羊の糸紡ぎ
原稿三昧とフルートと病院漫才でたまに家族孝行。最近はNey Matogrossoへの愛の日々(笑)。
201705<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201707
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パユ様アワー。
はふ、幸せすぎる…。ワンセグのついたDVDプレイヤー買ってよかった。ほんっとーーーーによかった。
もう今はため息しか出ない…。


フルートの国の王子様にうっとりする女のサイトへようこそ。
日本語に翻訳しますと、『題名のない音楽会』に、エマニュエル・パユ様がいらっしゃって、演奏なさったのです。


いや、マジですごかったっす。
フルートって、背筋ぴーんで吹いてるイメージがあると思うんですけど、見てたらうちの先生もパユ様も結構動きます。リズムにのっちゃうんだろうなあ。
ただそれがね、柳がしなるようというか。ぶっちゃけると法隆寺の五重塔みたいな。体は動くけど、一番大事な腰のところでしっかり支えてて、そのせいで音がぶれてない。
見ていて「体、柔らかいな~」と、思いましたとも。あと、肩のラインも全然ぶれないです。すごい。
音に関しては、いっぱい書く人がいるんだろうなあと思いますが、やっぱり軽やかで華やかで明るいです。低音から高音へ、さらさらと春の小川のように流れて行くんですもの、感動するやら、羨ましいやら。
だって、24金のフルート持ってですよ。たぶんリングキィだったように思うんだけどな~。カバードだったのかな。確認取れてなくてすみません。すっごい重いと思うんですよ。それを軽々と持って、抵抗の強い金のフルートによどみないブレスを送って軽やかな音を出すって……。




はぁ~~~~(ため息)。




だからというか、やっぱり胸板は厚めでしたね(どこを見ている、私)。
最初に演奏した『カルメン』のメドレーは、最初「『カルメン幻想曲(ファンタジー)』じゃないの?」と思っていたのです。フルート用に編曲された、それはそれはもう長くて体力使って指もくたびれるだろうみたいな、『カルメン』のテーマとアレンジが交差している曲があるので。アリアのメドレーで、違いましたけど(笑)。
でも、『ハバネラ(恋は野の鳥)』の時にアレンジが入ったの、あれって『カルメン幻想曲』の一部? と、首を傾げておりました。なにせ私も、2回くらいしか聞いたことがない曲なんで。だけどフルート用に編曲されてる『カルメン幻想曲』を、外すわけがないよなあとも思いました。
真相は、謎のままです。まあいいじゃないですか。演奏がすっごく素敵だったんだから。


指も柔らかくて、見ていて「左手であんなトリルできない~~~~!」とか思っていました。リッププレートに唇が当たる瞬間、もうアパチュアが完成してるし!
インタビューで、「初めてフルートをもらった時は、嬉しくて頬が緩みっぱなしで音が出ないほどでした」っておっしゃってましたが、それは、唇の形が取れなかったってことでしょうね、きっと。アパチュアもアンブシュアもできないほど、嬉しかったって。
私はまだ、口角の引き締めが甘いのですが、フルートは見た目より頬の筋肉を使います。ぐっと口角は引き締めて、けれど唇の真ん中は力を抜いて。慣れてないと、頬がすぐ痛くなりますよ(苦笑)。慣れてても痛いですけどね(だめだこりゃ)。


だけどパユ様、お年よりお若く見えますね。かなりのお茶目さんだったし。
ifg妹さまがのめり込むのも頷けます。あんな演奏間近で聞いたら、羽生えて昇天しますよ。
それにしても、低音がきれいだったなあ~~~。高音って派手なので、聞いても「ああ、素敵」と思うのですが、低音を「素敵」とはなかなか思えません。それだけ鳴らしにくくって、息のコントロールが難しいんです。
もう自由自在でしたね。きっと陰で、毎日ストレッチとかスケールの練習とか怠らないんだろうなあ。
一流の演奏家が楽器を弾くと小さく見えると言いますが、ホントに! 普段女性が吹くのを見る機会が多いせいもあると思いますが、ホントに小さく見えましたよ。金・プラチナ買い取りの人がよだれを垂らして喜びそうなフルートなのに。
総銀製で重いなんて言ってちゃだめだ、私!!


さて、今回は初めてプレイヤーでの録画に成功しました♪
これで繰り返し繰り返し繰り返し繰り返し(しつこい)、パユ様の演奏を聴けるのね~。
なんとも幸せな、パユ様アワーでございました。まさに王子、日本のなんとか王子たちが吹き飛ぶような、格調高い(でもお茶目)方でした~。さー、再生、再生。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
至福でございました~~♪
>ifg妹さま。

> いえいえ、私なんてのめり込んでるうちに入りません。
> 熱心なファンの方は来日公演全部!とか、海外へも当然、参戦チケット抽選に外れてもなんとか入手して会場入りされてますから。
さ、さすが王子!
ちなみにフルートの先生は、パユ様の御歳を聞いて「もうそんなになるの…」と、ため息をついておられました(苦笑)。

> つねづね、フルートをやってる人だとパユ様聴いたらどうなっちゃう(笑)んだろうと思ってたんですよね。
> なるほどー、と感想拝読いたしました。
いえいえ、もっと精確な感想があると思いますよ。
私は肩に力も入りやすいし、体も固い、アパチュアもまだまだ甘いと来てるので、ついそういったところに目が行ってしまうのです。
うまくなりたい一心ですが、どこかピントがずれてるような気もします(^^;)
私はまだまだフルートをやってるうちには入りませんよ(汗)。まだやっとスタートラインです。
きっとこれから、レッスンも厳しめになっていくのかしら…と、冷や汗をかいています。
所詮大人のレッスンなので、先生にとっては大甘なんでしょうけれどね(笑)。

> ちなみに、もし私だったら…パユ様のつくりがどうなってるのか想像つかなくて気絶するかと。
腹筋まで想像した私は斬首ものですね…←だからどこを見ていたのか。

> 軽やかな速弾きやきらめく高音ももちろん素敵なんですが、低音、ピアニッシモ、長音、太い音などでも驚かされるんですよ。
きっとパユ様に掛かれば、循環呼吸も朝飯前…。鼻呼吸さえできない私には、夢のまた夢…。
速い曲って、割とごまかしが利くんだそうですよ。勿論、技巧を披露する格好の場でもあると思いますが。それよりゆったりした曲で「聞かせる」方が、ずっと難しいそうです。やってみたら、横隔膜が痛くなりましたよ(泣笑)。全然聞かせられる音じゃなかったし。
なので頂いたCDの、フルートコンツェルト第二楽章は、ため息ものでした。「ああ、こんなに音が響いて」、「ああ、こんなに低音がはっきりときれいに出て」、「あああ、こんなに指がすらすら動いて~~!」と。
昨日は技巧を優先した曲目だったように思いますが、もしパユ様が『アヴェ・マリア』なんて吹いたら…と思うと、聞かされまくって天国の楽の音になるんだろうなあ~なんて思いました(想像の翼が羽ばたいた私)。

> >「『カルメン幻想曲(ファンタジー)』じゃないの?」と
> ですよ~。CD収録曲です。ハバネラもめくるめく展開をしていきます。
あ、やっぱり合ってたんですね。
長過ぎるのと細かすぎるので、『ハバネラ』の部分あたりしか覚えてないんですよ←最低。
それから、皆演奏する時は抜粋してると思います…。
たぶん先生がコンサートで演奏されたのが、フルじゃないかなあと思っているのですが…。
半分記憶の彼方です、お恥ずかしい…。
聞いてると、展開のすごさにくらくらきちゃいますよね(なのに覚えてないなんて)。

> もしかしていくつか違う版があったりするのかもしれませんが。
いえいえ、私が記憶違いをしているだけですよ~。

> …それより、少しくらいはしょられたり前後されたりしてもきっと気づかないです私(汗
私も気づかないと思います。
『ハバネラ』の部分は、テーマも有名だから分かるんですけどね~(苦笑)。
すごい指の動きだったなあ~と、映像を見ないでも思い出せます。
先生も「王子」と呼ぶのが頷けます。
一緒に習ってるKさんは、感動しちゃって涙が出て来たとおっしゃってました。
体の動きとかばっかり見ていた私とは偉い違い…。
なぜ素直な気持ちで楽しまなかったのか。いや、楽しんだんですが、視点が違ったようです。ますます御恥ずかしや(照)。
2011/04/04(月) 09:21:48 | URL | ellis #lkhMWM3g[ 編集]
パユ様アワー(だから違)楽しゅうございましたね~♪
いえいえ、私なんてのめり込んでるうちに入りません。
ちょっと遠い会場だと行かないし、チケット手に入らなければあきらめます。
持ってないCDがいっぱいあってもけっこう平気です。
熱心なファンの方は来日公演全部!とか、海外へも当然、参戦チケット抽選に外れてもなんとか入手して会場入りされてますから。

つねづね、フルートをやってる人だとパユ様聴いたらどうなっちゃう(笑)んだろうと思ってたんですよね。
なるほどー、と感想拝読いたしました。
ちなみに、もし私だったら…パユ様のつくりがどうなってるのか想像つかなくて気絶するかと。
>低音がきれいだったなあ~~~。
そうなんですよね~~~♪
軽やかな速弾きやきらめく高音ももちろん素敵なんですが、低音、ピアニッシモ、長音、太い音などでも驚かされるんですよ。


>「『カルメン幻想曲(ファンタジー)』じゃないの?」と
ですよ~。CD収録曲です。ハバネラもめくるめく展開をしていきます。
もしかしていくつか違う版があったりするのかもしれませんが。
…それより、少しくらいはしょられたり前後されたりしてもきっと気づかないです私(汗
2011/04/04(月) 08:45:33 | URL | ifg妹 #xnz7s2KM[ 編集]
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。