羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ばっきばきのハート。
どなたさまも、おはようございます。これまでは大体この時間に寝ていた私ですが、エビリファイのおかげなのか、すっかり更正されてしまいました。
おかげさまで、朝原稿という「司馬遼太郎か!?」みたいなことをやってます。
いえ、昼も夜も書いてますが。


それ以外は食べてるか寝てるかフルート吹いてるかのどれかな女のサイトへようこそ。
昨日は久しぶりに『七都市物語』のDVD(古いぞ!!)を見て、うっとりしてしまいましたよ。


普段だと、土日は迷惑になるだろうということで、フルートの練習は控えています。
ですがそんなこと言っていられなくなった。
先週のレッスンで、あまりの下手さに泣き崩れそうになったからです。いやマジで。
まだ新しいフルートのポイントをつかんでいないせいもあると思うのですが、それにしたってひどい。
こりゃー、特訓しないとダメだわ。
というわけで、毎日原稿の隙間に一時間ほど、練習の時間を挟むようにしています。
一時間なのは、口が限界を迎えるから…。本当はもう倍か3倍くらいやりたいです。そのうちできるようになるかも。まあ、ちょっとずつということで。


スケールの練習をして、音の確認をしたら楽譜を広げます。
ところが、以前はあんなにうっとりしていた「『歌の翼』による幻想曲」、今では吐き気がします。
正直な話、ほとんど暗譜は済んでいるので楽譜がいるかっつったら…いるんですよ。
強弱の付け方とか、ピッチが下がっちゃいけない音とか、逆に上がっちゃいけない音とか、癖のせいで変なタンギングがついちゃってるところとか、チェック入れないといけないからです。
ごちゃごちゃと書きまくった楽譜は宝物のようですが、逆に欠点を指摘しまくった通信簿のようで、胃が痛くもあります。


これが「血反吐を吐く」って気分なのかしらと思いますが、血反吐にはまだまだ遠いなあ。
先生もまだ優しいし。
でもこれからですよ。これから回を重ねるごとに厳しくなる…。
意地でも食らいついてやるぞー! の気分でいますが、どっかで心が折れそうな気がする…。
いや、前回既に一回折れたんですがね。
ま、私のことなので、折れてもつなぎ合わせていくんでしょうが。
きっと発表会の日には、心がばっきばきですよ。ガラスもびっくりな、ガムテープで貼り合わせてあるハート。
もう何でできてるか、分からんハート。〆切前の私のようですな。
たぶんこんなん。
大人のお稽古ごとも、それなりにキビシー(泣)。


ちなみに楽譜は熟成されまくって、あちこち破れて、セロテープでつないであります。
ハートの前に、楽譜が根を上げたか。
コピーの予備は取ってあるんですが、いかんせんもともとギリギリな端っこが切れちゃって…(涙)。
手書きで補正してあります(笑)。
さて、では今日も頑張るかー。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。