羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Slowly but surely.
フルートを新調しました。
とうとう総銀製で、しかもリングキー(指を置くところに穴があいているタイプです)。
私には大きな買い物だったので、これを書くのにまる2日インターバルが必要でした。


ずーっと心臓ばくばくさせている女のサイトへようこそ。
………………小心者。


前のフルートがまったくダメになってしまったというわけではないのですが、さすがに演奏上困ることが増え過ぎて来ていました。
勿論、上手な人や洋銀が合ってる人は使いこなせるんでしょうけど(かのマルセル・モイーズは生涯洋銀だったはず)。
ただ、前のものがオーバーホールになってからでは遅い。新しいものがオーバーホールになった時、予備がないですから。
いや、前口上は抜きにしましょう。音色と吹きやすさに惚れました。
それまでは「洋銀で頑張るしかないよな」と思ってもいましたが、「そろそろ買い替えないと、真剣に辛いよな」とも思っていたのです。
一般的に、総銀製は洋銀製より息の抵抗が強く、吹きにくいとされています(だから洋銀が初心者向けなんですね)。
それがまあ、総銀製の方が軽い。そして軽やかに鳴る。私のブレス、どんだけ強いんじゃい。
どれも中音~高音がよく鳴って気持ちいいのですが、何本も試し吹きをして、決定的だった一本は低音の響きの美しさでした。下がりすぎず、渋くて、これまたなんとも心地いい。


お店のお兄さんも、「総銀製の方が軽い」と言うと驚いてました。そりゃーそうだろなー。
このお兄さんも、最初は売り気じゃなかったのですが、銀製(キーが洋銀だったり、リップライザー(吹き口)だけ9Kだったり)をいろいろ持って来て、「これでも軽いですか?」と聞きました(笑)。
はい、今まで目一杯目詰まりしていたみたいなうちの子に比べたら、遥かに軽いですよ(泣笑)。
よっぽど総銀製が合っているのではと、嬉しいことを言われましたが、たぶんそんないいことじゃなく、性能の差だと思いますよ(苦笑)?
今度の発表会は私一人。D4~A6を自在に吹きこなさないとダメだ。
そしてたぶん、今より遅く買ったら、今より支払に苦労する。
明日はどうなるか分かりませんからね…。


それで、結局その決定的なのを頂くことに。総銀製の中でもスタンダードな、アマチュアの方がよく持っているモデルです。
カバードキー(よく見るフルートです。フルートの穴を塞ぐキーが全部蓋になっているもの)と、リングキーとがあったんですが、お店の事情でリングキーが売れ残って、だいぶ値下がっておりました(苦笑)。
という後ろ向きな理由で、リングキー所持者に。ええんかいな。
あー、まあ、リングキーってプロっぽいしなー(本当。でもうちの先生はカバードなのですよ。これは好き嫌いの問題)。
最初ということで、お店のお兄さんが、リングに全てシリコンを詰めてくれました。これで大体カバードと同じだね。
ですが、「これを機会に、正しい指の置き方を学びましょうよ!」とも朗らかに言われました……orz
左は大丈夫なんですけどね(一日後にこっちのシリコンは取りました)。右はまだまだです。


私には分不相応なんじゃないか。ずーーーーーーっとそんな思いがかすめています(今も)。
だけどこれ以上続けるなら、それなりのものが必要になってくる。実際、Eメカ(フルートの構造上鳴りにくい、E6を鳴りやすくする為のキィです)もついていない私のフルートを知って、先生が「それはさすがに、ちょっとやりにくいわねえ」とおっしゃいましたから…。
去年のベートーベン辺りから困ってはいたんですが、踏ん切りが一年つかずにいたんです。それに去年は、先生とアンサンブルで出てたから頼れるというか、誤魔化せるみたいなところもあったし。
しかし今年は一人、しかも個人的には完璧に仕上げて美しく(そう、閣下に捧げられるような音で)吹きたい。それほど好きな曲なんです。
じゃあ、早く相応になるように練習しよう。と、今やっと思えました。
まだまだ心臓ばくばく言わせてますが。でももう半端なものは買えなかったし(これからも続けるのであれば)。
すべては値下がっていてくれたおかげです。引っ張りだして来てくれたお兄さんありがとう。


習っている年数の割に成長が遅く、おそらく先生も半ば呆れていらっしゃるのではと思うのですが、小学生の通信簿にも「計算等は遅いですが確実です」と書かれていました(笑)。
たぶん、負けず嫌いで食らいつくせいだと思います。やめる気、これっぽっちもないし。
ちなみに買って帰った日、「『歌の翼』による幻想曲」を吹いたら、とにかく全体的に軽かったので驚きました。
これが、「ある程度経ったら、フルートもグレードアップさせてあげると上達しますよ」と言っていた(去年の売り子のお姉さん)意味か(開眼)!! でした。
ただ、よく鳴るので近所迷惑です…。高い音を小さく吹く技が、どんどん冴えて来そう。
これまでの目詰まり起こしてるみたいな高音が鳴るのと、どっちが迷惑なんだろうなあ(遠い目)。
遅くても着実に。これを目指して、頑張ろうと思います。稲にも早生と晩生があることだし。私は遅い方で。
はーーーーー、書いててどきどきしました。朝から心臓に悪いです(苦笑)。今までの子と同様、大事に大事に使って行きますね。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。