羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
檸檬は傷まない?
うーーーーむ、ellisの稼働効率が落ちる時期が来ましたよ。
まあ、毎月のことなんで気にしていてはいけないのですが…。PZC、やっぱり一日3錠12mgいるなあ。活動が鈍るったら。


書店の棚を眺めていないので禁断症状が出ている女のサイトへようこそ。
ぶ、文庫の棚……。こう、すぱっとずらっと並んでいるのを丹念にチェックするあれがないと…がくっ。


明後日(木曜)には、書店の棚を眺められる上に買い物できると思うのですが…。
ええ、今度こそ木曜には漢方に行きますよ。体調ガッタガタなもんで(泣)。
ママンに電話したらおつかいも言いつかっちゃったし、何が何でも行かないと。
河原町に丸善がなくなって随分経ちますが、やっぱり不便です。四条河原町のブック●ァーストは棚が見づらいし、BAL(ビルの名前)に入ってるジュ●ク堂は平積みが見にくい。
別に丸善がサイコーって言ってるわけじゃないですよ。ただ、慣れてただけです。文具も充実してて楽しかったし。
あと、棚の高さも気になるなあ…。それから立ち読みされまくって傷んだカバーの書籍は買いたくないし、最近よく見かける買い物かご、あれは感心しません。本の角が傷むでしょ(血涙)!?
角が傷んでいいのは、入手してからの話……。
精神科の主治医には「いつやー、いつ丸善できるねんー」と、急かされてますが、とっくの昔に辞めた一アルバイトが、そんなこと知るわけないじゃないですか。
ただ、やっぱり梶井基次郎の『檸檬』に出て来たお店(檸檬を買った果物屋さんはまだあるんですよ)。文化的な意味合いも込めて、なるべく早く立ち直って欲しいものです。
……が、この出版不況では難しいのかなー(泣)。大学に入っておたべの国にやって来て、丸善で大感動した女ですからね、私(苦笑)。どれだけ田舎にいたのって話になりますが、おたべの国の文化レベルの高さにはびっくりしました。それも最近崩壊してるような気がするけど…。


さあ、以上を踏まえて、木曜はどの書店に行こうかな。
『アンブロークンアロー ー戦闘妖精・雪風ー』を買いたいんですよ。出てからもう長いですね。読める機会をうかがっていました。
この間、同じ作家さんの『敵は海賊・短篇版』がすらっと一気読み出来たので、この調子ならいけるかな? と。
本当は『敵は海賊』シリーズの最新作が出ればいいのになー。と、思っている私です。
ちなみに私、丸善でこの神林長平さんと田中芳樹さんと梶尾真治さんの話を、30分ほどバイトの面接で熱弁して採用されたという異色な経歴の持ち主でもあります。
後に聞いたところによると、こんな可哀想な奴は書店で働かない限り生きていけないだろうと判断されたのだとか。ついでにお給料の何割かは売り上げになって還って来るしね。だったそうです。
いやあ、店も店長もご機嫌(だったのか?)な時代でした。
書店からは少し離れてしまいましたが、書籍とは頑張って関わろうとしている成長しないバカがここにいますよ。


そういや丸善には、所々に檸檬を置いていかれるお客様がいらしたのですが(実話。本当です)、檸檬って傷みませんよね…。
柑橘類のあの傷まなさ(温州みかんを除く)は、何がかかってるのかと疑いたくなる日持ちの良さです。
ではその日持ちの良さを見習って、原稿に励みますか。……かなりだるいけど……うう、頑張る。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:今日のつぶやき - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。