羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
四つ葉だよ!
四つ葉だよ。
なんと、四つ葉のヤサカタクシーに乗ることが出来ました。
1400台の中の4台、そのうちの1台です。


実はこの一ヶ月、このタクシーには2回乗りそびれていました。
いずれも漢方の帰りに、同じ通りで見かけたのですが、一度目はバスに乗ってから後ろにいたことに気づき、二度目は近すぎてこっちに気づいてもらえませんでした(泣)。
今日もバスを待っていたはずなんですが、気がついたら手を挙げていましたよ(笑)。


三つ葉です。
ちょっと遠いけど、これが本来のヤサカタクシーのマークです。おたべの国ローカルだと思っていたら、関東にもあるのですね。びっくりしました。
何度かここでもネタにしている四つ葉のヤサカタクシーですが、正直な話、見慣れないせいで違和感です(苦笑)。
やっぱりこっちの三つ葉の方が、見慣れていて馴染んでます。
ちなみにellisが病院に行く時のタクシーカモンは、このヤサカタクシーです。某MKさんは、うちの住所を言ったら「畑だ」と頑なに譲ってくれなかったので、もう説明するのをやめたのです。流しでは時々捕まえますよ。


で、なんで四つ葉のタクシーなんてできたのかというと、ちゃんと理由があるらしいです。
それがこちら。
なれそめ。
読めるかな。クリックしたら拡大しますので、どうぞ(何を?)。
素敵なお客様の感性で、こんなレアタクシーができたのですね。
別に内装が違うわけでもなし、乗り心地が違うわけでもなし、ただマークが四つ葉なだけなんですが、なんでこんな嬉しいんだか。
捕まえ損ねた時は、心底「ちっっ!」と、舌打ちをしてしまいました。お行儀悪~い。
この四つ葉を、無線で指名する方も多いそうなのですが、指名、待機ともにしないそうです。流しオンリー。
なので、見かけたらまずラッキー。乗れたら更にラッキー。きっといいことあるよ。こんなわけです。


乗車特典。
乗車記念ということで、四つ葉のシールをもらいました。下にあるのは、裏に入っていたおまけのシールです。
なんだかラッキーというよりは、執念で勝ち取ったみたいな気がしなくもないですが(苦笑)、なにかいいことあるといいなあ。
フルートの教室に行ったら、みんなに「宝くじよ、宝くじ買わなきゃ!」と言われて来ました(笑)。
うーん、でもなんかいいことがあるんなら、どっちかというとパパンやママンにいいことがあるといいです。
私はまあ、自力でできるだけ頑張るよ。それよか今、エビリファイ12mgの初日にくらくら来てますから(泣)。
どうやら教室に着いたときの私の顔色はドドメ色だったらしく、先生が「今日は無理しないで、気分転換しましょう」と、おしゃべりに興じていました。
力がうまく入らなくて、唇をきゅっと締められないんですね。それでそれはそれはひどい音が鳴ってました。いや、音にすらなってない時も……(血涙)。
再来週、もしエビリファイが18mgになったら、またこんなになるのかなー。不安がよぎりますが、発表会直前でなくてよかった。かろうじてポジティブシンキンです(笑)。


話がそれましたね。
関東の方にもあるらしいヤサカタクシーですが、四つ葉タクシーは、おたべの国だけのようです。
Wikiによると、「本当に4台なのか疑わしい」らしいですが(Wikiに載ってるのかよ)、まあレアタクシーなことに変わりはありません。
おたべの国にいらした時は、是非目を皿のようにして、「あれは三つ葉……あれも三つ葉……。ええい四つ葉はどこだ!?」と探してくださると、楽しいかも知れません(そうか?)。
もらったシールは、台紙ごとお財布に入れました。なんかいいことありますように、お守り。
ちなみにこのタクシーの存在を知っていると、捕まえた時ものすごいテンション上がります。ここ数日の暑さで完璧にやられていたellisですが、乗り込んだら思いっきりはしゃいでしまいました。
運転手さんも慣れてるみたいで、上手に流してくれます。
旅(?)は道連れ世は情け。念願の四つ葉初搭乗、幸せでした~。いつかもう一回捕まえたいな~(強欲だ)。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:小さなしあわせ - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。