羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第1047回「あなたの目覚まし方法」
もう何度も書いていますが、モーツァルトの『トルコ行進曲』がかかれば、一発で目が覚めます。
どんだけトラウマなんだよって話ですが、それだけ苦労したんです…。


フルートの先生には、「まあ~、懐かしい~」と言われる女のサイトへようこそ。
そう、もうそんな域に入ってるのにね。とりゃっっ! と、目が覚めてしまうのです。


もう3年前の発表会で、モーツァルトのK(ケッヘル、と読みます)331のミックスをやりました。
第一楽章のテーマとバリエーション1と3、それから第三楽章の『トルコ行進曲』。
たぶん今でも無理だと思うんですけど、ピアノの曲をそのままフルートでって、かなり無理があったんです。特にあの、細かいとこ。
結局一小節ずつ交替で吹くという、却ってややこしい展開になりました。
ちなみに今年はショパンイヤーですが、私の好きな曲がさすがに無理というので、現在『歌の翼…』で血反吐を吐いています。
ただ、『トルコ行進曲』は耳慣れしていたので、馴染むのは早かったです。そして耳馴染みしていただけに、禍根を残す羽目になりました(泣)。


何気なく携帯のアラームを『トルコ行進曲』にしたら、音階が頭を巡って目が覚める。
アラームを聞いて音階が浮かぶんじゃなく、もう脳内自動再生で音階が頭を巡って目が覚めるんです。
今、着メロが『歌の翼』(による幻想曲、ではない方の、メンデルゾーンの『歌の翼』です)なのですが、これはまだましというか、「あー、やっぱきれいだなー」で済んでます。血反吐具合が足りないのかも知れません。
音階は巡るんですが、跳ね起きるとこまではいかないようです。途中に組み込まれてるせいかな。「幻想曲」の出だしがかかったら、それこそ飛び起きるかも知れません。
……そろそろ『カヴァレリア・ルスティカーナ』に変えようかな。これはこれで、後々まで記憶に残りそうな曲なんですが。


そんなこんなで、アラームを『トルコ行進曲』にするだけでいい。
なんて簡単な目覚まし。でも心臓に良くない目覚まし……。
苦労の証ということで、これからも設定しておこうと思います(苦笑)。ちなみに第1バリエーションがかかっても、同じように目が覚めます。もうK331に呪われたとしか言いようが…。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごとのようなもの - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。