのが辛い。気がつけば、呼吸器科の診察時間はとっくの昔に過ぎておりました……。
いや違う、こんなつもりじゃなかったんだと思いながらも、「呼吸器科行かないんだったら、もうちょっと寝てられるか」と、また寝落ち。おかげで、1時予約の神経内科はともかく、2時予約の精神科にまで遅れを来してしまいました。


精神科、神経内科の順で受付を済ませたら、精神科の看護師さんに「呼吸器どうしたの?」と、聞かれました。
ので、素直に遅れましたと伝えたところ、お薬だけもらってきたら? と言われ、慌てて受付し直し、呼吸器科へ。
今日のellisは、昨日から寝とぼけているんでしょうか。それとも黒ネタの神が憑いているんでしょうか。「診察いいから、お薬だけちょうだいな」の問診票にあれやこれやと書き込んで看護師さんに渡すと、「じゃあお薬出しとくんで、精神科行ってください~。カルテ回しておきますから~」と、言われました。
確認しなかった(できなかった)私も悪いんですが、薬局に行って初めて、処方が間違っていることに気づき、更に投薬の段階で処方単位まで間違われてたことに気づきました。
まあ、少ないよりは多い方がね……いいんだけどさ。アドエア、ただでさえ余るのに二ヶ月分て(泣)。


そんな惨状は後で知ることになるので、ここではまだ何も知らないellisが精神科に掛かります。
「はいー、こんにちはー。どないですかー?」
「はあ、おかげさんとで、どうにか年末年始乗り越えられました」
「ほう、それは素晴らしい」
「お手伝いも割とよくできて、ちょっと自分を褒めてやりたいです」←そんな大層なことは何もしていない。
「手伝いて、何したんや?」
「え、お節作るの手伝ったり…今年は椎茸やお高野(豆腐)の味付けを任されたり、きずし(しめさば)のお酢を調合したり、ごまめ(たつくり)作ったりと、簡単ながらも奥深いことをしておりました」
「え? 自分料理できるん? 意外や!」
そっちの科白のが、意外だ。
「えー? そんなイメージないのにー。へえー、自分料理するんかー、へえー。はあ、人は見かけによらんねえ」
あの、すいません……そんなに意外?
「せんせー、人のことどない思てはるんですか」
「いや、家でパンとかかじってるもんやとばっかり」
……まあ、それも間違っちゃいませんがね(汗)。基本的にellisは料理好きです。ただ、この主治医のもとにやって来た時、私は拒食状態だったからな……。
「洋食より、和食の方が正直得意ですが」
「えー、嘘!? 信じられへんわー!」
驚きも、過ぎると侮辱に変わりましてよ主治医。まあ、そういう生活臭をさせない自分がいけないのかもしれませんが、独身とはいえ私だって一応主婦ですよ。人がいれば料理の一つや二つや三つや四つくらいはします。つーか、させられます。食器洗うのも早い方だしね(魚屋バイト時代の賜物)。
「あと、お菓子も作りますよー」
「いや、それは別に驚かへんな」
あれ? なんで?
そんなに私に和食のイメージがないのか。おや? 白和えと千切り大根(切り干し大根)となら、心中できるほど好きだと思ってるのに。
こんな話がくどくどと続きましたが、ロ●プ●ールを4mgから3mgに正式に減らしてもらいました。主治医にお年玉です。
ちなみに私、ロ●プ●ールは2mg錠のあの大玉が大好きだと思っているのですが、それを察したのか、いつもなら1mg錠を3つにするところ、2mg錠1つ、1mg錠1つという大変面倒な処方にしてくれました。
ありがとうございます。この調子で頑張って、2mg錠1つになればなあと心から思っております。


神経内科…は、また待ちそうだったので、さっさとお茶へ。
帰って来てちょっと待ったら、すぐに呼ばれました。
神経内科の主治医、私の顔を見て一言。




「あれ? 顔むくんでない?」




ひ、ひぃいいいいいーーーーー(絶叫)!! む、むくみですとーーー!?
やはり昨日のリバース大会が堪えているのか、それともどんだけ血行不良ですかかどっちだ?
原因は、やはり睡眠過多にあるのだろうということで落ち着きましたが、むくんだ顔で平然と歩いていたのかと思うと、空恐ろしいです。あああ、半身浴、半身浴。リンパマッサージ。収斂化粧水にあと何がいるー?
一瞬のうちに、そこまで考えが駆け巡って羽ばたいて、飛び去っていきました。年始パニックがまだ継続中なのかも。
ところで新年早々の受診ですが、診察室に行くとどこも一つ機械が増えていました。
正確な名前は覚え損なったのですが、レントゲンやCT、MRIの結果を、フィルムを持って来なくても見られるようにしてくれるものらしいです。
そんな新機械導入で、神経内科の主治医もちょっと嬉しいのでしょう。2年くらい前の私のCT画像を出していました。
「いや、歳の割にみっちり詰まってる頭やで?」
今のは褒められたのかけなされたのかどっちだ。
「えー? でも今なら振ったらからからって音しそうですよ。中身ないもん」
「いやいや、この様子やったら、まだまだみっちりしてるね。よかったやん」
……そういう問題か?
そういう問題、なんだろなあ。まあ萎縮しまくってるよりはいいんですが。その割には、とんとおつむの働きが鈍いのはなぜ。
いつもいつも待ち時間を地階で過ごしていることを知っている看護師さんが恐縮してくださって、次回の予約はとうとう呼吸器科に合わせて午前にされてしまいました。午前の予約でも、診てもらえるのはきっと午後3時くらいだろうけどね。


そして投薬で恐ろしい現実に出会い、ぶらぶらと歩きながら帰ってきました。
もう日も暮れて真っ暗。夜風が冷たいです。冷たいですが、「これでむくみよ、飛んでいけ~、飛んでいけ~。引き締めて~、毛穴から引き締めて!!」と、おバカなことを思いながら歩いておりました。
水分の調整不足だから、そこに活路を見出すのは間違ってるんですがね。
明日は確か初フルートレッスン。こちらも顔がむくまないよう、今日はがんばって起きていようと思います。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。