羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
201703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201705
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
名前と設定。
そりに乗って。
我が家に新しいくま(と、雪だるま)がやってきました。
分かりにくいですが、箱がそりの形をしていて、雪の中を滑っているイメージです。


みんな並んで。
並んでもらいました。
後ろの加湿器は気にしない(笑)。
我が家のくまは、もれなく名前をつけられる運命にあり、左からカタリーナ、リヒャルト、ヴェンツェルです。
リヒャルトがお兄さん、カタリーナが妹、ヴェンツェルは執事です。夏でも溶けませんが、仕組みは秘密だそうです。
買った瞬時にこれだけの想像が沸いた私って……。元気なのか沸いてるのか、妄想大爆発なのかどれなんだろう。
続きを考えようと思ったら、どれだけでも(泣笑)。幼い頃ぬいぐるみで遊び倒した経験は伊達じゃないですよ。


ちなみにカタリーナの愛称はカティなんですね。
じゃあゲーテの詩にある、「リーナへ」とついてるのは、なんて名前の人にあてられたんだろうと思います。
てっきりカタリーナの愛称だと思ってました。
リーナだと、ロシア語の愛称になっちゃうみたいで。あそこもいろいろあるみたいですが。
名前がドイツ語で固まったのは、趣味です。テディベアといったら、やっぱりドイツ? みたいな。シュタイフ社の影響は大きいなあ。


12月なので、かばんにヴェンツェルがぶら下がるかも知れません。
今のところ、外箱のままで置いてありますが。
いい歳してぬいぐるみに名前付けるのもどうよと思いますが、これも癖みたいなもんです。名前はキャラストックにもなるし。
例外は、クラシックプーのレプリカと、そろそろ30年近い付き合いになるプーでしょうか。彼らには別名など付けられません…!!
あ、リラックマもリラックマか。テディベアだと名前がついて、キャラものだとそのままということですね。
姫に「くま好きかと思ってた」と言われたことがありますが、Yes,くま大好きです。
じゃあなんでうちのブログが羊(しかも黒)かというと、英語での意味が「はぐれ者、厄介者」だからさ。
黒ひつじのぬいぐるみもいますが、彼(彼女?)には未だに名前がありません。何か考えよう……って、原稿書けよ。もう12月だぞ。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:.+.(♥´ω`♥)゜+.゜ - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。