羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
201703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201705
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
理由は聞かないぜ。
あれから、結局起きっぱなしのellisです。もうランナーズハイでアドレナリンが逆流しそうよ。
こんな私にヒルナミンをそっと差し伸べてやってください。「うざってぇからさっさと沈めやゴルァ!!」という一言を添えて(苦笑)。


ごちゃごちゃしてるうちにお昼が来てしまったので、午後から病院に予約の電話を入れました。いきなり行っても診てはくれるでしょうが、印象よくないので。
「どないした?」
と、精神科の主治医に聞かれたので、かくかくしかじか云々かんぬん。がくっと落ちてるなあと実感したあたりからの話を、ぽつぽつと(どーでもいい話は流暢だが、核心はうまく話せないバカ)話しました。
「なんでそんなことになったんや? それも急に」
「それを知りたくて、私は今日、来たんですよ」
「薬増やさなあかんやん(私の答えはスルー)。かなんなー、もう。エビリファイ効いてへんの?」
「効いてるってば。言うたやん。夕方から調子悪なるって。……まあ、それを言い出したら、『外に出始めるなら昼までに』、『買い物は昼に済ませろ』って話になるんですけどね」
「よう分かってるなあ、そうしてくださいよ? で、ヒルナミン効いてんの?」
「あ、はい。あると気分的に楽ですよ。で、足らんくなりそうやったから、もらいに来ました」
「エビリファイ効いてへんのかなー…。変えるか? 何がいい?」
「太らないものを!」
「そんなんあれへんな」
一刀両断ですか。新しいのはみんな太るからなー。ってか、もともと太るの嫌だからエビリファイにしてるんですよ、私。別に18mgが24mgになろうと気にしませんが。
「ほな、先生は何がお勧めなん?」
「うーーーん、もう古い(タイプ)のしかあかんね。フルメジンなんかどう?」
「渋っっ。そのセレクトは渋いですよ、せんせー」
「まあとりあえず、ヒルナミンあげるから、な? 7回分ね……いや、10回分ぐらい行っとけ」
「せんせ、ヒルナミンは一日何回まで飲んでええのん?」
「せやなー、2回ぐらいやろ。でないと、眠たなるしな」
「そっかー。最近睡眠不足やし、そのせいもあるかもね。ヒルナミン飲んで、ちょっと休みます」
「そうして。それであかんかったら、来週エビリファイ切りましょう」
「せんせー、やっぱ3週にいっぺんはきついよ。2週にいっぺん診たってくださいよー」
「………(渋面)」
「せんせ、どーせ処方が許せば、ひと月にいっぺんがええとか思たはるんでしょ?」
「……2ヶ月にいっぺん(重々しく)」
「ひどっっ、今日もしんどいから来てんのに」
「君、おかしかったら、自分から勝手に来るからなー」
まあ、そりゃそうなんですけどね。理性が残っているうちに手は打っておきたいのさ。独身一人暮らしの悲しいサガだわ(涙)。
「はい、来週またおいでください。……お大事にね」
あれ、珍しく主治医に「お大事にね」と言われました。ってことは、あたし結構大変?
でもエビリファイは切りたくないの。なんだかんだ言いつつ、地味~に効いてます。今回みたいに急にぶわっと来られると、今の処方量では病状に押し負けちゃうけど。


薬剤師さんにも事情を説明して、薬をもらってミッションコンプです。
帰りの通り道にファミマがあるので、MUJIのブールドネージュを買って来ました。って、お前朝もコンビニ行ってただろ…。
あれはセブンイレブン。無問題、気にしない。ブールドネージュ、めっちゃ美味しくてやみつきです。甘い物好きで未体験の方、是非お試しあれ。
ではちょっくら寝て来ます。もういろいろ限界だ~。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。