羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
201706<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201708
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おもしろうて、やがてかなしき…。
恐るまじ、T-FAL。これでは永遠に茶を飲み続けてしまうズボラな私が露呈してしまったではないの。
黙々と茶を飲んでおります。


昨夜寝掛けに「あ、今日買った恩田陸さんの『ネクロポリス(上)』見てみようっと」と思ったのが全て悪かったと思う女のサイトへようこそ。
夜が明けました…。昼でもない、ビミョーな時間に寝付いてしまった…。
救いは下巻が店頭になく、買ってなかったことでしょうか。あったら本日が危うかった。


昨日のTFT療法というのは、実は既にとある方から教えて頂いていたものでした。
先生とやってる時も「うーん? どっかで何か見たような聞いたような…」と思っていたのですが、頭がこの通り腐っていたので思い出せなかったのです。ご指摘頂くまで気づきませんでした。あうー、ごめんなさい…。
昨日小指側の掌側面をびすびすやってる時に、「…応えるなー」と思っていたら、そこが緊張のツボだとは数時間後に知れました。なもんで、寝る前(読書後の後悔後)にツボ膏。いつもの通り免疫のところにもツボ膏。なのにどこまで辿っていっても痛い。なのでどんどんツボ膏。
お陰様で夏なら人前には出られないほど、イボイボした腕になりました。
そんでもって、「眠剤の半減期がとっくに抜けた…(読んでる内に眠くなると思ってたバカ)しゃーねえ、後頭部がつんと一発薬でもいくか」と、ヒルナミンをプラス。


‥‥‥‥‥‥‥本当にまあ、今ハルマゲドンが来たって気づかなかっただろうねってくらい爆睡してました。あかんがな。
ツボ膏プラスヒルナミンじゃなー…。


でも恩田陸さんは、エッセイの『小説以外』も気に入っています。楽しかったが、着々と「さっさと原稿書かな」という強迫観念も募りつつあります。やば。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:つぶやき - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
>とある方さま。

緊張のツボは私も知りませんでした。
しかしこれが効くぅ~~。他人にやってもらうと充実感で一杯です(こら)。
はい、電気ケトル様にはエンドレス一人お茶会を提供して頂いております。最近地層から急須が発掘されましたので(どうなってんだ、我が家)、優雅にお紅茶など嗜みたいと思います。……周りの風景は無視して。いいのです、私がそうと信じればここは英国ロンドン、はたまた南仏プロヴァンス。
……段々バカが入ってきましたが、まだ正気ですからね(苦笑)?

うちの説明書にも、ミネラルウォーターは入れないでと書いてありました。外国の水は硬水だから、ミネラルがばりばり固まりそうですね…。
小林製薬の「ポット洗浄中」は使えるのかしらとか、しょーもないことを思ってしまいます(たぶん注ぎ口が開いてるから不可と見た)。それ以前に、酢で洗う方が賢い気もするのですが。
2005/11/28(月) 01:06:53 | URL | ellis #lkhMWM3g[ 編集]
T-FAL追記
我が家にあるT-FALケトルの説明書には、沸かす水は水道水の方がよい、とあります。
ミネラルウォーターだと、ケトル内部にミネラル分がこびりついてしまうのだそうです。
が、水道水でも長年使ってるとだんだん水アカらしきものはついてきますから、自分の好みで使うといいのでしょうね。
ご参考までに。
2005/11/27(日) 17:13:47 | URL | とある方 #-[ 編集]
>ご指摘頂くまで気づきませんでした。あうー、ごめんなさい…。

いえいえ、お気になさらず。こちらこそTFT療法がまっとうな治療法であることが確認できて、よかったです。
「小指側の掌側面」が「緊張のツボ」だということも知りませんでしたので、私も試してみようと思います。
T-FALケトルで、優雅なティータイムを満喫して下さい。(しかしこれって、「終わらないお茶会」?/笑)
2005/11/27(日) 15:02:57 | URL | とある方 #-[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。