羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
音はすれども。
ハーイ、気管支を広げ中のellisです。
吸入をこれまでになく真面目にやってます。一度で済む合剤の吸入薬、万歳。


かなりブレスが強くなっていた女のサイトへようこそ。
サボってたから、トリルで指が動かない~~。


ブレスが強いので、倍音がぴろぴろと鳴ります。どうせ鳴るなら、もっと繊細に鳴って欲しいものですが、そこは性格が出るのでしょうか。なんともザッパな、がさつな音が鳴りますよ。
ブレスが強いと高音が楽に出ていいのですが、無駄息も多いようで。すぐに息切れしてしまいます。
これをもっとぎゅーっと絞り込んで、ブレスが長持ちするように仕向けないとダメですね。
さて、今日はモーツァルトのフルートコンツェルト、第二楽章(ちょっと簡単にしてある)の仕上げの日でした。
実は私、モーツァルトってあまり好きではなかったのですが、吹き出すとその良さが分かるというか、虜になるというか、なんとも不思議な力を持っている作曲家です。聞いてるだけならショパンの方が好きだと思うんですが、吹くとなると話は違って来ます。それにショパン、あんまりフルートの曲書いてないみたいだし。
吹き終わった後、先生が。
「じゃあモーツァルトは今日でおしまいにしましょうか。また発表会で吹くとなれば、練習しましょう
と。
何ですかなんですか、その甘美なお誘いの科白は。
「せんせー、すると楽譜はこれではなく、きちんとしたフルの楽譜になるんでしょうか……?」
と、尋ねてみました。ちなみに簡単にしてあるとはいえ、4ページある楽譜をやってきました。ですがまだまだまだぁ!! と、パユ様を聞くと思います。ここもそこも端折ってある! 本当は何分かかる曲なんだ? パユ様バージョンでは約9分です。
先生、くすっとお笑いになり、
「そうね、発表会なら難しい方よね」
と、さらり。それは……クラシック好きな私を誘っていらっしゃいますか? 去年『歌の翼…』でコケた私に、更に難関に挑めと!?


レッスンが終わった後でちょっとお話ししていましたが、やっぱりチャレンジして欲しそうな雰囲気。
うー、一週間考える時間をください。簡単な楽譜でさえ四苦八苦してるのに、フルバージョンだなんてできるのかなあ?
やりたい気持ちは十二分にあるんですが、いかんせん下手っぴなもので。
その分猛練習したら追いつくのかなあ。
いや、これ以上Kさんを巻き込むのもどうかしら。今年も出なさそうな感じです、Kさん。
今から11月の話をしてどーする、ということになるんですが、難しい曲ならちょっとずつじっくり時間をかけて仕上げようというのが、先生のお考えのようです。つーか、先生かなりマジですね。
今年はリストとマーラーイヤー。悲しいかな、フルートにはどっちもあまり関係ありません。なら好きな曲を思い切り。ということなんでしょうか。


レッスンは続いてサラ・ブライトマンの『タイム・トゥ・セイ・グッバイ』(悲しいが、タイトルにこう書いてある。下にきちんと英語表記がありますが)を。かなり高音に変調されてるのか、それともこれが基の調なのか、とにかく高音が続きます。家で練習できない曲、五本の指に入ることでしょう。
まあそんなん言ったら、どの曲も練習しづらいんですが。
ですが高音なので、ブレスの強い今日にはもってこいの曲。吹き終わったら、はー、スッキリー♪ という曲でもあります。最後なんかFis6(2オクターブ上のファ♯)Gis6(同じくソ♯)、A6(同じくラ)で、A6を8拍のばして終わります。
……うるっせえのなんの……(苦笑)。ついでに8拍も伸びるかっつーの。
ちなみに先生は、単音なら息を吐きながら鼻で吸うという循環呼吸ができるそうで、それを使うと4拍は伸びるそうです。一度やってもらったのですが(つくづく失礼な生徒だ、私)、どう聞いても20拍は行ってました。すげー。こういう時に、一言で表すと「パネェ!」になるんでしょうか。現代語に疎くて済みません。


更に『ライオンキング』より、『愛を感じて』を、ハモりで。今日はセカンドパートの練習です。
うー、またネズミーランドかー。ここ苦手なんですよ、私。周囲の「当然知ってるでしょ?」な、空気も辛いです。うち、そこら辺の常識は、あんまりなく育ったんで…。
全部、ネズミーさんを無視して、原作を律儀に読んで育ちました。なので話をゆがめられた『くまの●ーさん』を、私は認めませんよ。石井桃子さん訳is best. ピグレットではありません、コブタです。ティガーではなくトラーだ。ああ、あの会社には文句が山のようにあるよ。
そういえば、『フランダースの犬』も、ハッピーエンドに改変してある国があるそうですね。あれがハッピーエンドになったら、意味がなかろう…。パトラッシュ…僕はもう疲れたよ…。あの科白は大人への最強の嫌みだと信じてやみませんよ。小さい頃、布団の中で読んで号泣しました。そういう経験も、大事だと思うのですがね。


話は戻ります。あうー、もう発表会の心配かー。と、話してる当人たちも思ってはいるのですよ。
だけどそれだけ時間をかける価値があるということなんでしょうね。迷います。
たぶん先生も、ソロだからプッシュするんだろうなあと思います。2人や3人だったら、きっとハモりの曲を持って来たと思いますから。
じっくり迷おうと思います。あの曲が吹けたら、まさに持ちネタ。『トルコ行進曲』をやった頃は、何も知らずに若かった…。よくやったなと思いますよ(苦笑)。今やれって言われたって、「嫌!」って言いますよ(笑)。
さーて、どうしよっかなー。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:頑張れ自分。 - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。