羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ジオン祭(嘘)!!
おはようございます。今日はロヒプノールを増量しているので、いつもより快適な睡眠を得ているellisです。
最近寝る時は、髪の毛を片側おさげにしています。朝起きたとき、汗で首周りがものすごい鬱陶しいんですよ。それで。


今朝は早くから四条通が人で埋まってるのかなと思う女のサイトへようこそ。
なかなかパネェ暑さっぽいですが(室内既にエアコン)、皆、命は大事にな!! 特におじいやおばあ!


今日はジオン祭祇園祭の山鉾巡行ですね。雨が降らないといいよなー、と、疾うに他人事。
学生の頃、「祇園祭を見に行ってレポートを書きなさい」というテーマがあったのですが、当時の私。




けっ、んなもんやってられっかよ。




変わってませんねー。悲しいほどブレませんよ。
そのレポートはどうしたかというと、結局大学の図書館で祇園祭について調べて、さも見て来たかのようにでっち上げました。
でもね、その教授もよくないんですよ。確か提出日が、7/18だったか20だったか。「祇園祭についてのレポート」というなら、それこそ一ヶ月みっちり見聞しなきゃいけなかったはずなんですが。山鉾巡行がすべてみたいな考え方は気に入らないぞ。
まあ夏休みとかぶるし、仕方なかったのかな。じゃあそんなテーマ出すなよ。国文科の中世(平安文学)担当の教授だって、「葵祭見て来い」なんておっそろしいことは言いませんでしたよ。特等席は教えてもらいましたが(笑)。


さて、ジオン祭祇園祭には行かない私ですが、来週に大阪の天神さん(天神祭)には行ってきます。観覧席のチケットが手に入ったと、両親から連絡があったんで。
「うわぁー、天神さんやー。賢うなるかなー」
と、ママンに言った、既にアホな子の私。
昔は祭り囃子で血が騒いだタイプなので(それでも何度か人ごみで貧血を起こしている)、やっぱりわくわくします。
ジオン祭祇園祭は、なんかいまひとつ気乗りしないというか…。それを言うなら、京都の三大祭全部に気乗りしないんですがね。京都市民失格だな。
あそこまで規模が大きいと、却って醒めちゃうんですよ。でも大きくても、例えば東京の三社祭なんかはぐっと来ます。たぶん活気の差。私の中ではお祭り=格式<活気なんでしょう。
それでも浴衣姿の子たちがうろうろしてるのを見ると、微笑ましくなります。この間のフルートレッスンは宵々山だったので、浴衣姿の子もたくさん見かけました。一瞬「あー、私も今度レッスンに着物着て行こうかなー」と思ったのですが、肩上がんないと困るし。ついでに脇が開いている状態って、着物では美しくないので却下。
だからといって、チャイナドレスで行ったりはしませんよ。あれ、今サイズ合わないなー(泣)。もうすぐ合うだろうけど、その頃にはたぶん季節が動いてる…。とてもお祭り気分では(汗)。
いえまあ、おたべの国は、年中なにかしらのお祭りなんですけど。


去年だったか一昨年だったか、山鉾巡行の日に漢方に行こうとしたら、午前中なのに四条大橋に陣取ってるおじいとおばあの組み合わせを多数見かけました。あの日も今日のようにお日様さんさん、気温はぐんぐん上昇中でした。
……死人が出なかったことを、切に祈ります。
ニュースにならなかったから、たぶん大丈夫だったんでしょうけど。今年もそんなことがありませんように。なーむー(神事に南無とか言うな)。
甲子園名物のかち割りを売ったら、絶対いい儲けが出るだろうに、と思っていますが…。こんなこと考えるの私だけなのかなー。
大阪人な私の思考が間違っているのでしょうか。
でもかち割りはいいよ。氷の間は頭冷やせて、溶けたらがーっと飲める。冷たくて気持ちいいー♪
味はつけてない方がいいです。べたつくし、却って喉乾くし。


おたべの国へいらっしゃる方、地元民で楽しまれる方、皆様にとってよい一日となりますように。
ellisは今日も引きこもっております(笑)。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:今日のつぶやき - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。