羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おしゃまさんの来訪。
20100208000301

リラックマ守りです。
うどんの国、白鳥神社というところで売っています。
他にもいくつかバージョンがありましたが、コリラックマもいる、このデザインを思わず選んでしまいました。
……普通のお守りや、花を象ったきれいなお守りも売っていますよ? 念のため。
カンペキ見せるお守りなので、フルートのケースカバーにつける予定です。


おしゃまさんなお客様をお迎えした女のサイトへようこそ。
姉妹って……強い。


今日は立春を過ぎて初めての大安、しかもうどんの国は快晴(新潟の雪のニュースには心が痛みました…昔、雪がそれなりに降る国で住んでいた者としては)。厄除けにはうってつけの日!
……だったのかどうかは分かりませんが、お札を頂きに行ったお寺は、よく混んでました。遠くは東京の人もいて、驚いた次第です。


さて、後厄のお札ももらって白鳥神社でリラックマ守りも買って、ご飯も食べて帰ってきました。
コーヒーを飲んで寛いだら、「ぴんぽーん」。
ん? 誰か親戚でも来たのか? と思ったら、お隣りのおちびさんたちの声がします。何かあったのかなあと思ったら、何やら親子喧嘩をやらかして、おちびさんたちのママンが家を出て行ったそうです。それで残された姉妹二人で相談して、「隣のおばちゃん(うちのママンです)の家」に行ってみることにしたのだとか。
ママンが家出しちゃいかんだろ……。
ま、おちびさんたちがどっかに飛び出して行くよりはいいか。
とりあえず上がってもらって、ジュースとチョコレートを出しました。


お話を聞いてると、これがまあ、おしゃまさんな姉妹なんですよ。おばちゃんもうよう言わんわ、って感じに。
でも私自身、かなりこまっしゃくれたジャリタレだったので、人のこと言えません。
お姉ちゃんの方はこの間胃腸風邪を引いたらしく、「赤ちゃんを産むよりお腹が痛かった」そうですよ。ちなみにお姉ちゃん、小3です(笑)。
下の子(本当は真ん中らしい)は、「大袈裟だよ、あんた」と、超クール。
お姉ちゃんの答えは、「あんたも体験してみれば分かるわよ」でした(笑)。
他にもラブレターを書いたお話を聞いたので、「バレンタインにあげるの?」と聞いたら、「えー、どうしようかな。あげるか、うーん……」と、すっかりレディの表情でアンニュイなため息(笑)。


おしゃまさんたちのチェックは、ellisに波及します。
ピ●コのファッションチェックかよというくらい、髪型から着てる服、アクセサリーにツッコミ入ります。
なんか、気の抜いた格好してなくてよかったと思いましたよ。お出かけの後のズボラで、着替えてなかっただけなんですがね。
ちなみにellis、「20代に見えるね」と言われたので、年齢詐称することにしました(笑)。ははは、おたべの国では未だに学生さんに間違われるアホですよ!


「嵐って知ってる?」、「SMAPは?」等ジャニーズ系にも話は飛びました。
ごめんよ……お姉ちゃん(厚かましい)、ヒガシが永遠のアイドルなんだ……。そーいう年なんだよ(笑)。
そういえば、ダスカリデスで山のようなチョコを買った私、木製ハート型のストラップをたくさんおまけにもらいました。一人で持ってても仕方ないので、おちびさんたちとそのママンにおすそ分けすることに。
かなり気に入った様子で(気持ちは分かる)、二人してずーっと出したりしまったりしているんですね。もう、可愛いなあ。
文旦をママンと二人でむいてあげたら、お姉ちゃんが「お母さんと仲良くていいねえ」、「お母さんと一緒に住めていいねえ」と、慰められてしまいました。
いや、あんま一緒には住めてないし、離れてるから仲いいんだよ。……という言葉は飲み込んで、「大人になると仲良しになれるんだよー」と言っておきました。これは本当ですしね。
しかしお姉ちゃん、これはママンとの喧嘩を相当後悔しているなと思わせます。ちっちゃくてもやっぱりお姉ちゃんですね。
下の子は内弁慶らしく、かなりクール&ドライにお姉ちゃんにツッコミ入れてました。これはこれで、いいコンビだ。
ハイテンションに場を取り仕切るお姉ちゃんに、「うるさいよ」、「そんなことばっかり言うんじゃないよ」と、ツッコミ続けてました。パパンは真ん中で苦労した人なので、自然と下の子を構います。なんかシンパシーでもあるのかなあ。


そのうちおちびさんたちのママンが帰って来たので、おちびさんたちも帰ることに。
うちのママンが送って行った(と言ってもお隣りだ)のですが、すいっと家に入って行った下の子に対して、お姉ちゃんは玄関前でもじもじしてたそうです。個性出るなあ。
後で両親とどっと疲れる(というか刺激的だった)のですが、おちびさんパワー、すごいわ。
ellisも本来なら子供の一人や二人いてもおかしくない歳なんですがね。


「またおいでね」と言ったら、素直に「うん」と言われて、嬉しいような、困惑するような(笑)。
日曜の昼下がりに、とんだおしゃまさんたちの来訪でした。ママンと仲良くしなよ……(苦笑)。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。