羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お盆中の生活。
おはようございます。久しぶりに8時間睡眠を取ったellisです。
あー、幸せ。でも疲れは取れ切っていないので、ちょっとだるいかも…。


実家でも似たような生活を送っていた女のサイトへようこそ。
原稿できなかったの、辛かったなー。パソ子(モバイル)のバッテリー、いい加減買おうか。いや、しかしOSが…。


夜は大体0時頃に就寝し、3時頃に目が覚め、4時頃までうだうだしたら朝刊がやってくると共に起きだして、珍しくジュースを飲みながら朝刊を堪能。その後は暇なのでTVを見ていました。
両親が大体6時半頃に起きて来るのですが、当然この頃には眠い。ええ、正真正銘のバカだと、自分でも思います。
ですがとりあえず朝食を取って、朝薬を飲んでしばらくしたら、レキソタンで2時間ほど寝てました。
朝薬飲んだ後に眠れるってことは、エビリファイの副作用、「不眠」は私には当てはまってなさそうだなあと、しみじみしましたよ。
じゃあ何で眠れなかったのか。これが謎です。
考えられるのは、実家やキャスバル兄宅での滞在が長かったからかなー。とか思ってます。枕変わると、全然眠れない女なんで(いろんな意味で旅行に向かない)。
おかげで湿疹も出ましたよ(泣)。


主治医たちには、「実家なら安心してよう眠れるやろう」と言われるのですが…。
今の実家は、実家であって実家ではないのさ。
住んでませんからね(苦笑)。私の部屋もないし、地域そのものにも親戚関係にも馴染みがないし。
あ、でも今回は2回うどんを食べました。じーちゃんが来たり、じーちゃんの家に行ったりしたからです。
「讃岐人はのう、一日中うどんでもええんじゃ」
と、じーちゃんは言っていましたが、讃岐人のはずのパパンはうどんが大っ嫌いです。どうやら幼少期に妹の為にうどん作りを手伝わされたと言う、嫌な思い出しかないようで…(さすがにじーちゃんも、今はうどんを打ちはしませんが)。
同じ理由で、パパンはお盆のお団子(これって全国区なんですか? 仏様にお団子を作ってお供えするらしいんですが)や、醤油豆も嫌いです。
あ、醤油豆ってのはうどんの国の名物で、乾燥空豆を炒って醤油で煮付けたものです。市販のものはむにむにしてミョーに柔らかく、甘ったるいのですが、じーちゃんの作るものは空豆ががっちり炒ってあって硬くて歯ごたえ抜群、醤油が絶妙に利いていて、大変いい酒のアテです。
うちの兄妹はこれらが大好きなのですが(私はうどんは細い麺に限る)、パパンには理解しがたいようです。
だって、90越えたじーちゃんが作ってくれるものなんて、有り難すぎて申し訳ない美味しさですよ。


そして例年恒例の墓メドレーは、ばーちゃんの祥月命日に墓参したことで回避されました。
でも朝早くから起きてたんですけどね。だったら墓参り行って来いよという話なんですが、なんか親戚のしがらみで、私はあまりいない方がいいみたいです。
……たぶん、「行かず後家」って言われるからだろなー、陰で(とっくに言われてるでしょうが)。
行かず後家なんじゃなく、半分は「行けず後家」なんですが、まあ黙ってよう。
しかしそんなに嫁に行くのが大事なのか、分からないでいる愚か者ellisです。
今の精神状態じゃ、共同生活も主婦も無理そうだし。相方に迷惑しか掛けないんだったら、自粛しとくのが当然でしょう。人生ギブアンドテイクっすよ。多分。


キャスバル兄が帰って来てからは、ママンと布団を並べて寝ていました。
ぶよんぶよんに腫れた喉に湿布を巻いてもらい、アイスノンと冷えピタで眠る生活は、結局帰宅前夜まで続きました。
そんなわけで、夜中になると熱が出る。エアコンが切れればアイスノンの冷えも急速に落ちる(熱上がってるし)。で、夜中に目が覚める。ですがママンはエアコンがあまり好きではありません。
「くそあっちぃー!」
と思いながら、アイスノンにすりすりしたりしてましたが、やっぱり耐えきれず起きだしてました。なんだ、眠れなかったの熱のせいか。
ちなみに午前中、朝寝をしていると、いつの間にかパパンがやって来てエアコンを消して行きました。
「喉によくない」という、相変わらずの理由ですが、熱中症になるから(泣)!
ついでに寝ている娘の部屋を、自由に行き来しないように…。


昨日はキャスバル兄と帰って来ました。珍しく、帰宅日が重なったのです。
新幹線の指定と言うと「贅沢やな~」と言われ、マリンライナーに至っては、「もう好きにしたらええやん」と、突き放される始末。
結局マリンライナーは自由席でどうにか座り、新幹線は指定で帰って来ました。
ボケとツッコミの応酬に、時々周りの人の視線が痛かったのですが、相変わらず漫才な兄妹です。
そういえばキャスバル兄に会いたいと言ってくださる友人が多いのですが、「それってさー、君が誇張して喋ってるからちゃうのんー? 私ゃフツーですよ。どこにでもいる、フツーのサラリーマンですよ」と、キャスバル兄本人は言ってました。
誇張…誇張かなあ。ガンダムオタでミッフィーと数学ラヴな人、という紹介。ついでにボケまくってツッコミを待ち、酒癖や歩き方、いけず(意地悪、ですね)の言い方がパパンそっくりだとか、これも誇張なのかなあ。
あんま、フツーのサラリーマンではないような気がするんだけどなー。
私もあんまりフツーの物書き見習いではありませんので(自覚有り)、他人のことは何一つ言えないんですがね。


では今日は通院してきます。明日の朝まで主治医たちとの会話が頭に残ってるか、賭けですな。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。