羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ちりが積もって山になる。
呼吸器科の診察が、来月から月曜になるみたいです。
というのも私の主治医、忙しすぎて年々診察からは手を引く傾向にあるよう。
この次は主治医交代かな。


一人ひなまつりを敢行した女のサイトへようこそ。
……むなしかー。


さて、今日は目覚ましを二段階に掛けておいたのに、そのどちらにもたいして反応せず、起きたら真っ青になれる時間でした(汗)。
慌てて着替えてメイクして、バスに間に合うかと思ったら間一髪で逃し(この使い方、合ってるのか?)、やむなくタクシーカモン。そうしたら病院へ入るまでにすごい車の列が出来ています。
タクシーのおっちゃん曰く、「毎週水曜日はこんなんやでー」と。本当に水曜が混んでるんだな、この病院。水曜日に何かあるのか? どっか特別な診療科か特別な先生でもいるのか?
どうにかたどり着いて、受付。呼吸器科→神経内科→精神科です。終われば呼吸器科にダッシュします。院内は静かに。走ったりしないように…。
するとマッハで呼び出しを受け、5分で呼吸器科の診察が終わってしまいました。


仕方ないので、神経内科に行くと、「今日だいぶかかるから、先に精神科にカルテ回しときますね。じゃ、お昼ごゆっくり~♪」と、送り出されました。
ははは…。
地階のタリーズで、あんドーナツが出ている事に気づき、昼食代わりに。そうしたら、もう1種類の新作ドーナツがちょこっと試食でおまけについてきました。おお、ラッキーだ。
ほくほくしながら席に着いたはいいものの、落ち着きません。地階だからってんで、ケータイの電波も届かないし。
ellisのケータイは、実家から何かあった時のために24時間フルオープンしています。本当は寝てる間とか切ってたいんだけど(あと原稿中とか)、なかなかそうはいきません。
なので電波の届かないところに行くと、落ち着きがなくなります。お前は『絶望先生』の芽留ちゃんか。
しかし時間はつぶさねばならない。時間は12時を少し回ったところですが、精神科の予約は2時だ。
本を読んだりして時間をつぶしていたら、御飯時でお客が多いせいか、バリスタのお姉さんがドーナツの試食を配り始めました。私、もうもらったし。と思っていたら、「もう一つどうぞ~」と……。
いや、大概お腹いっぱい……でもありがとう。
だから太るんだろうか。首を傾げながら、コーヒーのお代わりを頼みにいきました。


もうダメだ、もう限界! ってなったのが1時45分。15分早いけどいっか。というわけで、タリーズを後にして精神科へ。
これまたこんな日に限ってすーっと呼ばれ、待ち時間がないのです。あああああ、もうちょっと待ってもいいんですぅー。今日ばかりはー(泣)。
精神科の主治医には、わくわくと「レメロンどう? 効いてる?」と聞かれました。
うーん、それなりに喜怒哀楽がよく出るようになったし、外出もそれなりにできるようになってきたし。最初の時ほど劇的ではないけど、じわじわ効いて来てる感じです。毎年この時期にへばってることを思えば、夢のような光景かもしれない。
主治医と原稿は朝書くか夜中に書くかどっちがいいだろうねえという話をしていました。
「司馬遼太郎さんが朝書く人やったらしいな」
「へー、そうなんですか。宮部みゆきさんは9時5時で書かれるそうですね。会社勤めな感覚で」
「ほうー、で、貴女もどうですか、朝に変えてみたら?」
「うーん、どうしよかなー。試してみよっかなー」
「ほな、ロヒプノールいらんよね。朝から頑張るんやもん」
「いやいやいや、それとこれとは大違いですよ?」
「あ、そうなん? じゃあPZC減らす?」
「減らしたいのは山々なんやけどね、せんせー。私、かくかくしかじかな症状に悩まされてるから、たぶん減らしたらあかんと思うよ」
「そんな症状、いつからやねん」
「去年に1回か2回ほど言うた気がするなー」
「……去年…。去年ねえ。あ、あったわ。12月になんか言うてるわ」
「あ、やっぱり」
「ほな減らされへんやん」
「減らしたら痩せます?」
「いや、たいして変わらんやろ。諦め」
「はーい…(泣)」
「ほなまた2週後においでくだっさーい」


嗚呼、精神科もスムーズに終わってしまった。
仕方ないのでのほほーんと待っていたら、2時間ちょっと待ったあたりで呼ばれました。
「マクサルトどう? 効いた?」
「あー、効いた感じです」
神経内科の主治医に、今日は顔がむくんでないかを綿密にチェックさせる私。立派に強迫の域に入る気がしてなりません。
とりあえず、食べてないのに太る(太る人は大抵「食べてない」と言うらしいが、その実きちんと食べているらしい)、むくむ、月の恩寵がたがた、足がつる、などをつらつらと訴えると、4週後に甲状腺機能を含めた検査が決定しました。
11月の時点で、FT3、FT4共に上がっているのにTSHも上昇中だったんで、「おかしいねー」とは言っていたのですが(本来ならTSHが下がるはず)。TSHがこれ以上上がると本気で厄介っぽいです。
でもこれって、神経内科でやるべきことじゃなくて、内分泌科か内科でやることだよな。
内分泌科は糖尿内科としてしか機能してないように見えるし、内科とは果てしなく相性の悪い私。すいません、神経内科の主治医。お使い立てしまして……(反省)。
結局検査戔を出してもらったら、マクサルトを3回分と、あとはいつもの筋弛緩薬を出してもらっておしまいです。
またも看護師さんに、「次、何時にしましょう?」と気遣われてしまったので、「いつでもいいですよ。どうせ精神科と抱き合わせになっちゃうし(笑)」と告げたら、今日と同じ13時予約になりました。
今日は午前予約の人が15時過ぎまでもつれこんでましたからな…。主治医もさぞかしお疲れだったことでしょう。思わずおやつを進呈してしまいましたよ(苦笑)。


投薬はどうかなー、と思っていると、予想より早く呼ばれかけ…たのです。
が、ちょっと前に呼ばれた時いなかった人が受付にやってきたため、私担当の薬剤師さんが投薬をすることに。
ちょっと! あたしの順番を返せっっっっ!!
と思いかけましたが、どうにかセーーーブ。
会計その他を全部済ませると、ひなまつり用に出ていたちらし寿司とあさりのおついを買い(蛤は高い。潮汁って案外難しいし)、サラダの材料(今日はオクラサラダ)を買い込んで帰って来ました。
昨日姫から頂いたあられをおいしく食べつつ、サラダ作り。一瞬トッピングにしたくなったのですが、友の厚意を踏みにじるような気がしたのでやめました。
出来上がったらさーっと頂いておしまいです。ひなまつり、これにて終了!!
うん、節分の時と同じ切なさがじわじわと来てる(泣)。
食っておしまいという、この構図をどうにかしなきゃな。
確かに食べている。太るものはそんなに食べてないはずですが、ちりも積もって山となっているのでしょうな。
4週後の検査結果がもう見えるようですよ。「健康優良児」って(泣笑)。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。