羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゆるふわ。
がんばった。
仕上がったときは、もうちょっともこふわしていて倫ちゃんっぽかったんですが、現実ではこれが限界のようです。
まあ、ellisで倫ちゃんってのにまず無理がある。


お高いパーマになってしまった女のサイトへようこそ。
でも手入れ楽だし、パーマ長持ちするって言ってるし、却ってお得かも。


美容院に行ったら、真っ先に「お久しぶりですね」と言われて来ました。とほほ。
オーダーは、倫ちゃんのイラストを見せて、オーダーページも見せてみましたが、そのページ、かなり無茶が書いてあったそうです。
だろうな。真に受けて持って来るバカはわたしくらいのものだろうな。
いつもはくるくるした感じのパーマなので、普通にかけてもらっているのですが、今回はまとまったゆるふわパーマなので、ホットパーマというものを勧められました。
普通のパーマとデジタルパーマの間くらい…と思うのですが、カーラーに電極がつくやつです。
ただでさえお高いパーマなのに、トリートメントはしなきゃいけないわ、髪が長いわで、とんでもないお値段になってしまいます。誕生日の割引カードがなかったら、絶対路線変更してましたよ。


かなり傷んでいる毛先を切って、トリートメントを念入りにかけてもらったら、いったん髪をストレートに戻します。
ストレートの自分は久しぶりで新鮮でしたが、やっぱりぺったんこ……(泣笑)。この猫っ毛め。
さて、1液をつけながら耳下までのカール。どんどんカーラーを巻いていくんですが、これが重い!
首がくたびれて来ました。
電極にスイッチを入れる前に、念入りにフェルトを挟んだり、耳を保護するカバーをかぶせたり、何だか大仰です。
「そんなに熱いんですか?」
と聞くと、
「そりゃーもう、とんでもなく熱いです」
と、朗らかに返事が返って来ました。おいおい。
しかし念入りに下準備してくださったおかげで、「熱いかなー、でもまだ大丈夫だなー」というラインで終われました。
普通はこの上から2液をかけていくんですが、カーラーを取ってしまいます。
……確かに、すっごい熱がかかったんだろなーっていうくらい、くるんくるんになってました。
「このあとちゃんと伸びるんで、このままってことはないんで安心してください」
と言われましたが、
「まー、別にこのままでも面白いかなみたいな」
と答えると、
「いや、このままだと僕が焦ります」
と、真剣に困った様子の美容師さんの声が返って来ました。……だろうな……。
2液は熱も加えないで、クリームみたいなのをべったり塗って待つこと5分(だったような)でした。
それで洗い流すと、またストレートの私がいましたよ(笑)。


普通パーマってのは、濡れてるときほどくるくるになるものなんですが、デジタルパーマ系は、乾いた時にパーマが出て来るものなんだそうです。
なので自然乾燥でもいいけど、もこふわしたかったら、ドライヤーでこれでもかというくらい乾かせ! と、言われました。
できあがりは、もこふわしたゆる~いパーマ。いつもと雰囲気が違って、ちょっとお嬢っぽくなりました。
家に帰った頃にはちょっと崩れてて(ミスドに寄ったりするからだ)、写真のようになってしまいましたが、パーマはきっちり出ています。
耳下からのパーマなので、目立ちにくいかもしれないけど、……頑張ってブロウします。
自然乾燥の、ゆるふわパーマも味があっていいかもとは言われましたが…。味があるって、気になるなあ(笑)。


次はカラーですねと念を押されて来ました(苦笑)。
普通、プリンになった本人が気にするもんでしょうに、美容師さんのきっちりした性格がよく出ますね。
ではまた近いうちに行こうと思います。うん、10月半ばくらいに。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:小さなしあわせ - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。