羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一人ランナーズハイ。
今日はマクドで寝落ちしそうになることもなく、無事フルートレッスンに行けました。
そりゃあ昨日まで散々寝てるんだもんな。眠いはずがないよ。
これで眠かったら、過眠で精神科に報告に行かねばなりません。


フルートレッスンは、久しぶりに三人揃ってスタートとなりました。
1/31にあるクラスコンサートですが、発表曲が若干変わって、ベートーベンの『アレグロとメヌエット』のアレグロ部分と、『ハウルの動く城』の主題歌、『世界の約束』(リンク先、音が鳴るので注意してください!)をやることになりました。
先週もらった楽譜には1stと2ndが並べて書いてありましたが、主旋律の多い1stを中心にさらっていました。
そのままでパート固定と思った私は、先生に「私、2ndやりますー。その方が先生の3rdパートも聞けて楽しいから」と、メール。
お返事は「明日は二人交互にやってもらうつもりでいたから無問題よ」というおっそろしいものでした。
ああ、先生の天真爛漫な笑顔が見えるようだ。
なので必死に、midiを聞きながら予習、予習。リズムさえきちんとつかめれば、そんな難しい曲ではない…はず。




ということは、「情感たっぷりに」ってかーーー!!




レッスンが始まったら、女子高生ちゃん2とKさんが1stから始まって、ダルセーニョで最初に返ったら2ndへ行ってそのままコーダへ行って終わりまで。私はその逆で、2ndスタートで1stで終わることになります。
結論。予習しててよかった!!
予習しててアレかよ。と、無様な私をあざ笑うブラックellisがいますが、無問題、気にしない。予習してなけりゃ、もっと恥をさらしたんだ。
2ndから始まる私が、若干アレンジ部分の多い担当となりますが、私は2ndから始まった方が1stの苦手な場所吹かなくて済むし、Kさんも2ndの嫌な部分吹かずに済むので、思わずがっしと手を取り合いました。気が合うね!!
女子高生ちゃん2は、試験があるのでクラスコンサートにも不参加だそうです。ってか、先生がもう数に入れる気、あんまりなさそうだ……。


ちなみにellis、今年も受付を頼まれました。はーい、今年もデパガ喋りのellisが見られますよー(笑)。
しかし算数には疎いので、もう一人誰かを追加してもらうことになりました。
Kさんはもういっぱいいっぱいです。発表会みたいなのに出るの、3年ぶりくらいだし、そりゃ緊張するよなー。
大丈夫、ヘタレなellisがついてますから。




ダメな時は共倒れ




ですから!! 自信もっていきましょう(どうやって)。
うーん、でも本当、ああいう発表の場面って、割とさーっと流れていっちゃったりするんですよね。あんまり肩に力入ると、却って前のめりになってこけちゃいそうというか。
♪時の流れ~に身をまかせ~♪
こんな感じで行くと、うまくいくんじゃないでしょうか。無責任ellisが言うと、説得力ゼロだなー。
翻って私はといいますと、緊張が高まるほど「楽しそう」と言われます。きっとアドレナリン出まくって、一人でランナーズハイになってるんだわ。脳内麻薬が出るほど緊張するんだわ。
……結果楽しければ、それでいいじゃありませんか。
こんな感じであと一回の練習を残し、本番が控えています。迷惑かけないように練習しつつ、適度に力抜いていきます。
願わくば、人生においてもかくありたい。毎日肩パッド入ってるように力が入った精神生活を送るellisでした。
音楽というか、楽器はいいです。自分の肩に力入ってるのも分かるし、終わった後すっきりするし。
よーし、今日は早く寝て明日に備えるぞっと。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:今日のつぶやき - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。