羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一杯の珈琲から。
おはようございます。あちこち痒いellisですが、季節の変わり目だからか、季節に見合わない暑さのせいだかどっちだろう…。


久しぶりにコーヒーを飲む女のサイトへようこそ。
いえ、ポンジュースが空いたんで。


水出しコーヒーなので、昨夜のうちに支度をするのですが、これがまた手際悪くなってる私。
それでなくても特売の豆がまずくなってしまうではありませんか。
むー、久しぶりならアイス用のちゃんとした豆で入れるんだったかなー。
そんな思いをしながら入れたアイスコーヒー。今朝になれば出来上がっています。
さて、出来映えは……。
だめだ、こりゃ。
もーちょっと、マシなの作ってたんだけどなー。水を少しずつ入れ、豆が浸って来たらかきまぜるのですが(でないと、ドラえもんのごとく上澄みと濃い部分に分かれてしまいそう)、そこでまぜすぎると苦みが出て不味くなる。
水の入れ方、焦ったかしら。
別に私、バリスタではないのでまあまあの味だったら、それでいいはずなんですが。水もミネラルウォーター使わずに湯冷まし使ってるし(笑)。
ミネラルウォーターなんて買ったら、それこそ冷蔵庫に入らないじゃないですか!!
ま、フレッシュで誤魔化して飲めないものではないのでいいです。
あー、美味しいコーヒーが飲みたいなー。


一時紅茶にハマりまくって、「ellis=紅茶」みたいな図式が出来上がっていましたが、あれはパニック発作を誘発するために意図的に避けていたのです。
ついでに、そういう時期って自分の体も欲しがらないのか、シアトル系カフェに行っても「『本日のティー』で」と、頑なでした。
今では病院地下のバリスタのお姉さん達と、とっても仲良しです(笑)。この水出しコーヒーの情報も(欲しかった時には売り切れていた)「**店ならあるかも…」と教えてくれたのは、お姉さん達です。実際行ってみると、超余ってるし。もしかしてこの店、売り上げ悪いの? と思わせる余りっぷりでした。フルート教室の近くなんでたまに行きますが、結構人入ってるのになあ。モノは売れないってことかしら。病院だと、つい財布が緩みがちだもんな(せっかく来たんだしー、とか、お見舞いー、とか)。
たまに病院ではボケてて、「ホットコーヒーのアイスください」とか、無意識に言ってしまって、お姉さん達を困らせています(とほほ)。しかも自覚ないもんですから、聞き返されてむっとして、「ホットコーヒーのアイスですよー!」と、2~3回問答します(笑)。


今、芳文社の『バリスタ』というコミックを読んでいます。
お話としてはよくある感じ、なんですが、1巻ではイタリアンバール(カフェや軽食、アルコールを出すお店のこと)のことが(シアトル系カフェとの違いがよく分かります)、2巻ではシアトル系カフェのコーヒーとの違いがよく分かったり、いろんなカッフェ(コーヒーをそう表記してある。イタリア語に忠実なんでしょう)に詳しくなれます。
ここでの「カッフェ」は、基本的にエスプレッソのこと。いつも行ってるタリーズで、エスプレッソを頼むと「苦いけど大丈夫ですか?」と、真剣に心配されます(笑)。いや、だからその苦みが欲しいんだって。さすがアメリカンコーヒーの国(苦笑)。
これ読んでると、私、イタリアンバールの方が向いてるのかも、と思ってしまいます。クリームのトッピング苦手だし(シロップも嫌な人。トッピングのシロップなんてとんでもない)、ビチェリンカッフェ・コレットも飲んでみたい!
でもそんなお店あったって、スタバやタリーズに負けちゃうんだろなあ。商売上手だから。『バリスタ』でも、日本の店舗が増えなくて悩んでいる描写が見られます。大体先が見えるような気がしつつも、つい読んでしまいます。新刊が出るの、楽しみ♪


ぐだぐだ書いているうちに、アイスコーヒーがすっかりぬるくなってしまいました。
この世のものとは思えないほど不味い(泣)。
ああ、美味いコーヒーを、雰囲気のいいお店で一杯欲しい。でもとりあえずは、明後日病院地下のタリーズで、バリスタのお姉さん達と仲良くして来ます(笑)。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:小さなしあわせ - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。