羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ネタになるわよ。
いやいや、そっちのネタではありません(汗)。
持ち曲としてのネタって意味ね(苦笑)。


練習不足を大いに嘆く女のサイトへようこそ。
しかし一番嘆きたいのは先生に違いない。


漢方、大方の予想通り逃しました。だって寝付けたのが午前5時…。キャスバル兄の家に行ってからこっち、マジで体内時計が大狂わせですよ。
かといって、勤労という尊いことをなさっているキャスバル兄に文句など言えるはずもなく。妹は貝の子で体調整え中です。
漢方は3回先の予約まで取っておいて、それからまたダウン。次に起きたら「きゃー!」な時間でしたよ。
ああ、髪洗ってない、眉整えてない、何より練習してないーー!!
根性で髪を洗い、郵便局に行く用事もあったしで、到着したら既にレッスン開始から5分経っておりました。とほほ…。


女子高生ちゃん2が来そうにないので、いきなりバッハの「ポロネーズ」から始めましょうかと先生。
はぅあ~、楽譜見るの一週間ぶりな私には不安がMAXです。
そんな空気を感じてくださったのか、スケール(ロ短調)の練習をさらさらとさらい、コードごとに音程を上げたり下げたりして指慣らしです。
では。
ちゃーらちゃっちゃっちゃーらららー♪
あ、既に臨時記号一つ間違えた。モデラートでこれだ、32分音符が乱舞するドゥーブルが思いやられるぜ。
………。
案の定、惨敗。Kさんはしっかり練習して来たんだろな~って感じでそつがありません。嗚呼、私がぐーたらしてる間に水を開けられた(もとから開いていたという話はスルーしますよ)。
ドゥーブルというのはバロック期における変奏曲…みたいな意味合いでいいのかな? 曲の中間部にあって、「ポロネーズ」ではモデラートの後にドゥーブルを挿み、繰り返しなしのモデラートに返って来て終わります。
聞いたら、「どこが変奏曲やねん、別物やないかい」という気分でいっぱいになりますが、そこはツッコんだら野暮なんだろなあ(涙)。バッハの頭の中では変奏曲だってことで。


ドゥーブルの部分、スタッカートにする箇所、スラーにする箇所、テヌートにする箇所と分かれます。それを書き込んで(スラーは基本書き込んであるし、何もないところが基本スタッカート。なので書き込んだのはテヌートの部分)もう一度。
……記号を見ていたら音符についていけず、音譜を見ていたら記号をすっ飛ばします……。
練習せな…。久々に強く思いましたよ。普段からちゃんとやっとけ言うの。
先生が、「これ出来るようになったら、一曲持ちネタで披露できるわね~。これが披露できたら格好いいわよ~」と。
……一夜漬け体質のellis、大丈夫でしょうか。一年後にはきれいさっぱり忘れてたなんてことになりはしないでしょうか。……激しく今後が心配されます。


気分転換に『ビューティフルドリーマー』を。フォスターの遺作、名曲ですね。
しかしこの曲、実家でポットの保温設定の曲になっていて、妙に甲高い(ちょっとイラッと来る電子音の)ビューティフルドリーマーが、一番身近な音源。悲しいな…。
「ポロネーズ」が♯2つ(ファ、ド)だったのに対し、こちらは♭2つ(シ、ミ)から3つ(シ、ミ、ラ)と変化します。確実にミ♭忘れるー(滝汗)。未だに楽譜読めない私のバカ……。
この曲も練習します。地道に、何事も地道にね…。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:今日のつぶやき - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。