羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
眠気打破?
部屋の片付け、続行中です。諸事情により、夜にしかゴミが出せないのであんまりいいペースでは進んでいません。
それでも進んでる! そう信じて(涙)! いつかは片付くと!!
業者さんが部屋に入るんで、それで片付けてるんですよ。頑張って間に合わせます。


やはり眠気がやって来た女のサイトへようこそ。
ちょうど出かける頃にはぐらんぐらんでした。


あんまり眠いので、キャスバル兄から「クソも効かねー」と聞いていた、眠眠打破に手を出してみました。
カフェインが多いのは分かってる。パニック発作を起こしたりしないだろうか。
……いや、大丈夫! レキソタンもあるし、お茶携帯してるし(サーモスの水筒を最近よく持ち歩きます)。問題は、胃痛を起こさないかだけさ!
噂によると、コーヒー2杯分のカフェインが入ったドリンクだそうです。さて、きゅっと一杯いってみるかね。
………………まず。
まあ、この手のドリンクって、美味しいものじゃないよね。個人的にはリ●インが好きです。
で、しゃきっとしたかというとそうでもなく。パニック発作が来たかというとそうでもなく。ゆるやか~に起きてました。まあ、バスで寝過ごしそうにならなかったり、漢方の待ち時間を寝て過ごさなかったりした分だけ、効いたと言えるのかも知れません。
そんなコーヒ-2杯分のカフェインを一気飲みした私のヴァイタル。
血圧112/71mmHg、脈拍75でした。




低すぎる……。




カフェインはどこへ行った。脈は速いと思われる方もいらっしゃるでしょうが、私にとってはこれが低めライン。早いときは余裕で100越えますから。
これでカフェイン入ってなかったら、私の血圧どうなってたんでしょう。それほどまでに眠かったのか、私。


割と早く診察が来て、主治医に鮠乃薬品さまの『ちびまる向ちゃんC-向精神薬擬人化本・その他の薬編-』をお渡しすることが出来ました。
これは夏コミで、コサヤンお姉様とぶどり兄貴がゲットして来てくださったものです。しかもレアものになったしおりまでついて! お二人とも、本当にありがとぉう!!
主治医の狂喜乱舞っぷりは、なかなか見物でした(笑)。「ほうほう、とうとう来ましたか(わくわく)。あー、このしおり、いいですねー。本の中はどうなってるのかなー」
私の診察はどうなってるのかなー(苦笑)。
途中で我に返った主治医が、ちゃんと診てくれましたよ(笑)。ちなみに冬コミの再販も予約をされてしまいましたが。


今回の診察では、急に涼しくなったので、体に水がたまってるんだろうということでした。
だからミョーな汗をかいたり、痰が増えたりして困っていたわけです。
そんな私に出されたのは二陳湯(にちんとう)です。胃が悪い状態にも効くそうで、季節の変わり目といったら胃が痛い私にはうってつけ。
それから後は、いつもの加味逍遥散と、寝る前の竹じょ温胆湯と酸棗仁湯でした。
精神科の主治医には「効かへんやろ~~~~~?」と言われていますが、効きますよ。副作用もダイレクトに来ますよ。
眠眠打破よりよっぽど効く(苦笑)。
それにしても、思ったより効かなかったな~。あとで胃が痛くなったくらいですよ(やっぱり)。こんな私はエスタロンモカが飲めない女です。


その後、雑用をいろいろ済ませて帰って来ました。雨も降ったりやんだりして、妙な天気でしたね。
で、ちまちまと部屋の片付けを続行したり、飽きたらPCに逃げたりしてました。
逃げちゃダメだ、逃げちゃダメだ、逃げちゃダメだ!!
……分かってるんですけどねえ…。いい機会だからそれなりに片付けようと思ってるんですが、あふれる本が…。箱にも入り切らないし、既に本棚の前にも積んであるし。
……ま、頑張ります。っていうか頑張らないと、死ぬ思いをするのは私だからな……。そこら辺の恥は、まだ残っています(苦笑)。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。