羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
何もかも足りてない。
イレギュラーに精神科に掛かってきました。やっぱ日中(特に昼過ぎから)落ち着かないので、PZCを朝晩2回の処方に戻してもらうためです。


「PZC、効いててんな」と、感心された女のサイトへようこそ。
聞き捨てならんとですよ、主治医! ellisは常にプラセボな女ですか、そんな目で見ちょりましたか(血涙)!!


午前中に行こうかなあとも思ったのですが、予約票には「診察の変更などは午後2時からお願いします」と書いてある。仕方ないので1時半頃電話しました。保健所に寄るので、大体2時くらいに着くかなあという旨を伝えてタクシーカモン。
なんだってこんな不便な場所にあるんだ、●京区保健所…。と、書類提出の今頃、毎年思っています。
どうにかこうにか書類提出が終わったら、病院へ行って受付。タイミングが良かったらしく、すぐに呼ばれました。
「なんやー、調子悪いんかー?」
「やっぱだめです、PZC減らせません…」
実はこの一週間、外出する時などは過去の蓄積分から持ってきて、1日2回飲んでました。でないと動けなかったんですって。
つまり、昨日も一昨々日も、先週の木曜も、外出先で「むー、みぎー(意味不明)」と唸りながらPZC飲んでたってことです。
「具体的にさあ、どんな感じするのん? 詳しい教えてえな」
と、主治医が難しいことをのたまいます。
一番分かりやすい例えは、『カイジ』の「ざわ…ざわ…」なんですが、それを言ったって、分かってもらえないだろうなあ。そう思っていたら。
「『カイジ』な、あれも結構曖昧やんか。もっと具体的に、もっと詳しく」
あれ? なんで『カイジ』が通じるんですか。
「せんせー、『カイジ』知ってるんですか?」
「そらもう、漫画なら任せてよ?」
あれ? 文学中年だったイメージはどこへ?
もしかして私と同じく、ただの雑食派でしたか?
「ここ3年ばかしはあかんけどなー、結構読んでるでー」
「もしかして『デスノート』とかもいけるんですか?」
「あー、読んだよー。あと何読んだっけなー」
そーいや、前に『神の雫』とか言ってたな。
ちなみに『カイジ』の「ざわ…ざわ…」は、こんな感じ。頭の中がこれだと、ちと辛いのよ。
「あーあ、せっかく減らしたと思ったのにー。ほな、PZC効いてたんかー。しゃあないな、もう1錠増やしましょか」
なんかダイエットに失敗した女子大生みたいな口調ですが、こんな経緯でPZCが1日2錠に戻りました。ほっ。
しかしお願いごとをするには、まず書籍の話題からか。私はここしばらく、読書どころではなかったのですが。
「食欲あるー?」
「これっぽっちもないですー。漢方の病院で夏バテ処方が出ましたよ」
「漢方~~~~~~~? あんなもん効かんやろ? なんで漢方なんか飲んでるのん」
「…まあ、生理不順やったり、いろいろ」
「婦人科行ったらええやん」
「どーせ漢方が出るやん。それとも何かええ薬知ってはるんですか?」
「いや、私は知らんよ?」
じゃあ文句つけるんじゃねええーーーー!!
「あーんな、飲んでも飲んでも効いてるかどうか分からんようなもん、やめときゃええのに」
「結構効きますってば。そうバカにしたもんでもない。WHOかて調べたやんか」
「あんなん、ほとんど調べてへん、調べてへん。まったく、効きもせんのにむやみに高い。これはどーいうこっちゃねん、なあ?」
いや、そこまで漢方を否定する主治医もどーいうこっちゃねんですよ。
何か嫌な思い出でも?


薬剤師さんには、「……減薬、ダメでしたか…」と、ため息をつかれてきました。
そもそもは、主治医の押しに負けて減薬にゴーサイン出した私が悪いので、この場合は自業自得ですな。
投薬が終わると、シャトルバスの発車時間ギリギリだったのでダッシュ。これで最寄り駅まで行けます。
今日は昨日(バーゲンで)買ったサンダルをおろすわよ、履き慣らすわよ、と、思っていたのです。なのでその足で河原町まで出かけます。
河原町には用事がありました。ママンのお使いのスキンクリームを買うのと、ロフトで父の日カードを買うこと。
母の日カードの時は売り場がすごいことになってたけど、父の日カードってあるのかな。そこから疑問です。
で、ロフトに行ったらありました。でも扱いが母の日に比べて4分の1くらいな上、「父の日だけどおじいちゃんへ」などというカードも何種類かあって、世の中のお父さんバロメーターが著しく低いことが分かります。
みんな頑張ってるのに…。なんか切ないよ…。
とりあえず気に入ったものを買って、タリーズでお茶しながら、MUJIにも用事があったことを思い出しました。
普段使ってるクリームファンデーションの容器がガラス製で重く、めちゃめちゃな量が入ってることもあって、小分けのクリームケースが欲しかったのです。あと、メテオリット(フランス映画に出てきそうな(たぶん出てるだろう)、色とりどりのカラーボールがたくさん入ったフェイスパウダーです)も丸ごと持ち歩くもんでもないので、いる分だけ分けておきたいからやっぱり容器が欲しいよと。
で、思い出したはいいのですが、場所が思い出せない。えーっと、確かこの近くにあったんだよ。えーーーーーっと、こんな感じの内装で、あんな感じのエスカレーターがあって、下がリビングとか衣類で、上が文具とかお菓子とかで。
えーええっと、入り口は確かこんな感じ……いやいや、ちょっと待て、それはうどんの国のMUJIだ。
えーえええ、どこだっけかなー。と、横断歩道渡ってすぐのビルにあるというのに、思い出すまで30分近くかかりました。ものすごく「あー、疲れてんだ、あたし」と、思った一瞬です。


頭も疲れてるし足も疲れてる(ウェッジヒールで、先がちょっと細くなってるのって思ったより歩きづらいよー)ので、INOBUNをうろうろした後帰ることにしました。INOBUNでは、昨日一目惚れしたカチューシャがあったのですが、今日既に売れちゃってて…悲しい。
戻ってきた最寄り駅で、とりあえずオレンジジュースを飲みました。頭の中、たぶん糖分不足。ついでに寝不足(PZCが減ってから、眠りが浅くて短くて困ってる)。
家に帰ったら、足の裏がありえない皮のめくれ方をしてて笑いました。もう笑うしかないですよ(泣笑)。
これも履き慣らし。明日、新幹線と快速の乗り継ぎは大丈夫かなー。8分だったら結構ダッシュだし…。このヒールの高さ(推定7センチ~10センチ。私はどれだけ大女になるつもりだ…)だと、こけたらシャレにならない。
明日、気をつけて帰省します…フルートレッスンが終わったら。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。